CMOS RAM

ページ名:CMOS RAM

ハードウェア情報-CMOS RAM

ドライブ構成やRAM構成等の情報を記憶しているCMOS RAM
バッテリー切れ等で何かと飛んでしまうのでその都度初期化と再設定が必要となります

CMOS RAMはI/Oの3000H~3FFFHの偶数アドレスでアクセスできます。


アドレス
address
設定内容
Settings
備考
Remarks
3150H-317EH メモリ実装フラグ。1バイトが512KBに対応。24MBでフラグを使い切ってしまうが、それ以上のメモリを積んでいる場合は別の場所にフラグを書いているのかどうかはまだ未確認。  
3180H 起動デバイスを指定すると1になるということのようだが、指定ダイアログを開いただけで1になるので、その後「取消」すると起動デバイスの指定は無いものの1になる。  
3182H 起動デバイス種類 (1:HD  2:FD  8:CD)  
3184H 起動デバイスユニット番号  
31D0H~31DAH (6 bytes) Shift-JISで「富士通」  
31DCH~321AH

ドライブ割り当てAドライブ~Pドライブまで

2バイト単位。最初のバイトがデバイス種類 (0:FD 5:ROM Drive 2:SCSI)、SCSIの場合次のバイト上位4ビットがSCSI ID, 下位がパーティションID、FDの場合次のバイトがドライブ番号。

 
328CH シングルドライブモード (1:設定  0:解除)  
33CEH このバイトはドライブ割り当てなどの値が変わったとき、増加分を減らしてチェックサムが変わらないようにしているらしい。どこからどこまでのチェックサムに対応しているのかはまだ未解明。  
3AC4H 起動時にSCSIデバイスを一台でも検出した場合1になる。このバイトのビット0がクリアの状態ではDisk BIOSはSCSIデバイスにアクセスしない。  
3B90H~3B96H TBIOS.BINインストール物理アドレス  
3C1AH 高速メモリカウント (1:高速 0:通常)  
3C82H 起動したデバイス 起動中に値がセットされる
3C2AH 0:Slow mode   1:Fast mode System ROMが参照してウェイトを設定する。

 

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する