Togetterの記事作成

ページ名:Togetterの記事作成

Togetterの記事作成

概要

マイティー氏の動画はエミュレータを用いて不正に作成されたものではないかと疑念を抱いた人物らがTogetterで記事を作成した。最初にドS氏、次いでOoooiwocha氏という順である。いずれの記事も初版から手が加えられている。

https://togetter.com/li/1772724

https://togetter.com/li/1779338

後者は、エミュレータ利用を明示しない点に限らず、各種ガイドライン違反の可能性や、やり込みというジャンルが崩壊する危険性に警鐘を鳴らすなど、ボリューミーな記事となっている。

経緯

Ooooiwocha氏は、毎週のように数百時間を費やしたと称するマイティー氏を不思議に思い、プレイ環境などについて情報がないか調べてみると、マイティー氏はYouTuberの事務所を経営する株式会社kiiiに所属しているらしいことを知る。

転載動画をアップロードして多額の広告収入を得ているであろうチャンネルを登録していることも問題視する。

そんな中、低レベル闇ゾーマ撃破の動画で先駆者と位置づけられるライラ氏の動画を発見し、確率と試行回数の釣りあいがとれていない箇所が存在することに気が付く。登録者数が20万人を超えているという発言も発見し、企業ぐるみで不正を行っているのではないかと問題視するようになっていく。

加えてドS氏の実験により、言論統制も行われているらしいということも明らかとなった。

マイティー氏の行為を悪質であると考えた両氏は、Twitterを中心に情報の収集を開始し、Togetterに記事を投稿することとしたのである。

反応

記事の公開当初はほとんど読者からの反応は無に近い状態であった。なんとかマイティー氏の視聴者の目に留まった場合も「確率だからありうる」旨の反論がなされるなどした。これら記事の再評価はとどトド氏の検証を待つこととなる。

影響

とどトド氏はこれらのまとめ記事がきっかけで検証結果を公表したと語っている。

マイティー氏は、のちにTogetter記事に関して訴訟をほのめかすことになる。

https://web.archive.org/web/20220226135913/https://twitter.com/yasu102621/status/1497571879187464193

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する
名無し

訴訟の話、いつの間にか消えてしまったんですよね。謝罪動画1ではアピールしていた弁護士の存在が謝罪動画2では消えてしまいましたし。
撤回したなら撤回したと宣言して欲しいものです。じゃないと悪質な脅迫を今も続けていると、判断せざるを得なくなります。マイティー氏自身の発言の信用力にも響くことです。

返信
2022-09-24 16:04:25

NG表示方式

NGID一覧