チャレンジパッド2(TAB-A03-BS, BR, BR2)

ページ名:TAB-A03-BS

スペック

型番

TAB-A03-BS, BR, BR2
※BR2B は ro.product.model = BR2

CT2S=BS, CT2K=BR, CT2L=BR2, CT2Lb=BR2B

製造元

三洋テクノソリューションズ鳥取 (STS-Tottori)

CPU Cortex-A53
SoC PXA1928
GPU Vivante GC5000
チップメーカー Marvell
RAM 2GB
ROM 16GB
ディスプレイ 1280x800
OS Android 5.1
無線LAN IEEE802.11a/g/b/n/ac
Bluetooth Bt4.1
その他 USB Mini-B 、イヤホンジャック、マイク、microSDカードリーダー
センサー

 

カメラ前面 2MP
カメラ背面

5MP

内蔵スピーカー モノラル

画像

静電容量方式 (CT2S)


感圧式 (CT2K, CT2L)

root化

可能だが、高難易度。

シリアル接続でU-Bootのコンソールに入り、読み込むramdisk.gzを置換する事により実現。

 

必要なもの (Windows7以降の前提)

  • UART USB コンバータ
  • Magiskでパッチングしたboot.img
  • TeraTerm等のシリアル通信ソフト
  • はんだごて -> 先端の細い芯が好ましい
  • (ジャンパ線)

写真通りにハンダ付けし、USBコンバータをパソコンに接続する。

(黒:TX , 青:RX)

※もっとハンダ盛ったほうが良いと思います。
下手にも程があるとは思いますが、気にしない!

TeraTermを起動し、シリアルCOM〇〇を選択してOK
メニューバーの設定シリアルポートからスピード115200にする。
コンソール上でEnterキーを押しながら、チャレパを起動させる。
Marvell> となればOK。

mrvlboot と実行し、以下のようなログを記録します。
※以下のログは TAB-A03-BR です。

Marvell>> mrvlboot
mmc0(part 0) is current device

MMC read: dev # 0, block # 163840, count 9 ... 9 blocks read: OK
This is Android boot image
Load kernel to 0xb000000

MMC read: dev # 0, block # 163844, count 10748 ... 10748 blocks read: OK
  This is the authorized kernel.
Load ramdisk to 0x3000000

MMC read: dev # 0, block # 174592, count 6536 ... 6536 blocks read: OK
  This is the authorized ramdisk.
Load dtb to 0x9800000

MMC read: dev # 0, block # 174332, count 256 ... 256 blocks read: OK
Board Version 3
change the disp rsvmem @0x17000000 from size 0x017f4c00 to 0x00bc1000
chip_id = b0c198
## Booting kernel from Legacy Image at 0b000000 ...

起動する順番は、
kernel -> ramdisk -> dtb
先程のログからコマンドを修正します。

Load kernel to 0xb000000

MMC read: dev # 0, block # 163844, count 10748 ... 10748 blocks read: OK
  This is the authorized kernel.

より、

mmc read 0xb000000 0x28004 0x29fc

  • 0x28004 -> 163844 を16進数に変換
  • 0x29fc -> 10748 を16進数に変換

同じように ramdisk と dtb も変換します。

Load ramdisk to 0x3000000

MMC read: dev # 0, block # 174592, count 6536 ... 6536 blocks read: OK
  This is the authorized ramdisk.

mmc read 0x3000000 0x2aa00 0x1988

Load dtb to 0x9800000

MMC read: dev # 0, block # 174332, count 256 ... 256 blocks read: OK

mmc read 0x9800000 0x2a8fc 0x100

ここまで変換したコマンドでそもそも通常に起動するかどうかを検証します。
先程の3つのコマンドを セミコロン ( ; )で繋ぎます。
mmc read 0xb000000 0x28004 0x29fc; mmc read 0x3000000 0x2aa00 0x1988; mmc read 0x9800000 0x2a8fc 0x100;

ここにもう1つコマンドを付け足します。

fdt addr 0x9800000; bootm 0xb000000 - 0x9800000;

この時点で1度実行し、端末が起動することを確認して下さい。
起動しなかった場合は エラー内容を基に修正して下さい。
※ BS の場合は後のコマンドを含めて実行して下さい。

起動できたらもう一度シリアルに入ります。

SDカードのプライマリパーティションをFAT16フォーマットにし、Magisk v23.0をパッチングした boot.img を展開した中の ramdisk.gz ルートディレクトリに配置する。
SDカードを挿入し、以下のコマンドを1つずつ実行して起動出来るか検証する。

※以下のコマンドは TAB-A03-BS での例です。

mmc read 0xb000000 0x28004 0x2958 <- kernel
fatload mmc 1 0x3000000 ramdisk.gz <- ramdisk ** SDから読み込み
mmc read 0x9800000 0x2a820 0x100 <- dtb
fdt addr 0x9800000 <- dtb
fdt set /pp_version version pxa1928
fdt set /chip_type type <2>
fdt set /pxa1928_apmu_ver version
fdt rm
/soc/axi/wakeupgen@d4284000
fdt set /soc/apb@d4000000/uart@d4018000 break-abnormal <1>
fdt set /panel_vx5b1d vx5b1d,spi <1>
bootm 0xb000000 - 0x9800000 <- kernel - dtb

※黄色はBSのみ
起動できたら、editenv bootcmd で先程のコマンドに書き換え、 saveenvで保存する。
-> セミコロン( ) で1行にする

参考

 

ソースコード

https://github.com/s1204IT/CT2S_SourceCode

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する

NG表示方式

NGID一覧