ゼビ語掲載

ページ名:xeviword_media

ゼビ語が出てくる作品、メディア、等

 

タイトル   媒体(種類) 備考
ゼビウス1000万点への解法  

ミニコミ(同人誌)

ゼビウス発売約一ヵ月後に発行されたという伝説のミニコミ。通称・ゼビ本。

キャラデータに「ガル」「ボザ」などの意味が掲載されている、らしい。多分後のスーパーソフトマガジンと同じ程度

NG 1983/10 広報誌(フリーマガジン)

ゲームセンター等で配布されていたナムコの広報誌。

1983年10月発刊の第3号でゼビ数字が掲載

記数法、表記、一覧、英語スペル、発音。

「数字であることを示すため、アンダーラインを付す。」とも書かれている。

スーパーソフトマガジン 1983/11~1984/01 雑誌付録

マイコンBASICマガジン付録。ゲームの攻略記事や紹介などのマガジン。

ゼビウス特集でキャラ名(その際に幾つかのゼビ語訳)の掲載、ファードラウト掲載など

現代思想 1984 雑誌

思想と哲学を扱った雑誌。

1984年6月号に 『ゲームフリークはバグと戯れる』という論文が掲載。

ゼビウスについての文で、その際に『ゾシー』の意味が掲載される。

スーパーゼビウス 1984/08/29 音楽

ビデオゲームミュージックに続く、細野晴臣プロデュースのVGMアレンジアルバム。

アルバムの帯にゼビ語(ゼビウス語)について記載されている。

また、インナーに『ファードラウト』が掲載されている。

Beep 1987/06~1988/03 雑誌

ゲーム雑誌。1984年に作られたというナム語辞典から改訂・増補を重ねたものを連載した『新版・明解ナム語辞典』が掲載。

(未確認だけど、おそらくゼビ語についても掲載があると思われる

この連載内容を正式に許可取って書籍にしたのが下記『新明解ナム語辞典』

新明解ナム語辞典 1987/12/01 辞典

ナムコの正式な監修を受けたナムコゲーム用語辞典。

敵キャラの名前からゼビ語の意味が掲載されている。

       
MSX-FAN 1988/12/08 雑誌

ゲームパソコンMSX専門雑誌。

1989年1月号に、MSX2版ゼビウスの関係からか『よい子のゼビ文字講座 』が掲載。ゼビ数字、ゼビ文字の解読表。

       
       
ファミコン通信 1994 雑誌

ゲーム雑誌。ファミ通の改題前。

1994年1月21日号 No.265、 ビーム通信『ヘボナイス通信第1回』 総力特集◆ゼビ語講座◆と題して、10進法・16進法・ゼビ数字・英語スペル・発音の表が掲載。

1994年3月11日号 No.273『ヘホナイス特報第9回』総力特集[ゼビ語大講座]。公表されてる単語の日本語対訳と、ゼビ文字アルファベットの表掲載。

1994年3月25日号 No.275「小文字」「長音記号」「重要文字,簡略系など」の表記、会話例として訳例、 ゼビ文字解読表掲載。

スーパーヒットゲーム学 1998/12/01 書籍

飯野賢治氏とヒットゲームクリエイターとの対談集。

遠藤氏とも対談しており、その際にゼビ語も出てくる、らしい

XEVIOUS 知られざる過去 2002/08/10 映画

フルCGアニメ映画、らしい。上映のみでソフト化されていない為、詳細は不明。

しかし一応ながらゼビ語も登場している(ノセト・ブリターク、グルゼーグ) 、らしい。

New Space Order 2004~2009 ゲーム

ナムコが開発していたRTS(開発中止)。

所謂『新ゼビ語』が設定、作られた元のゲーム。

また、作中BGMにおいて新ゼビ語で歌われている歌(『軍艦行進曲』~航空宇宙総軍~)が存在している。

【ゼビウス】ゼビウス軍兵器開発史メモ(1982) 2008/08/12 ブログ

ゼビウス開発者遠藤雅伸氏のブログ。

当時の開発メモを掲載。

開発時から製品時で変わったゼビ語の単語なども記述

声と三稜鏡.. 2008/08 同人誌

架空の文字を収集して掲載した同人誌。

ゼビ文字・ゼビ数字が掲載されている。

(引用元としてHPのURLが記載されており、おそらく孫引きになる。現在では見られないURL)

