JapanDonnu氏による注視活動

ページ名:JapanDonnu氏による注視活動

2022年12月30日コミュニティ投稿

マイティー氏は2022年最後の動画投稿を前に、コミュニティ投稿で1年を振り返り、以下のように述べた。

皆さま今年はどんな1年になりましたか?

今年の前半はYouTubeの方では
色々あって大変な時もありました。

しかし後半は自分の目指したい道への
大きな一歩を踏み出す非常に重要で意味のある年となりました^^

今年1年は動画の企画力・編集力・構成力・分析力
色んなスキルを非常に大きく磨けた1年だと思っています。

来年から勝負をかける土台を作った1年です^^

今年の年末格闘技でも色んな世界のトップの選手が戦いますが
そういう(芸術にも近い)スキルを磨いて世界で勝負をしている人たちが
本当に羨ましいと思っています^^

自分もそうなれるように
毎日努力して頑張っていきたいですね♪
来年と再来年は本当に勝負を仕掛ける年になりそうです!

そして来年はライブ配信もやってみたいな、と🤔
(動画の作成スケジュール的に厳しいのでどうなるか分かりませんが希望です💦)

実は今年のクリスマスなどに
ホロライブの人とかポッキーくんがイベントライブ配信をしているのを見てて
「いいな~( ´・ω・)」って思って笑

そういうイベントもやって
色んな所で楽しめるようなチャンネルにしたいです!

https://archive.md/wip/hwy2kより

評価

スキャンダルを「色々あって大変」などとたった一文でまとめており、騒動を矮小化しているようにも思われる。たしかに、マイティー氏本人の弁明は、「マイティー氏本人でないスタッフのうちの誰かが、DQ6の一部の動画に関してのみ、勝手に実機でないものを利用しており、そのスタッフとはすでに連絡が取れない」というものであり、これが事実ならばそのようなまとめ方も許容範囲たりえたかもしれない。しかし、実態はそのような小規模なものにとどまるものではないはずだということは有志の検証の結果、既に動かしがたいものとなっている。また、他のやり込み動画投稿者へのプレッシャーや、やり込みが真正なものだと信じてきた視聴者にもたらした動揺は「大変」という言葉で片づけられるものであるのか、疑問である。承認制を用いたコメント欄における言論統制も継続しているようであり、否定的なコメントは一切見当たらない。

色々なスキルを磨けたともあるが、肝心の再生数が減少傾向であることに照らすと、チートコードの利用の有無について誤解を産むような動画スタイルや誇張サムネを用いた集客法がもはや限界に達しているのは明らかというべきである。投稿全体から伝わってくる自信やYouTube活動へのこだわりは何に由来するのか、真意は測りかねるところである。

影響

これまでプレイ環境についての検証に多大な貢献をしてきたJapanDonnu氏は、しばらくTwitterでの活動が休止状態にあったが、翌年1月、Twitterの利用を再開し、前掲のコミュニティ投稿内における発言について以下のように断じ、元所属事務所とマイティー氏との関係について考察している(退所時期問題については10月説を採る)。

マイティー氏の発言いかんによっては、まだ情報の蔵出しを行う用意があるようである。

 

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する

NG表示方式

NGID一覧