AI日蓮(機械学習)

ページ名:AI日蓮(機械学習)

kerasでLSTM。
出力結果(400文字指定・60トライ)を全部載せます。
確かに精度は上がっているように見える。


他の分析はこちら

+ (自分用カウンタ)-

今日 1 、合計 498


Wiki構文とかぶっちゃってちょっと変な表示だけど気にしないで。


$ python keras_lstm.py
Using TensorFlow backend.
corpus length: 90268
total chars: 1810
nb sequences: 90260
Vectorization...
Build model...
2020-05-07 22:10:04.045413: I tensorflow/core/platform/cpu_feature_guard.cc:143] Your CPU supports instructions that this TensorFlow binary was not compiled to use: AVX2 FMA
2020-05-07 22:10:04.096476: I tensorflow/compiler/xla/service/service.cc:168] XLA service 0x7f984940a6e0 initialized for platform Host (this does not guarantee that XLA will be used). Devices:
2020-05-07 22:10:04.096509: I tensorflow/compiler/xla/service/service.cc:176] StreamExecutor device (0): Host, Default Version
Epoch 1/60
90260/90260 [==============================] - 46s 505us/step - loss: 4.6224


          • Generating text after Epoch: 0
          • diversity: 0.2
          • Generating with seed: "# 南条兵衛七郎"
# 南条兵衛七郎八年、一人の人をもえず。
 此の経文にはたるべし。
 此の経文に云く 我が身をいますべし。
 又云く 大日経等は一人の法華経をもえたるべし。
 此の経文に云く 我が如来のごとし。
 又云く 我が身を説くとも、天台・真言宗をばすて、法華経をばえず。法華経の諸仏の法門をばえたるには、法華経の経をもなるべし。
 又云く 我が身にあらず。
 此の経をば、法華経の行者をいえばず。
 又云く 我が如来のごとし。
 又云く 法華経の諸仏の法門をばえたるべし。
 此の経文に云く 法華経の文をば、法華経の文をばばず。法華経に云く 我が身をあらず。
 又云く 法華経に云く 諸仏法華経
 等云云。
 日蓮が如し。
 又云く 大日経等は大菩薩の大師をもえたるべし。
 此の経文に云く 我が身をやく。
 又云く 大日経等は一切経の大菩薩の大菩薩をばわず。
 此の経文に云く 我が身をいかず。
 此の経文に云く 我が身を

Epoch 2/60
90260/90260 [==============================] - 45s 499us/step - loss: 3.8902


          • Generating text after Epoch: 1
          • diversity: 0.2
          • Generating with seed: "# 南条兵衛七郎"
# 南条兵衛七郎御時、 
土に云く
 云云。 
又云く 而るをば法華経の諸の菩薩の大菩薩の人もの大菩薩をもててて法華経の行者をもてて、大日経には一向には一向の諸の大菩薩の大菩薩の大菩薩をもてて、法華経の行者を行てて、三千の世の大菩薩の人もあらず。
 又云く 我が身身中等の大菩薩の人の大菩薩の大菩薩の大菩薩の大菩薩の人師をもてて、法華経の行者をすてて、法華経の行者をもてて、法華経の行者を行てて、法華経の行者を行てて、一切の諸経の大菩薩の大菩薩の大菩薩の大菩薩の大菩薩の諸の菩薩の大菩薩の大菩薩をもててまつる。
 又云く 華厳宗の諸仏の大菩薩の大菩薩の大菩薩をや。
 又云く 華厳宗の諸経の諸経を説きて云く 如くは爾らず。一切の諸の大菩薩の大菩薩の御弟子をもてて、法華経の行者をばてましまして、法華経の行者を行ず。
 又云く 我が身身中等の大菩薩の大菩薩の大菩薩の大菩薩の三千の聖教を説きて云く 華厳経の諸経の大菩薩

Epoch 3/60
90260/90260 [==============================] - 45s 501us/step - loss: 3.7158


          • Generating text after Epoch: 2
          • diversity: 0.2
          • Generating with seed: "# 南条兵衛七郎"
# 南条兵衛七郎御華  文永六

 とかれたる人々に、法華経の行者をばかたしく、法華経の行者をばかくして、法華経の行者をばからず。
 又云く 我が身子一闡提心あり。されば法華経の行者をばかたしく
 にたとえば、法華経の行者をばして、法華経の行者をば、大日経に云く 如来為難 。如是如是経者。如如し。如仏・・・
 等云云。
 又云く 我が身に云く 我が身子一切経 をしらず。
 又云く 我が身に大海のも、大海の一人も、法華経の行者をばかくして、法華経の行者をばしらず。
 又云く 我が身子一切衆生の悪人にして法華経の行をかくして、法華経の行者をばかたし。
 又云く 我が身に云く 我が身子等の諸経には、一千年の一々には、仏になるべからず。
 又云く 我が身に云く 我が身子等の諸仏の大菩薩の御弟子をもしらず。
 又云く 我が身に云く 我が身子一切衆生の一切経をばかたして、天台の一々の一切の諸経をもちて、大日経の大菩薩

Epoch 4/60
90260/90260 [==============================] - 48s 533us/step - loss: 3.5445


          • Generating text after Epoch: 3
          • diversity: 0.2
          • Generating with seed: "# 南条兵衛七郎"
# 南条兵衛七郎御入滅後百年・・十界一十界諸仏・衆生世界の諸仏の御弟子は天台の一念三千の大菩薩の中には天台の法華経の行者とならず。
 而るを仏法の心はなり。
 而るに仏の御弟子は天台の法華経の行者とならず。
 仏の大菩薩の御弟子は天台の大菩薩の大菩薩の御師、師子の一切経の中には天台・真言の人々は天台の真言の人々は一切の二乗の人々は天台の法華経の行者とならず、其の上、仏の御弟子は天台の法華経の行者となりして、法華経の行者とならず。
 但しかられ、其の上、仏になるべし。
 而るに仏法華経の行者とならず。此れ等の大菩薩の御弟子は天台・真言の大菩薩の御師、天台の御師、しては天台の法華経の行者とは、法華経の行者には天台の法華経の行者にあらざるか。
 又云く 法華経の行者には天台の法華経の行者として、法華経の行者とならず。
 而るに仏の御弟子は天台の真言には天台の真言には 
 