ポピュラーカルチャー研究 2008/09/27 研究発表

京都精華大学のポピュラーカルチャー研究の、

第6回研究会:表彰の力学 風景論/フィクション論』にて『『ゼビウス』と1983年─ポピュラーカルチャーのなかのフィクション』としてフィクション論の所でゼビ語について少し触れられてます。

拡散するサブカルチャー 個室化する欲望と癒しの進行形 2009/05/25 書籍

題名通りサブカルチャーについての論考集。

そのうちゼビウスについても触れられており、『ゼビ語』についてもほんの少し書かれている。

ボツXEVIOUSトレイラー 2011/06/30 動画

Twitterのエースコンバット公式アカウントで公開された動画。

動画中でゼビ数字と「グワッシャ」を言っている

Xevious 30th Anniversary Tribute 2013 音楽

ゼビウス30周年のトリビュートアルバム。

そのうち『Addor Guileness (Lindaai-Cue Remix)』でゼビ語と思しき歌詞でボーカルが入っている

https://www.youtube.com/watch?v=AR-1AhHq6kY

ノーコン・キッド ~ぼくらのゲーム史~ 2013/10/04~12/20 ドラマ

2013年に放映されたビデオゲームをテーマにしたドラマ(全12回)

実際に多くのゲームが登場し、一話ではゼビウスが登場するだけでなく「グワッシャ」「ガスト・ノッチ」が実際に台詞として発音されている。

その他の回においてもゼビウスネタが散りばめられていたりする。
ノーコン・キッドnanoXEVIOUS 2013/12/14 玩具

上記ドラマ「ノーコン・キッド」とナノブロックのコラボグッズ

パッケージの計番にゼビ語(ゼビ数字)を使っちゃっているそうな。

しんぐんデストロ〜イ! 〜美少女戦車隊、出撃!!〜 2014/09/05/ ライトノベル(ノベライズ)    
 
電撃App 2014/11/15 Webメディア

記事『UGSF史観から『しんぐんデストロ~イ!』を覗く! 美少女×戦車vs怪獣=壮大なスペースオペラだった!?』にて、

「ガストノッチ」「オリ」「ウス」「シオ」「ゼビ」「グワッシャ」の単語が

何故『UGSF』とゼビ語が関係するかは、詳しくは検索を。

仮面ライダーエグゼイド 2016/10~2017/08 特撮

平成仮面ライダーシリーズ18作目。ゲームがモチーフになった作品。

本編にゼビ語が出てくるわけではないが、

劇場版やスピンオフムービーでゼビウスがネタとして出てきて実際に『ガストノッチ』って台詞があったりする、って事だけ書いておく。

本当にちゃんとかくと長くなるので詳しくは調べてください

電ファミニコゲーマー 2018/10/30 Webメディア インタビュー記事『アタリフォントから始まる“ゲームとフォントの歴史”』にゼビ語の一覧(ゼビ数字・ゼビ文字)が掲載されている。

Mr.ドットマン -小野浩 全仕事- 前編

...

2018/11/04 同人誌

Mr.ドットマンの愛称で知られるゲームクリエイター小野浩氏の仕事についてのインタビュー&仕事歴ムック同人誌。

中にアルバム『スーパーゼビウス』の販促チラシも掲載されいて、ゼビ語も掲載されていたりする。

仮面ライダー図鑑 2019/07/11 Webサイト

平成仮面ライダー20作品記念公式サイト。

平成ライダーを扱っているという事で用語集にエグゼイドに出てきた「ゼビウス」「ガスト・ノッチ」の単語が掲載。

また、ガシャットライダーフォームの解説にもゼビ語が

日付はエグゼイド公開として更新掲載された日

 

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する