立ち回り-支援

ページ名:立ち回り-支援

1.支援機の特徴

 支援機は与ダメ/被ダメの関係が汎用機には有利になる一方、強襲機に対しては不利となる。

 基本的にはよろけやダメージを与え、攻撃支援を行う。

 

2.おすすめの運用例

2.1 随伴支援

  味方汎用に随伴し、少し後方から相手汎用機に対して射撃を行う。

  また、随伴することでレーダー範囲内の相手機体HPを、観測情報連結スキルで味方に共有する。

 

3.やらないようにしたい事

3.1 味方から離れての遠距離射撃

  マップ後方の高台から遠距離の射撃で相手を攻撃する行為は、射線を切られると無視される恐れがあるうえ、観測情報連結の効果を味方に配ることができない。

  また、単機になりやすく相手の餌になりやすい。

 

3.2 サッカー

  1枚の相手に対して3人以上で相手することをサッカーというが、相手がほぼ全滅している場合を除き、そういう状況になっていれば味方に任せて出来ることを探した方がよい。

  下手をすると、別の場所で味方が枚数不利になっている可能性がある。

  常に相手が1枚であれば2枚、2枚であれば3枚と相手よりも+1になれるよう心がけたい。

 

3.3 チャージ射撃

  ガンダム4号機に代表されるチャージして射撃での大ダメージを狙える機体は、チャージ中移動できなくなるといった弱点がある。

  よろけを取られるとチャージを解除されることもあり、ポイントが負けている時に狙うと枚数不利を起こしやすく味方の迷惑になりやすい。

  ポイントが有利な時に遊びで使うのが精々の使い所と考えるべきである。

 

3.4 フライトの常用

   フライトできる機体は、HPが低く落とされやすい。

   フライトを利用するのは遮蔽物に隠れる相手を攻撃する時や、味方から相手の目を逸らしたい時など、必要に応じて使うようにしたい。

 

3.5 可変機による突撃

  変形すると必ず前進する事になるので、攻撃に利用すると相手の攻撃をよけにくい。

  変形を利用する時は、味方と連携して攻撃できる時や移動手段と割り切る方がよい。

 

4.機体別おすすめの運用

4.1 アイザック

  アンチステルスを持っているので、ステルスを持つ強襲の位置を把握し、カメラで居場所を味方に伝える事ができる。

  また、アンチジャミングにより相手のジャミングを阻害できる。

  特に短時間ではあるが、範囲内の相手を索敵しレーダーに障害を与えることができる。これは、相手の突撃タイミングに合わせられれば出鼻をくじくこともできる。

  マシンガンの蓄積よろけも優秀なので、味方の援護もしやすい。

  弱点は射程が無い事と頭が大きいため、頭部に被弾しやすいこと。

 

  味方に随伴し、相手を蓄積でよろけさせる、HPを削る、レーダーを阻害する、カメラでターゲットを教えてデバフをつける等々出来ることが多い。

  特に障害物の多いマップや、軍港や密林といった目視し辛いマップでのカメラ等で活躍を期待できる。

 

以上

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する