 日蓮云く 其の上、大菩薩の中には天台

Epoch 5/60
90260/90260 [==============================] - 44s 490us/step - loss: 3.3740


          • Generating text after Epoch: 4
          • diversity: 0.2
          • Generating with seed: "# 南条兵衛七郎"
# 南条兵衛七郎殿 御等云云。 
 
又云く 此の経文をばすてて、仏法をはききして、此の国をば一向にもあらず。此の経文の心は一切の仏になるべきか。此れ等の諸宗の人々は仏の御弟子となり、いかなるべしや。
 此れ等の経文をばすてず。此れ等の大菩薩の御師にもあらず。一切の経には、一切衆生の一切の仏になるべきか。此の国にはあらず。此れ等の大菩薩の御師なり。今日本国の法華経の行者の一切の仏法をばましましましますべし。此れ等の大菩薩は、法華経の行者なり。此れ等の諸宗の人々は仏の弟子の御弟子をもやぶるべし。
 此の経文の心は法華経の行者なり。仏法をば一切の大海をかえたる。
 此れ等の大日経に云く 我等云云 我等云云。此経は一切の経に 
 されば此れ等の諸経は一分の諸仏の大菩薩の御時にはあらず。一切の経に法華経の行者という者は、法華経の行者とは、法華経の行者の一切の仏は、一切の経経には 
 て国ににしるべし。
 此れ等の

Epoch 6/60
90260/90260 [==============================] - 45s 495us/step - loss: 3.2235


          • Generating text after Epoch: 5
          • diversity: 0.2
          • Generating with seed: "# 南条兵衛七郎"
# 南条兵衛七郎御御年として、法華経の行者にてありて、一切衆生をすててて法華経をしらず。一切の仏法にあらず。此の経文は法華経の行者にはあらず。一切の諸経にして、一切の諸仏の大乗の御弟子にてはあり。此れ等の菩薩のしるし。又云く 法華経の行者にはあらず。一切の諸経は法華経をばすててみて候えば、一切の諸経にして、仏法の法門をしるべきか。
 此の経文は一切の諸仏の大乗の御弟子にてはなれども、法華経の行者にてはあり。
 此の経文の心は法華経に云く 我が身 よ。又云く 我等云云 若し仏法華経。 
十二十四年の中には日本国の法華経の行者にはあり。此れ等の経々にはなし。此の経文は本門のごとくなり。此れ等の経々にして、法華経には 
涅槃経に云く 我が身 我等云云。 
涅槃経に云く 我等云云。若し弘法の五は一切の諸仏の諸仏の御弟子にてはありしか。
 されば法華経の行者にてありて、一切の諸仏の大乗の御弟子にてはあらず。此れ等は

Epoch 7/60
90260/90260 [==============================] - 47s 516us/step - loss: 3.0927


          • Generating text after Epoch: 6
          • diversity: 0.2
          • Generating with seed: "# 南条兵衛七郎"
# 南条兵衛七郎御 文永六

 御  
御 
御じて云く 我が身をもこそのごとし。法華経の行者とは法華経の行者とは法華経の行者とはなれりとも、法華経の行者とは法華経の行者として法華経をすてては、法華経の行者として法華経をすてて之を法華経にして法華経をすてて法華経の行者として法華経をすてては、法華経の行者として法華経をすてては、法華経の行者として法華経をすてて経にはずして、法然上人の御経にてはなれしにつければ、一切の女人の成仏をすてて法華経をすてては、法華経をすてて法華経の行者として法華経をすてて法華経をすてての法華経にはつかず、しかるべし。
 此の経文の心は一切経の五逆一人、法華経の行者とはずとし、天台・真言等の諸仏の人々は大日経には 仏教主釈尊の御いにしてはされて、法華経の行者として法華経をすてて法華経の行者として法華経をすてて法華経をすてては、法華経の行者とはなれりとも、法華経の行者とは法華経をすてて

Epoch 8/60
90260/90260 [==============================] - 44s 492us/step - loss: 2.9730


          • Generating text after Epoch: 7
          • diversity: 0.2
          • Generating with seed: "# 南条兵衛七郎"
# 南条兵衛七郎殿御。 

 此の国に大日如来の一切の仏になりぬ。此の経文は十方世界の衆生無一人の御弟子にては候え。日蓮が法華経の行者といえども、仏の御弟子にはあらず。此れ等の大菩薩の御弟子にしてして仏になるべし。
 此の経文に云く 一切世間多羅経者 
 等云云。 
涅槃経に云く 我が滅後の仏になりぬ。此の経文に云く 我が滅後の仏には一切衆生の諸仏の御弟子にては候え。
 されば仏の御弟子にあらず。一切の仏道にありて、一切衆生の人々の御弟子にては候え。
 されば仏の御弟子にあらず。何に況んや一のなるべし。
 されば仏の御弟子にあらず。此の経文には、一切の経々にして法華経をばすてず。て、いかにして、しからば、此の経文には、一切の経経に一人もあり。さればいかなる事はなれども、一人もあり。さればきとも、法華経をばきて法華経をしらざらん人々はいかにものわからず。此の経文には、一切の経々にして法華を経文にもすて給えば

Epoch 9/60
90260/90260 [==============================] - 45s 500us/step - loss: 2.8658


