書籍の中身を撮影しアップロードを繰り返す!→著作権、公衆送信権の侵害!?

ページ名:11

自分のSNSに他人の書籍の内容の写真を何度かアップロードしている和田さん。

しかし「掲載許可済み」の文言が無いため、著作権等の権利を侵害しているのではないかとネット上で議論されています。

 

※和田さんは画像に加工をせず絵や文字がはっきり読める状態でアップロードしていましたが、

スクリーンショットのものに関しては、こちらで著者や出版社に配慮し、モザイク処理をしています。

 

出典:2019/05/21Instagramのストーリー

 

 

出典:2019/10/03Instagramのストーリー

 

出典:2019/10/03Instagramのストーリー

 

出典:2019/12/18Instagramのストーリー

 

書籍の内容のアップロードについての見解

書籍の中身は、『思想または感情の創作的な表現』であり、著作物として保護されています。

出典:好きな本の写真をSNS投稿する行為…「宣伝になる」「立派な営業妨害」と賛否、法的には?

 

それを無断で撮影し、投稿することは、法的には複製権と公衆送信権(送信可能化権)の侵害です。自分が購入した書籍であっても著作権まで購入している訳ではありません。著作物をSNS上などに投稿したい場合は、著作権者の許可が必要になります

出典:好きな本の写真をSNS投稿する行為…「宣伝になる」「立派な営業妨害」と賛否、法的には?

 

著作物にあたるもの(本はこれにあたります。)については、著作権という権利がありますから、原則的には、著作者の同意なく、多くの人が読むような場へ公開してはいけません。

出典:ネット上で本の紹介をしても良いの? | 弁護士のお役立ち情報@静岡