テリーザ・ランベルティ

ページ名:テリーザ

書籍版のみ

 ※存在そのものが今後のネタバレになりそう 


テリーザ・ランベルティ

ネタバレ +-

⬛︎髪色      

紅花詰草色

⬛︎瞳       

赤(吊り目気味)

⬛︎その他特徴   

長い髪

抜群のスタイル

⬛︎所属      

⬛︎家族構成    

父母妹(ミラーナ)

⬛︎魔力      

高め

⬛︎その他     

・ダリヤの母親(故人)/ランベルティ家長女

・魔導師であり魔導具にも詳しい

・カルロよりひとまわり年下

※ダリヤを出産したのは20歳前後の頃だったかもしれない

・学院卒業後にとあるきっかけでカルロと知り合い、一目惚れ?から溢れる行動力で緑の塔へ突撃猛攻アタックをかけ、色々あってカルロと想いを交わすこととなる

・アタック中に立場や歳の差などを慮ったカルロに諭され、その過程で心身を病み伏せった事もある

・心が弱い事をこの時初めて露呈した?

・カルロと初めての遠出でダリア園を見に行き、その後テリーザ・ロセッティとなる

※ソフィアは元はランベルティ家のメイドであり、テリーザが一般の生活を送るサポートのために緑の塔へやってきた

・テリーザとの結婚はカルロが叙爵してからお披露目する予定だったが先にダリヤを授かる

・重いつわりを患い、ランベルティ家の強い希望もありケアのために実家へ戻されダリヤを実家で産んだ

+++

・産後頭痛を訴え伏せる

→脳関係の病気?により記憶を失ったこととランベルティ家乗っ取りが重なり、色々あってカルロとは離婚(ダリヤとも離縁している)治癒魔法持ちの男と再婚しダリヤと一歳差の男児を産んだ

→ダリヤはランベルティが信用を置く家へ養子に出される予定だったがカルロが塔へ連れ帰りソフィアとその娘のサポートを受けて育てた

・その後も全快はせずダリヤが初等学院時に病没した

・後夫の現伯爵は婿入り/息子(ダリヤの血の上での弟)は現時点では次期伯爵当主候補

・カルロが作った声渡りのボイスイメージはテリーザの声

・ランベルティ家についてはジルド/グイードが調査済みであちらからは早々手出しはできない状態である