          • Generating text after Epoch: 8
          • diversity: 0.2
          • Generating with seed: "# 南条兵衛七郎"
# 南条兵衛七郎土見等の云云。
 此の経文に云く 我が身にもあらず、一切衆生をすてて法華経の行者の法門は、天台の法華経の御御言に値いて候われ候。
 而るに日本国の人のかたきはなれども、仏の御年といて、いかでかのごとし。法華経の行者にあらず、一向に大乗の大菩薩、一人もなかりしかども、仏の御経とも、一向に大乗の三人の御時にいでんがため、一人の御時は、仏になるべからずとも、法華経の行者にあらずや。
 問て云く 大日経等の諸経は法華経の行者と申すは、
 されば仏教は一にはあらず、一人もなかりしかども、仏になるべからずとも、一向に大乗のの中には、法華経の行者の一切経の中には、一向に大乗の大菩薩をおそすか。
 又云く 大日経等の四十余年の経々にてはあらず。此の経文に云く 我が滅後五百余にの中には、仏法の御いの大日にてはあるべし。
 又云く 大日如来は、四十方の諸仏の御弟子にてまつる。此の経文に云く 我が身にもあらず、

Epoch 10/60
90260/90260 [==============================] - 43s 479us/step - loss: 2.7695


          • Generating text after Epoch: 9
          • diversity: 0.2
          • Generating with seed: "# 南条兵衛七郎"
# 南条兵衛七郎殿御云く 若人有り。大日経は法華経の行者といわんとすればもいくべくもなり。
 而るには、法華経の行者にあらずや。
 又云く 我が滅後二百余年にしるしなし。此れ等の人々の多く也。
 又云く 我が滅後なる事をしらざれば、しからざるか。
 又云く 此れ等の菩薩の大菩薩、法華経の行者として法華経をとかれて、人天大会の中にして、阿・聖王・天台・真言の学者もあらんが、いかにも、一切の法華経の行者として法華経をとくとなれども、一切の仏にならせ給いて、法華経の行者にあらずや。
 而るを当世にいたり。人の大菩薩の云く 我が身にあらず。いかにるべき事をしる。
 又云く 華厳経にはすべらざるか。
 又云く 此の経は謗法の者をかくせしかども、いただし。かくはなうらうるなり。
 而るに法華経に云く 一切世間。多宝仏来。 。世間の者にてはあらわれ、かるべしとも、法華経の行者にあらずや。
 又云く 大日経は釈迦如来の御

Epoch 11/60
90260/90260 [==============================] - 42s 467us/step - loss: 2.6773


          • Generating text after Epoch: 10
          • diversity: 0.2
          • Generating with seed: "# 南条兵衛七郎"
# 南条兵衛七郎殿御云く
 今日蓮華厳宗、一切衆生をば一うべきや。
 又云く 大日経は大妄語の人々に云く 我が身をしらず、給うべきにこそおぼえずして、法華経をば大乗経には大日経・金剛身経・大日経・ 我法身不能の所説これなり。 
又云く 今此世界諸大菩薩  我等当たり。大日経は此れ等の経文をばすてて法華経にもおとる。法華経の文は大海にもあたまたり。今生にはられたるか。其の上、法華経に云く 我が滅後五百年に、大菩薩の御弟子は天台・真言の人師等は天台・真言の学者等、法華経をばおとしめしとも、法華経をばおして仏になりぬれば、皆成道の人々は仏になりぬれども、仏の世尊のごとくなるように、法華経の文をよみにて、かたる事はあわれ。
 而るに法華経に云く 一切世間。多怨難信
 。此の経文は法華経の行者のごとし。此れ等の経文は一経に云く 此れ等の菩薩の一切の大菩薩、一人も一一も二乗の法華をもつよして、法華経を経文にはあらず。

Epoch 12/60
90260/90260 [==============================] - 42s 466us/step - loss: 2.6015


          • Generating text after Epoch: 11
          • diversity: 0.2
          • Generating with seed: "# 南条兵衛七郎"
# 南条兵衛七郎殿御入らを中、或は仏法をはいたるべきか。
 答て云く 妙法蓮華経の題目計りをばつとして候。
 此れ等の人々は仏をなすべきか。
 又云く  
涅槃経に云く 我が滅後六百年、一年、日蓮が弟子等、法華経につけては、此の経文にはなれず。
 此れ等の仏教の内道におぼしめすべし。
 又日蓮が難に申し候。
 或人云く 我等云云 如来滅後。法華相学者。此の経文に云く 我が身の諸経には 我等の大菩薩は、天台智者大師のみにはあらず。此の経文に云く 我が身をあわせり。
 此の法門は一人もなく、いかなる事なり。
 仏此の経文に云く 我が滅後一仏・三十二十三世は仏の御弟子にあらず、一切の菩薩の御弟子なり。又一人もなく、いかなる事なり。
 又云く 所謂無量無辺不如三
 。又云く 妙法蓮華経の文をばくこれをみるがごとし。仏法ををばつきず。
 日蓮がう
 の御弟子にあらず、一切の菩薩の御弟子なり。又一人もなくのごとし。仏

Epoch 13/60
90260/90260 [==============================] - 42s 466us/step - loss: 2.5292


          • Generating text after Epoch: 12
          • diversity: 0.2
          • Generating with seed: "# 南条兵衛七郎"
# 南条兵衛七郎御御宗なり御 しかたがたはらし。
 又日本国に此れをしらざるか。
 又云く 大日経は釈迦如来の御弟子の来、諸の大乗の大乗経には、法華経の行者にあるべし。
 而るに法華経の行者のごとし。此れ等をいだすでにもあらず。此れ等の大菩薩の御いかに大日経とおぼしては一向に法華経をばかうれて、阿鼻大城のごとくなるや。
 又云く 此の経文には、無量無辺の御経をしり、いたるかとなかる。
 又云く 爾前法華経 又是れと為にか。
 は、法華経の行者あるべし。何に況んや爾前の経をば大乗経にはなれども、仏になるべしとして候。
 又此の経文にはしたがうべし。
 又釈尊の御いましまします。いかにしえに年をもうく、いかに我がれをしらざるか。
 又又云く 爾前世尊、大乗の法華経の行者のしるしなし。今此の中にはなれども、法華経の行者となるべし。
 又又云く 大日経は釈迦如来の御経をかざるがごとし。法華経の行者にあらずや。
 

Epoch 14/60
90260/90260 [==============================] - 42s 468us/step - loss: 2.4616


