緊急対応ガイド

ページ名:緊急対応ガイド

気付いた時には手遅れな事が多いワンオペ船長向け


エウロパ原住民に侵入された場合

主にマドラプター、クローラー、タイガーシャーク、ハスクが積極的に侵入してくる。特にハスクは人間同様ハッチを操作して侵入してくる。


対処手順

・マドラプター

マドラプターはエアロックやバラスト、ハッチなどから侵入してくる。マドラプターは全身が装甲に覆われているので適当に攻撃しても倒せない。1体だけならばスタンバトンで殴りあうこともできるが、医療品節約の為にも銃火器で対応する方が良い。散弾銃や捕鯨砲を用いて装甲を破壊し、他の武器で仕留める。

・クローラー

マドラプター同様エアロックやバラスト、ハッチなどから侵入してくる。特に装甲などに覆われている訳でもないので近接武器でも倒せる。

・タイガーシャーク

穴が開けばどこからでも侵入してくる。装甲に覆われている訳ではないものの非常にすばしっこく攻撃力が高い。銃火器で対応しても良いが、もし浸水を止められるのであればそのまま放置するのもあり。タイガーシャークは水がなくなると窒息死する。

・ハスク

船体にダメージを与えることなくエアロックを開けて侵入してくる。人間と同様にボタン操作もすれば梯子を使った移動もできるので、気が付いたら船内にいた、なんてこともある。船内で発見したら銃火器で対応し、噛まれないように気を付ける。武器を持っていない場合、溶接工具で扉を溶接して時間を稼ぐ。

 


サラミスに潜水艦が捕まった場合

難破船に寄生するサラミスに捕まってしまった場合、大抵の場合は乗り込んでサラミスのコアを破壊しなければならない。しかし気が付くのがほんの少しだけ早ければ態々船外活動に駆り出されることなく切り抜けることができるかもしれない。

麻痺源、アドレナリンが必要な場合は寧ろチャンスなので落ち着いて対処する。


対処手順

・撃ちこまれたアンカーが1本だった場合

撃ちこまれたアンカーが1本だけならまだ間に合う可能性が高い。
ナビゲーションコンソールで自動航行をオンにして、安全な位置で船体を維持するようにセットする。落ち着いて浸水箇所を修復し、プラズマカッターでサラミスのアンカーを焼き切る。
2本目のアンカーが飛んでこない限りこれで脱出できるので、仕切り直しができる。

・撃ちこまれたアンカーが2本だった場合

下手にアンカーを焼き切ろうとせずに、浸水箇所を修復しつつ船外活動の準備をする。生体弾倉を破壊すればアンカーを排除できるが、乗っ取られたコイルガンやレールガンの追撃があることを考えれば素直にコアを破壊した方が良い。


バラストフローラに感染した場合

2つ目のバイオームから出現する初見殺し。落ち着いて対処すれば怖くない。

用意するもの

  • 潜水服、エンジニアのジャンプスーツ、セーフティーハーネスなど火傷耐性の高い防具
  • 包帯、モルヒネなど火傷を治療できるもの
  • ドライバー
  • 溶接工具、プラズマカッター、火炎放射器など焼き切るもの

対処手順

  1. 潜水艦を圧壊深度まで落ちない場所に停める
  2. 感染源となっているポンプの青い配線、「セットターゲットレベル」を抜く
  3. 感染源となっているポンプを手動で操作して完全に排水する
  4. 感染源となっているポンプの赤い配線、「パワー」を抜く
  5. 溶接工具などで感染源となっているポンプを焼く
  6. 火傷ダメージを受けたら適宜モルヒネなどで治療しながら対応する。

手遅れな程広がってしまったと思ったら、大人しく手榴弾を2個以上投げ入れる。できれば排水してから投げ入れた方が良い。


準備が整っていないのにエンドワームやカリュブディスに遭遇した

大抵は潜水艦内部が大惨事になってそのまま底へ底へと落ちている時に起きる最悪の事態。そんな時は倒そうとせずに大人しく逃げる。

対処手順

全ての武装を停止させる。Botをつけているのであれば命令を解除する。絶対に攻撃しない。周囲に纏わりつく他の原住民はエンドワームやカリュブディスの攻撃対象になっているのでそちらに擦り付ける。
落ち着いてナビゲーションコンソールで周囲の地形を記憶し、浮上できそうな場所を見つけたらソナーを切る。
なるべくエンジン出力を下げ、横方向の移動が必要な場合は微速で航行する。
デコイ発射装置がついているのであればデコイを発射する。
デコイがない、中々離れてくれないといった場合は、照明弾または起動したハンドヘルドソナーを船外へ放り投げる。
落ち着いて安全な場所まで浮上する。
エンドワームは比較的見逃してくれるが、カリュブディスは執拗に追いかけてくる。しかしダメージを一切与えていなければそのうち見逃してくれるので、根気よく修理を続けながらなるべく音を立てずに浮上する。

ダメージを与えてしまった場合でも稀に見逃してくれることがあるので最後まで諦めないこと。

着底しても圧壊深度まで到達していないのであれば、原子炉など音が出るものを全て切ってひたすら待つのもあり。

 


このページの累積ビュー数: 3023
今日: 3
昨日: 10



 

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する