沈没船

ページ名:沈没船


沈没船

なんらかの理由で沈み、経年劣化した潜水艦・シャトル。中には雑貨や武器弾薬、非売品のアイテムなどが配置されているが、クリーチャーが住み着いている場合がある。

また、沈没船サルベージミッションなどでも訪れる必要があり、その際の目標となる"ログブック"は船内のキャビネット内に出現する。

沈没船はどのレベル、難易度でも確定でランダムスポーンする。

沈没船内のドアとハッチは沈没船内で見つかるIDカードを利用して開けることができるため、死体などから奪うと探索が楽になる。しかし、完全に稼働しないものもあるため、開けるためにはプラズマカッターかバールのようなものを用意しておくことを推奨する。またいくつかのキャビネット(セキュアキャビネットなど)は利用するのにIDカードが必要。

 

サラミス

時々、沈没船はサラミスになっている場合がある。

サラミスは長年海底に眠っていたせいでバラストフローラに感染してしまった船のことで、潜水艦を触手で引き込み、スパイクを射出したり、元からあったコイルガンやレールガンなどの砲台を操作して攻撃してくる。サラミスを攻略する際は武器や道具で難破船内に配置された"臓器"を破壊する必要があるため、プラズマカッターは必須。

 

沈没船の種類

Wrecked Hemulen

初期の難破船として出現しやすい。

物資量が少ないため、最初期でもなければ探索するメリットは少ない。

 

Hemulen Wrecked.png
 

Thalamus

サラミスになったことで、かなり探索難易度が上昇している。

タレットがついておらず、一基の肉銃のみで襲ってくるため、潜水艦の機動力次第ではそのまま逃げ切れる。

いずれにしても、"麻痺源"やアドレナリンなどが欲しいのでなければスルー安定だろう。

 

Hemulen Wrecked Thalamus.png
 

 

 

Wrecked Dugong

中型船となり、探索難易度が上がっている。

敵の数もHemulenより増えているが、潜水艦が近づいた段階で船体に空いた穴から出てくることが多い。

そのため、探索前にタレットにてある程度敵を減らすことが可能。

物資もそこそこあり、武器庫などもあるので、序盤~中盤は積極的に探索していきたい。


​​​​​​
Dugong Wrecked.png

Thalamus

下の画像のように初期からついているコイルガン一基に加え、肉銃(アンカー)二基と肉銃大くぎ(スパイク)が一基ついている。そのため無警戒にこの船の頭上を通過すると、二基のアンカーで引き寄せられ、スパイクにより敵を船内に打ち込まれる。こうなると脱出は不可能であるため、サラミスブレインの破壊を余儀なくされる。

沈没船自体の物資に加えサラミスのドロップ品があるため、自身があれば探索してみよう。

コイルガンがあるため、船外活動中に射角に入ると撃たれるので注意。

 

Dugong Wrecked Thalamus.png

 

 

Wrecked Berilia

Beriliaが真っ二つになり、船尾のみ残っている沈没船。

ストレージ部分の大穴が開いており、下部タレットの射線も通るため、そこから侵入するのが楽。

大型キャビネットが多く、序盤から終盤まで探索するメリットは多い。

また部屋が広いため、戦闘も比較的楽だが、Dugongなどと比べ潜水艦で近づいても敵が船外に出てきづらいので沈没船内での戦闘になりやすく、そこそこ危険。ショットガンやSMGなどの銃火器は必要になるだろう。

 

Berilia Wrecked.png

Thalamus

肉銃(アンカー)二基と肉銃大くぎ(スパイク)が一基。

船自体にコイルガンなどのタレットがないため、船外に出てタレット攻撃されることはない。

通常バージョンとは違い頭上の大穴から侵入しようと船を近づけると危険なので注意。右側の切断面から侵入すること。

Berilia Wrecked Thalamus.png

 

 

Wrecked Kastrull

ドローンがない状態のKastrull

沈没船としては最も規模が大きく、それに伴い物資も敵もかなり多い。

この船の探索はクリーチャーの巣やエイリアン遺跡並みに準備や探索、物資の移送に時間を使うことになるが、それに見合うメリットも多い。

 

Kastrull Wrecked.png

 

Thalamus

サラミスの武装は他と同様に肉銃(アンカー)二基と肉銃大くぎ(スパイク)が一基。それはそれで脅威なのだが、最も危険なのが船首に配置されたレールガン。

対潜水艦では一発で船に大穴が空き、最悪貫通したシェルにあたって即死する。

対人ではもちろん即死するので、サラミスと化したKastrullに対して右から接近するのはかなり危険。左にもコイルガンが設置されているので、プラズマカッターなどを使い、エンジンや下部から侵入すること。

 

Kastrull Wrecked Thalamus.png

 

 

Wreck 1

名もなき潜水艦の亡骸。

モデルとなった船が存在しないため、初見だと船内が把握しづらい。

物資は多めで、探索するかは現在の物資を見て行うこと。

 

中には隠し武器がある場合があり左下の四角い部屋の右下に赤い武器マークと中身の確認できるパネルがある。その中にIDカードが入っており、右下の半壊した部屋にあるセキュリティキャビネットを開けることが出来る。

 

Wreck1.png

 

 

Thalamus

サラミスの武装は他と同様に肉銃(アンカー)二基と肉銃大くぎ(スパイク)が一基。

船自体にコイルガンなどのタレットがないため、船外に出てタレット攻撃されることはない。

潜水艦を左右どちらかに停泊させ、船の大穴から侵入しよう。広めなので船内戦闘は比較的簡単。

Wreck1 Thalamus.png


このページの累積ビュー数: 5530
今日: 3
昨日: 5


 

シェアボタン: このページをSNSに投稿するのに便利です。

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する

NG表示方式

NGID一覧