          • Generating text after Epoch: 13
          • diversity: 0.2
          • Generating with seed: "# 南条兵衛七郎"
# 南条兵衛七郎殿御返事 文永五


華厳経に云く 我が滅後六六年・十方法無諸仏・仏法の御弟子の諸大菩薩、大日経等の諸仏の御弟子、大日経等の諸仏の御弟子、大日経等の諸仏の御弟子、大日経等の諸仏の大日経等の諸仏の大日 まちまさまうべし。
 此れ等の国々には一向大法の一切経は十方の土也。此れ等の大菩薩の御弟子にあらず、又云く 華厳経 一切世間。如人無受られ 乃至 我が身の諸仏の御弟子、大日経等の諸仏の御弟子、大日経等の諸仏の大日経等の諸仏の御弟子、大日経等に一切経をもちて一切法華をしらざるは、法華経の行者にあらざる者は、法華経の行者にあらざるか。
 日本国に此れ等のごとくなるべし。但し一向に念仏をとくとすてて、世間の国にぬれば、法華経の行者をば大乗経において仏にならず。何に況んや此の法門は一人もなく、さずば仏法の御いのりにすぎて、大日経等の諸仏の御弟子、大日経等の諸仏の大日経等の諸仏の大日経等の諸仏の大日経な

Epoch 15/60
90260/90260 [==============================] - 49s 548us/step - loss: 2.3950


          • Generating text after Epoch: 14
          • diversity: 0.2
          • Generating with seed: "# 南条兵衛七郎"
# 南条兵衛七郎之門、之を
 と申すはまいらし、一切衆生の法門をばかずしてかえりがたし。
 されば日本国は天台・真言にて一念三千の念仏等をば法華経をつくにいう者も、今にはして一切の人々は法華経を行ずるもの、一切衆生の一切の経、、阿弥陀経には一切衆生の法華をはなれて、法華経は多宝仏は経にあらず、いまだえずる人も、一切衆生の一切の経、に云く 我が身有るが如くなるべし。
 されば日本国は一向八十年一千年は未顕真実と申すはこれなり。
 されば日蓮が法華経の行者にあらず、一切経は天台・妙法・十七を有り。此の法門は法華経にはなれて、法華経の行者をあらそいして、法華経の行者をたうらん。さるとは、法華経には 我滅度 
 等云云。
 此の経の心の内ののここあらば、天台・真言等の人々はおそろしからず。
 又云く 日蓮之を申す。
 されば日蓮が法華経の行者にあらず、一切経は天台・妙法・十方の諸仏の人々にてはしらず。
 又云く 

Epoch 16/60
90260/90260 [==============================] - 50s 553us/step - loss: 2.3421


          • Generating text after Epoch: 15
          • diversity: 0.2
          • Generating with seed: "# 南条兵衛七郎"
# 南条兵衛七郎殿御身有り。多宝仏大よりては五さのごとし。仏になりやすよとなべかし。
 法華経の文に云く 我等衆生 ○是 ん為天魔用いかなし。此の法門は法華経の行者となうべし。例せば仏の御といなき事なるべし。
 諸の菩薩の所の諸仏は 我浄土 ひ法華経の正法を立つる人は、このやぶのごとくなるよりもはしかりならず、二乗の衆生の一切の経、皆一向年と申すなり。
 答て云く 大日経等に云く 我が滅後八十年に、四十余年の経々には一千年の後、法華経の行者の心の中にして、生身にはましりたりならば、五天竺十六の大国・五百の中には一人もなき、これをもって法華経をばすてず。又云く 我が滅後に此のおきそば、いまがわれは、法華経の行者の一切の法門をいだして、法華経の行者を大日経とおもうべし。
 答て云く 大日経等に云く 我が滅後八十年に、四十余年の経々にして仏になりぬ。しかれども、仏の世界の法身の所又○には爾前の経々にて仏法をいま

Epoch 17/60
90260/90260 [==============================] - 50s 558us/step - loss: 2.2947


          • Generating text after Epoch: 16
          • diversity: 0.2
          • Generating with seed: "# 南条兵衛七郎"
# 南条兵衛七郎殿御書 文永六

 御師の人々に有つかなしか。
 日蓮がう
 して候。も、文に心すらつくなるべし。
 されば法華経のゆえに、法華経の行者をいまだきかず。天台宗の人々はおぼゆれ。
 又云く 而日蓮日本等は教の釈して法華経につかえては候わざらか
 にて候。くましますべし。
 又云く 我等之子 ○何以三知 仏法経文ら持 我等が悪悪これなし。此れ等は仏になるべからずと定めて、法華経の行者をいまだきざるべし。
 又云く 我等之子
 等云云。 
又云く 我如是人時。如是経。如是浮。如是仏。。日本なり。此の文にも、無量義経に 以方便力。
 と云云は日蓮が弟子となれども、仏法の心の中にはなれども、法華経の行者をいまだきず。
 又云く 我が滅後の時に此の家をよみ、日蓮が弟子等なり。或は云く 我が身にあらず。此の経文の心は法華経につけては仏にならず。法華経の行者にあらざるか。此の法門もしらず。一念三千の法門あ

Epoch 18/60
90260/90260 [==============================] - 48s 526us/step - loss: 2.2434


          • Generating text after Epoch: 17
          • diversity: 0.2
          • Generating with seed: "# 南条兵衛七郎"
# 南条兵衛七郎殿御書 文永八

 此の法華経の行者にあらざるか。此の法華経の行者にあらざるか。此の法門は此の法門をすてて法華経につきて、仏になりして、一切経をなさずて、一切衆生の一切のおせずして、法華経の行者にあらずや。
 又云く 我が滅してまことなきか。
 これなるべし。
 されば四十余年の経々にはいまださざるべしや。
 答て云く  
涅槃経に云く 我が滅度は、一切衆生の一切のおせずして、法華経の行者にあらざるか。此の法華経の行者として法華経をばさだせば、我が身の法華経の行者にあらざるか。此の法華経の行者として法華経をばさだせり。此れ等の経々は仏の御事あり。さればされる人とは申すべからず。
 但し一切の女人は 
此の経のは一切の女人の成仏をあらいすべき者は、身にはなれずして、其の上に仏の御身にいでさせ給いて、其の上に地をし、らせたりて、仏の御名はかくなるべからず。此れ等の経々に仏をいますというとも、我

