重要:無断DM(ダイレクトメッセージ)について

ページ名:重要 - 無断DMについて

DM(ダイレクトメッセージ)関連ルール

※ ここでは、まとめて『DM』と表記しますが、フレンド申請や通話発信も含むと考えて下さい。

どのエロイプ・寝落ち通話サーバーでも、メンバー同士のDMについてほぼ確実に何らかのルールを定めています。
理由は簡単で、制限をしなければ女性にDMが殺到するからです。

テキストチャンネルにちょっと何か書いたらイチイチDMで返事されたらどうなりますか?
いや、むしろ、何も書かなくてもプロフを見ただけで何の絡みもない相手からDMが送られたらどうなりますか?

ウザいですよね?ウザかったらどうしますか?
『サーバーを抜ける』か『サーバー内メンバーからDMが送れない設定をする』かになりますよね。
前者は確実にサーバーにとってマイナスですし、後者は必要なDMがたとえ管理者メンバーやボットからでさえも送信できなくなるのでやはりマイナスです。
無視して個別にブロック?…キリが無いですし、そんな手間かけてまで在籍しますか?

また、DMというのは相手との関係性が良好な場合は問題が起こらなくても、良好でなくなった場合に問題が発生しやすくなります。
そして、問題が発生した場合、DMという個別やり取りで起こった事でサーバー運営側が介入・仲裁をするべきか?という問題が発生します。
そもそもDMでのやり取りが無ければ発生しない筈の問題が起こった上に、対応が困難になる可能性があるという事です。

上記の通り、運営側からするとDMはリスクでしかありませんので、DMに関してはルールを作らざるを得ないのです。

サーバーごとのDM関連ルールの種類

DM関連ルールは、サーバーによって細かい部分の違いはありますが、ほぼ次の3つのいずれかに分類されます。

メンバー同士のDMは一切禁止

そもそもメンバー同士のDM一切禁止です。

通常、ディスコードアプリの設定の『サーバー内メンバーからのDMの拒否』をするよう求められ、運営者との連絡用に運営者とのフレンド登録を求められます(そうしないと、万一の場合連絡ができない)。
DMに纏わるトラブルが絶対発生しないというメリットがありますが、少々不便かつ窮屈です。

相手に事前に許可を得た場合に限ってDM可

DM起因のトラブルが発生するのは分ってはいるけれども、交流の活性化の為に最小限度は必要という考え方です。
サーバー内の交流の中で、本人に事前に『DMしていいですか?』と尋ねて許可をもらった場合はDM可となります。

エロイプ・寝落ち通話サーバーの大半はこのルールです。
また、ハイアットもこのルールです。

制限なく自由にDM送信可

このルールは無法地帯になるリスクが高いので、在籍者が少ないとか在籍者は多くても活発でないサーバー以外はあまり採用されません。

ただ、期間限定イベントサーバーのようなものであれば、『参加者もDM爆撃される覚悟で来てるので良し』『相手との関係がこじれてトラブる前にサーバーが閉鎖されるので良し』等の理由で採用される事はあります。

ハイアットでの注意点

先に書いた通り、ハイアットでは『相手に事前に許可を得た場合に限ってDM可』というルールです。
事前に許可を得るというのは、ボイスチャンネルで同席時に口頭で許可を得るとかテキストチャンネルで文字で許可を得るなど、当然DM以外の方法で許可を得るという事です。
時々、いきなりDMを送ってそのDMで『DMいいですか?』と尋ねる人がいますが、それは立派な無断DMです。

補足として、ハイアットでは『接点の無い相手にテキストチャンネルでDMしてもいいか尋ねる行為』は無断DM同義とみなしています。
それを認めると、プロフを眺めるなどして手当たり次第に『DMしてもいいですか?』とメンション爆撃をする事がルールの範囲内でできる事になるからです。

誤タップ(ミスタップ)でDMを送ってしまった場合

実際問題として、誤タップで意味のある内容のDMが送られる可能性はほぼありません。
つまり、送られた内容を見れば故意なのか誤タップなのかおおまかな判断は付きます。

問題は、フレンド申請や通話発信は誤タップで簡単に送られてしまい、故意なのかミスなのか判別不可能な点です。

ただ、いずれにしてもミスで送られてしまった場合は絶対にお詫びDMを送らないで下さい。
『最初のDMが絶対にミスである』という証拠を示す事は不可能なので、お詫びDMは2度目の故意の無断DMとみなさざるを得ません。

もし、ミスで送られてしまった場合は、『連絡・お礼・お詫び等』というチャンネルがありますので、そこでお相手宛てに事情説明して下さい。
『連絡・お礼・お詫び等』チャンネルは運営グループもチェックしているので、そこでお詫びした場合は運営グループへの報告は不要です。

ハイアットでのペナルティについて

故意の無断DMは内容や事情によりますが、一発BANになる可能性があります。
過失の場合は適切に処理されていれば、短期間に連発しない限りはBANになる事はありませんのでご安心下さい。

また、故意の場合であまりにも悪質な場合や、いわゆる『DM爆撃』を行った場合は、関連サーバーにその旨通知する場合があります。

これを見て『DMごときで厳しすぎる』と考える方も居るとは思いますが、そもそもDMがどうこうの前に別の問題点があります。
DMに関するルールは入会前から各所に何カ所も記載していますし、入会に当たってはそれを読んでいるという前提があります。
それを守れないというのは『ルールを読む気が無い』または『読んだけど理解できない』または『読んで理解したけれど守る気が無い』のいずれかという事になります。
つまり、DM以外の件に関してもルール違反や重大なマナー違反を犯す可能性が非常に高いという意味で厳しい処分とせざるを得ないという事です。