リカンベントトライクのwiki

PERFORMER TRIKE X 27s

ページ名:TRIKE-Xとは

現在編集中です

wikiの形態を使用していますが、

ある意味私的なPERFORMER TRIKE-X 27sの覚え書きページです。

左側のサイドメニューから各ページへどうぞ。

TRIKE-Xとは

(現在、解説は省きます)

 

JC-26 Xとの迷い

決定前に同じリアショック付きのJC-26 Xと迷ったのでニワカ比較をしたいと思います。
 

JC-26は左右コラム軸から直接ハンドルが伸びている関係上、

操舵装置の一部が車体下部へ突き出ないので地面の突起と衝突の心配が少ないです。

出先でのトラブル・・・特に操作系統の故障はなるべく避けたいですね。

 

JC-26は上記の関係でシート位置が若干下がっており、

TRIKE-Xよりも安定感と地面を這う感覚が少々増していると思います。

 

最終的にライダーの位置的に重量の前後配分に優れるであろう事と、

シートの垂れ角が大きい事から向かい風に多少強いと思いTRIKE-Xに決定しましたが、

 

激しく運転したり蛇行する事は無いので、前後配分を気にする必要は薄かったかもしれませんね。

経験上、交差点ではシートから体を起こして遠くを見晴らして安全確認する事が多いのですが、

そういった場面に多く遭遇する市街地ではシートが高い位置にあり、

なおかつ角度が立っているとそういった場面で有利に思えました。

 

購入について

ツーリング用のリアショック付きトライクを探していましたが、

ヨーロッパ製は非常に高価な車体が殆どでしたが、

その中でPerformer社は安価な製品が多かったので、リカンベントのイロハを知る為に購入してみました。

 

安価な製品としての対抗馬に1100ドルで買えるTerraTrike社のROVERがあり、

腰高で見晴らしが良くチェーンの通りも良さそうでオプションも豊富。

 

初めてのトライクとして魅力的に映ったのでかなり迷いましたが、

低重心なのと寝たシートで風に強そうなTRIKE-Xを選びました。

 

最終的な仕様はフロントシングルにリアは内装11速を目指していますが、

CO-MOTION社のツーリングバイクに採用されているようなPinion 18-spd Gearboxが使えると最高ですね。

タイプ選びとオプション選択

Fトリプルの9s ダブルの10s・11sが用意されていますが、お勧めは10・11速タイプです。

 

しかし平地での高速走行時間が多い方はロード用のダブルが良いかもしれませんが、

私の様にダム湖等の山岳地帯へ赴く事が多い方は、Fトリプルのインナーの恩恵を感じると思います。

 

ちなみにこの車両に限らず、オプションのFフェンダーとリアキャリアは同時購入推奨です。

理由は左メニューのお勧め純正オプションの項目をどうぞ。

 

リアショックはあったほうがいいの?

路面が極めて良いフラットなCRを延々と走るなら無くてもかまいませんが、

私の様に山深い荒れた道を征くのであればあった方が大きな衝撃に対して恩恵を感じられます。

通常の自転車は車体からの衝撃を四肢と胴体である程度吸収してから頭に伝達されますが、

リカンベントはシートに深く座る関係上、頭部は直で衝撃を受けます。

ヘッドレストに頭を預けているなら尚更ダイレクトでしょう。

 

ちなみに街乗りMTBのFショックの様に常に一番伸びた位置になっているので、

オートバイや車みたいに細かな振動が吸収されず、ショックが稼働するレベルの大きな衝撃を吸収します。

しかし標準のコイル式からシャフトの長いタイプのAIRショックに変更し、

乗車時に10~20%程のサグが出る圧に調整すれば・・・と思って現在思案中です。

(それにはまずスイングアームの可動範囲を調べねばなりません)

 

置き場所に困らない?

非常に困ります。

しかも道具一式とワークスペースのある二階の自室保管ですので、運び込むだけでも一手間かかっています。

 

置き場所を確保出来ない場合は折りたたみ式のFという選択肢がありますが、

シートを外すとフラットな車体のみになって運びやすくなるので、

そこからリアホイールも外して横転させるだけでも結構な省スペース化になります。

そのやり方ならば保管できる可能性が出て来るかもしれません。

その際に可能ならばシート固定具をクイックリリースレバーに変更するのもありです。

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する