Epoch 19/60
90260/90260 [==============================] - 52s 571us/step - loss: 2.2057


          • Generating text after Epoch: 18
          • diversity: 0.2
          • Generating with seed: "# 南条兵衛七郎"
# 南条兵衛七郎殿御は御道場をば一向に生、三千年には一念三千の教をこそよ。せばり、我が法華経をば大乗経をば大乗経にあらず、一切経を信じては ぶ人天台宗をしる。いにはするる者はあるべし。
 又云く 大日経の 一切経 乃至 是人大或。即是諸仏法界滅後 四十余年。未だ一実大華をや。其のらんが如し。此れ等の人々の多く大日経なりといえども、父母の一切の王・過去を法華経にはなれば仏になるべからずとも、法華経の行者となうべし。
 而るに日本の内典。仏の世には小乗経は一念三千をばくれをあい、かたがたき者ある者はあらず。
 法華経は本門には十方世界の土、四聖の一字一句も我が仏の御弟子なり。大日経等の一切経の中には二乗の悪道をはなるべし。
 されば日蓮は日本国の一切の仏になるべきにてはありかしかたし。
 又日蓮難じて云く 我が滅後に正法華経の一字の所又に云く 或人云く 我等之を以て法華経をばすわず、大日経等は法華経の行者とな

Epoch 20/60
90260/90260 [==============================] - 51s 560us/step - loss: 2.1686


          • Generating text after Epoch: 19
          • diversity: 0.2
          • Generating with seed: "# 南条兵衛七郎"
# 南条兵衛七郎殿御経の文に を正像ようなんどおぼしめすなるべし。
 此れは法華経の行者なりとも、法華経の行者ならざるか。
 法華経の行者なり。又法華経の行者にあらず、法華経の行者ならざるか。
 日本国にるべくもならず。
 日本国に此れをしれるも、いまだえりにもあらず。或は云く 法華経の行者なり。仏法をもってこれをや。
 而るに此の法華経の行者として仏法をつけて国中にしてのをしらず。人の世間の多しとこそ、いわずして法華経をばすてず。此の経文人の心にはあらず。人天大会の上にあらずやとおもう。
 日蓮は日本国に此の経をば大経をつつさめて法華経の行者なり。但し此の経の一字の人々は仏の御弟子にやてあるらかれり。
 此の経文は心の中の一念三千を申す。
 此の文に云く 世間の法華経の第二に、当真ては二乗作仏・大身。但何恐る。べし。一切衆生をすかず、或は諸人の大乗なりといれり。う。いかにはいたるべきか。
 而るに当世の

Epoch 21/60
90260/90260 [==============================] - 44s 488us/step - loss: 2.1256


          • Generating text after Epoch: 20
          • diversity: 0.2
          • Generating with seed: "# 南条兵衛七郎"
# 南条兵衛七郎殿御書 文永六

 此義を説え云いかれず。此の文に云く 我昔五難・か 
・ 
 日本国に此の経文をばついにいかんがせん。此の経文は内の外の法を経文には此の経文にはなきせば、天台宗の人々がえいりて、仏法の中には一切の大菩薩等にて候が、いかなる大法をかくしてあるべし。
 又御の字は仏きするべしや。されば仏、御年七十二年の中に、法華経は十方の諸仏の来集の八品に申すに、此の経文をばついにいえり。
 但し一日にいりてまでらすがごとし。
 又此の経文をばつくのもあしらん。今此の諸仏の御弟子等、大乗の法華をかくれり。
 されば四十余年の経々にはりと雖も人のの衆生をたすれば、大地にもおかす。
 。此には十方世界の諸仏の御弟子、大衆如帰て念仏者としる。は余教は法華経にべれるがごとし。仏法にるけれたり。
 而るに日本の法華経の行者の国にあるべしとも、又をしらず。此の経文は一念三千の大衆を申す。
 此の経文に云

Epoch 22/60
90260/90260 [==============================] - 46s 512us/step - loss: 2.0946


          • Generating text after Epoch: 21
          • diversity: 0.2
          • Generating with seed: "# 南条兵衛七郎"
# 南条兵衛七郎殿土行ぜ[道にはさたれり。
 されば日蓮は日本国の一切の諸仏の来きたりしに法華経を説かせ給いて、これをもってこれをばうらず。一人もありしかば、彼の経々にもすて、一切衆生の一切の衆生たる大菩薩の大菩薩をあつせたるはあり。人は大日のて我ががさいまい、法華経の行者にあらず、一切経を信ずるは深く道やこそよえり。何に況んや爾前の経々にてはらるべきに、又かたくは今の世の一く大日蓮が弟子等の大菩薩の御弟子、やぶるは仏を教えたるがごとし。其の上善無畏等は大日如来の所説之一切経、大日如来の所説之一切経、一切経を説かせ給いて、この事の心をまことにわす。たるがごとく、一人もしりしかば、彼の経々にもすておかつ
 の候なり。
 されば大菩薩の所今にも止て一人もなし。法華経の行者は一切経をばかず。心はをしる
 に、ましまさずといえども、今此の時は一向大日等、一念三千を申す。
 此の文に云く 我念仏種中にして、法華経の

Epoch 23/60
90260/90260 [==============================] - 49s 545us/step - loss: 2.0615


          • Generating text after Epoch: 22
          • diversity: 0.2
          • Generating with seed: "# 南条兵衛七郎"
# 南条兵衛七郎殿御候か。又日蓮一人にるべきには、からいて、天台宗を法華経にして法華経を説き給う。
 されば日蓮が法華経の行者にあらざるか。
 されば日本国に又ありべしか。又仏法の中には、大日経等の一切経の中に法華経の行者をあだめたり。
 此の経文の心は、法華経の行者にあらざるか。
 されば日本国に又ありべしか。又ごとくせめれて、いかなる大なるべし。
 さきに云く
 入、阿難尊者有りと云は。せん者ありはれたり。今の世にやぶるべし。法華経の第一の云く
 一切世間。天人。天台法華宗の人は一人もなし。されば法華経の行者にあらざるか。
 されば日蓮が法華経の行者として法華経をば説の大法をかえり、法華経の行者にあらざるか。又法華経の御弟子なり。何に況んや爾前の経々にはあらず。されば日本国の一切の生一をこうはかたるなりとして、一の大日経の一字一句もなき候。これ候なり。仏法の中にはなきさせ給い候え。
 されば日蓮が法華

Epoch 24/60
90260/90260 [==============================] - 42s 465us/step - loss: 2.0329


          • Generating text after Epoch: 23
          • diversity: 0.2
          • Generating with seed: "# 南条兵衛七郎"
# 南条兵衛七郎殿御捨閉閣御宗と 始○諸人は 
   我等は大乗経の中には内典の妙也。妙は一有るべし。
 されば大海は大日経の経にに心仏をます。
 されば大日経には 世尊法久後 要当説真実
 。又云く 如来滅後後本後生諸悪
 等云云。 
又云く 爾時多怨は我が云く 法華経をすてずして法華経を信ずる者は、法華経をばかず。たといずば、法華経の行者にあらざるか。
 されば人のおもわりたり。人の如し。仏、御年七十二年の大菩薩の御云く
 あるべし。
 此の経文に云く 我が滅後六百年に、日本国中の一念三千の大菩薩の人もあるわかにかたがたかるべし。
 さきに云く 或が云く
 但一人の大悪をしる、一人もなく、なし。されば諸経の中に四十余年の経々にはあらず。大乗経には 成仏国に生死をとおぼえて、一切経にあらずべしと申す。此の国にあらず。此れ等の経々にてはまされり。
 此の経文に云く 我が滅後六百年に、日本国中の一切経をよみ

Epoch 25/60
90260/90260 [==============================] - 42s 463us/step - loss: 2.0015


          • Generating text after Epoch: 24
          • diversity: 0.2
          • Generating with seed: "# 南条兵衛七郎"
# 南条兵衛七郎殿御寺・五[はたをるべし。
 又云く 我等之所
 等云云。 
法華経に云く 我滅度後。此三日蓮華経の五字には二乗の人々なれども、仏説を捨てるやけるや。
 答て云く 唯教一人。 れ又しかれども、一人の一切の諸人にして、天台大師の南閻浮提にありき。さばや法華経の行者にあらざるか。而るに日本国の法華経の諸人の中に、法華経の行者をあげては仏になるべきに、法華経の行者をあげては仏になるべきに、法華経の行者をあげては悪をばつかし。諸の大乗経をば法華経の行者というとも、一切の五余・報
 等云云。法華経は題目には、とかれては、心をひるがえに、法華経をばすてて法華経をとかせ給いて、大日経・大日経・大日経等の諸仏は、法華経のゆえに法華経の行者にあらざるか。但し大日経・大日経等の諸仏は、法華経のゆえに法華経の行者にあらざるか。此の経文は釈尊の如来と為す。 
どの人師の人にあらばわんがために、一切の女人の成仏を得

Epoch 26/60
90260/90260 [==============================] - 42s 470us/step - loss: 1.9717


          • Generating text after Epoch: 25
          • diversity: 0.2
          • Generating with seed: "# 南条兵衛七郎"
# 南条兵衛七郎殿は○は有有りに今も仏にならず。一切の仏の大難に第一のらにたるべきか。此の法門の人々にて法華をかえするがごとし。此の法門は天台・真言のは釈迦・多宝・十方の諸仏の所説をあげ、大悪世をあげて諸宗をしらし、天台・真言の法師等は法華経を説いて法華経をすてて念仏等のごとくなるか、かたがたき者は一人にかすべくもなり。
 而るに仏の御弟子等といい法華経をすてて法華経をすてて念仏等をおもうる大しなし。此の法門の人々にて大悪をつつる、一人もなくして此の法に帰せんべして法華をかたきたてまつらざるべしや。法華経にはにるべくもなきかきたりぬ。
 此れ等の経々は仏の御弟子なり。
 此れ等の経文は法華経にして此の法華をいたす。此の国へ破らずとおぼしめし。此の事を経て捨身にあたりて、大海のの者をあつめたるが如し。仏、衆生を本尊にあわず。此の経は一切衆生一人もなく、りて後々の法華経にはなきざるべしや。法華経にはにるべくも

Epoch 27/60
90260/90260 [==============================] - 42s 463us/step - loss: 1.9464


          • Generating text after Epoch: 26
          • diversity: 0.2
          • Generating with seed: "# 南条兵衛七郎"
# 南条兵衛七郎殿御書 文永八年九せ
 ひろがたく候えば我が身にあらず、一人もありとも、法華経の行者と法華経の文をみじ給うく
 。又云く 如来滅後後 法華経文永二年[太歳]。月三日月の如の国の如くならば仏宗をおいてよ。いたたり。
 されば日蓮は日蓮が弟子と申すとも、法華経を説き給う。此れ等は法華経の行者にあらざるか。此の経は、仏教に一切経をみづるべし。又云く 我今此の義我本説立真言宗すらず。法華経の行者とは申せん者は法華経の行者となる。大王法華経の行者にあらざるか。其の後日蓮一人は一向大日の如来、此れ等は法華経の行者となる。此の経は仏の大眼の御にして、一切衆生をすてておしめして、天台宗の人々は我が宗は正法の者は仏に云く
 此経経之文之如来 来るべしや。は、我が身をもあざむく人の其の念仏にとなり給ひ、法華経を信じぬれば、法華経の行者とは申し候が、法華経の文をよくわれ、法華経の行者にあらざるか。此の経文は日本

Epoch 28/60
90260/90260 [==============================] - 42s 463us/step - loss: 1.9289


          • Generating text after Epoch: 27
          • diversity: 0.2
          • Generating with seed: "# 南条兵衛七郎"
# 南条兵衛七郎殿御返事 
   文ず。 
法華経に云く 我が滅後に正法一千年が間、我が法華経をあつる事はなげ候わず。
 而るに当世の禅宗にしむして、善をばつのずして、南無妙法蓮華経とは、法華経の行者をばわしらぬかせ給いて、法華経をばすてておしてかの南無妙法蓮華経の一切の仏界にて自宗の衆生。いたるがごとく、人天大会の衆。あるべしとかたせ給いしかば、王にあぐまれが間か。此れをもってこれをみげし給いぬ。法華経に云く 我が滅後に正法一千年の間に此には一切衆生の名目まぬかり、仏法の間にもくえり、いかにあべけれども、今に堕ちて道人に堕つべし。此れ等の大菩薩の人々の御としられぬとも、法華経の行者をばわすれば、これをばしりらぬ人。今の世のごとくなるべし。
 されば一切衆生の大海の衆生の中には一念三千の法界一に法華経にわたまざるか。
 法華経に云く 我が滅後に此の時にるべし、法華経の行者ならざるか。
 答て云く 華厳宗の

Epoch 29/60
90260/90260 [==============================] - 42s 467us/step - loss: 1.9088


          • Generating text after Epoch: 28
          • diversity: 0.2
          • Generating with seed: "# 南条兵衛七郎"
# 南条兵衛七郎殿御書 文永八

 今又御経はの御云くりて、仏法の中には一切の諸経が一人、一念三千の法門なりけり、一切衆生をすぎて、一切経はには仏の経なり。 
又云く 我於種無り 地如是語 如事成仏。 

  文永六


 日蓮が自御云く 小の名はなうらず、一切の小の経は念仏等が此の経文には又かくなり。又禅・と尊者・一人を信ずれども、一人にありて、法華経の行者をあぐるとも、一代の一界に無間すり。


# 如来は日本国に不けるに、其の人は一人もなく、諸宗をばつきのみうがうるなり。
 日蓮が法華経の文を、伝教大師となら候。此れ等の経経は仏の御弟子、大乗・四教を尊う、彼の人々はおいろかたし、かえたる者、一二には仏出され給いき。一人に日の譬へ也。法華経の行者は一切経をなかん。法華経を説き給い、此れは一万の仏者をとくえたるこれなり。 
又云く 釈迦如来之を説かず、或は十方に諸仏の人々に対すれども、仏々の御ととり

Epoch 30/60
90260/90260 [==============================] - 42s 468us/step - loss: 1.8964


          • Generating text after Epoch: 29
          • diversity: 0.2
          • Generating with seed: "# 南条兵衛七郎"
# 南条兵衛七郎殿御宗は十方の諸仏の来とかり給うなれども、一切衆生の人をかたからざるがごとし。
 日蓮は経文にはずとられ、無量義を
  我等皆有一人
 等云云。 
法華経に云く 或有阿練若 お爾て法華経の行者とはなけれども、彼の国王の仏、二乗の永不成仏に、法華経の行者とはなけらめに、此の国土をかれて、仏をさだめ、一切衆生の一切の諸仏の大乗の法華経の行者といわれて、一切衆生の一切の諸経には仏の一切の仏、なりけるとも、謗法の者とえい。
 日蓮は日本国に又かなのり。いかになるべしとも、法華経をばかわし、法華経をばかず。仏、御年の御つあり。一切衆生の大海にはついて、法華経にて仏にならずとも、いかに諸経の法華経の行者という者とも、法華経をばかさし、大日経等の一切経は一字一句もなくもなし。されば仏方には一よもなり。
 日蓮は此れ等の人々は仏の教主にこそのごとし。法華経の行者にあらざるか。
 而るに日本国の一切経は一人

Epoch 31/60
90260/90260 [==============================] - 42s 464us/step - loss: 1.8771


          • Generating text after Epoch: 30
          • diversity: 0.2
          • Generating with seed: "# 南条兵衛七郎"
# 南条兵衛七郎殿御書 文永九

 今ましり。十仏事をさだるべきか。されば此の経文にはにるべくもなしかりといえども、今の小乗の二乗の五逆・いまさりというとも、法華経の行者にあらずや。此の経の一字一切衆生につぼえて、華厳宗の三蔵・法始、は十界の女人は一向天台宗を法華経をすてて念仏者となりては仏になりなせども、一切の女人は此の経をば水と申すべき。
 又云く 我法華経時論為より出世間法華経をすてて此の経をに正行を経となるべし。爾前の経々にては仏の御弟子なり。又南無妙法蓮華経と申すは一人も生。
 候。いかなる大事なり。
 又云く 我等之今無量諸如是大。出我当心漢土於是蓮余所三又所
 等云云。 
又云く 所謂如是人の大悪道をあばてかして、華厳宗の三蔵・法始、は十方の女人の心仏法を以て此の後五百歳あり。仏仏は於仏は六万八万をばお南て其の中ににたりて其の法門をかたがえ、わたりて候。いかなる小乗経のは、大日経には 我が世

Epoch 32/60
90260/90260 [==============================] - 46s 515us/step - loss: 1.8596


          • Generating text after Epoch: 31
          • diversity: 0.2
          • Generating with seed: "# 南条兵衛七郎"
# 南条兵衛七郎宗御身中有無阿行者師作三千人。一人もなからず。
 日蓮はうちおきう。これは本尊より入ることなんど、其の上に大海を入れて大海をはうべく事、一言あればいをいださせ給うとも、法華経を信ずる女人た是の者は法華経をおこす。此の経文は始め三滅後のさるるには天台・真言の者は法華経においては仏になるべからず。一人は月なくずば、後法はじめて一分の文をもって法華経の行者ともせ給えぬ。
 而れども仏いかでかしかれば諸人もられ、大にならず、経文をよみ、伝教・慈覚等、法華経の行者にあらずや。此れ等は法華経の行者にあらずや。此れ等は法華経の行者にあらずや。法華経の一切の経、之外を得浄土宗の経、一切経を信じてはいるべし。一人一人もなくらずばいうかんがおわせし時、法華経の行者の一切経を一切経生まらざるべしや。法華経の行者は法華経の行者にあらずや。
 而れども仏いかでかしからば、法華経をばすてたるなりとも、法華経の行者にあ

Epoch 33/60
90260/90260 [==============================] - 43s 476us/step - loss: 1.8498


          • Generating text after Epoch: 32
          • diversity: 0.2
          • Generating with seed: "# 南条兵衛七郎"
# 南条兵衛七郎殿御さきくり候。此れ等の経文は今の生の身をおこして、法華経をば説き給わん。天台・真言の学者、真言宗を不審せ給わん、法華経の行者ともせ給え、かなるが如くなくや。されば大海の二人の中には第三の万九千諸百無量義をおぼせしか。此の文は如くは永に仏になるべしとも、法華経の行者をあらせしかば、日蓮は尊きより法華経をに御云とおもて、一切経を信ずる者は十方の土とかれり。いかにといいき者にあらず。十に法華経の行者ともせ給える人のみあり。人をば大尊はせず。大海の中には悪人にかたがう、なんど申すは此の法門にかえらず、或は云く 大日経の四釈迦仏の御法をもけされ給いしかば、天台・真言の学者、天台・真言の法相・三論・華厳・この仏をあただけるに、悪道に堕つべしとなり。
 されば法華経の行者にあらずや。
 而るを世尊者也。四十余年の経々をすて給えり。人に値い給ひき。
 而るを法華経には き大国の人人をかえりて、法華経の行

Epoch 34/60
90260/90260 [==============================] - 47s 521us/step - loss: 1.8370


          • Generating text after Epoch: 33
          • diversity: 0.2
          • Generating with seed: "# 南条兵衛七郎"
# 南条兵衛七郎殿御書 文永八

 今月之を、華厳・真言等の人師、天台宗の人々は仏経をおいずして、 
法華経に云く
 一切世間。天人。き者二乗は悪道をまもまさりて、法のをいめんがためにはずらん。されば諸宗は法華経をおこせ給い、人人をかざらず。念仏者・多宝・大地之・不どもは、法華経をすてて法華経をすてて法華経につかれて云く 大事如来衆 。大乗経経
 云くた其の人々に、法華経をすてて法華経をつくれる人、いかがたけれども、仏にはあらずや。
 而るを後はらいるか。
 而るに日本国は天台・真言の人々の中においてはいかにかながためしからをすべきか。又しるしく候。又実・法華因縁をといえて、いかにて二人の心をあつめざるか。
 但し世間の疑いといい、諸宗の学者等や、教主釈尊の如し。又大王の経、一切の諸仏の人々へまずらい候わん
 に、法華経を信じたるべきは、天台・真言等の人々の又かたかたし。
 而るに当世の人々に譬えば、法華

Epoch 35/60
90260/90260 [==============================] - 45s 500us/step - loss: 1.8279


          • Generating text after Epoch: 34
          • diversity: 0.2
          • Generating with seed: "# 南条兵衛七郎"
# 南条兵衛七郎殿御書 文永六

 文永六年[是未え]法か。 而未顕真実と雖も其の所説の法門は此の経につかれて法華経をつくれてかなが事なり。
 又南無妙法蓮華経とも、一代の聖教を父母ところの
 にてはあるべし。此れ等は諸経等の経は一切経をたすべくもうし、一切経をばかれず。一切の五宝を山・大出入の諸人の国々を法華経をつけて仏を用ひざるべきかば、法華経をば説き給うべし。
 されば日本国にあらずや。此れ等の大菩薩は大海の中にしては悪道に堕つべきとおもい、いうにかいなさせ給うを
 に、法華経の行者となるべし。法華経の行者ならざるか。
 されば日本国にはなかりしなり。
 されば一切の聖人に値わずともうらずば内典をたわす等と云いらる事をばわすれぬようにて後には天台と一には華厳経の法華経は八十万億那由他の諸菩薩は一人もなくもあり。さんどは五ぼされたるなるべし。此れ等の諸経も多くして此の如く、法華経の行者ならざるか。
 

Epoch 36/60
90260/90260 [==============================] - 43s 481us/step - loss: 1.8222


          • Generating text after Epoch: 35
          • diversity: 0.2
          • Generating with seed: "# 南条兵衛七郎"
# 南条兵衛七郎宗御宇 大戒は今生謗法の経文に依て、悪御にして法華経を説いてとはして、一切の女人の成仏をあらず。此の国をいみて大菩薩を加え給いしかば、天台・真言の学者等、大師の師にあわれてかきたてまつる。あらざる者は人にすかれんがう
 して、此の国をしるべしや。
 答て云く  
大師 涅槃経等は大菩薩の来、此の経をもてさずれば大海のをしらず。法華経を説き給いしかども、仏世をてめるとも、無間地獄に堕つべきとことはしらせ給うと、又うつりくも、いかにとして候しかり。又御年す等て法華経にいたる者の譬べし。仏教を信ぜざ人は何に況んや法華経の行者をたうべし。一千年の後、天師一人に説きか。此の邪見国来の法菩薩、此れ等を人かざり。先は外典の心は一分自なくも、法華経をばかわし、ことにおおゆ。但して仏法をやぶり、法華経の行者ならざるか。
 されば仏教主釈尊の御弟子にあらずや。法華経は仏説と給うず、これは我が身をもしる、うちを

Epoch 37/60
90260/90260 [==============================] - 43s 473us/step - loss: 1.8084


          • Generating text after Epoch: 36
          • diversity: 0.2
          • Generating with seed: "# 南条兵衛七郎"
# 南条兵衛七郎殿御書 文永元

 仏陀大法て日蓮が身にあたて一人もなかれども、其の故は仏法門の釈尊の御弟子なんどうつのさきにたり。
 此の経文の心は法華経に十方の諸仏報来を身なる事、月はにて入るべし。仏は御年の華経に念仏と申すは、此の経は 
大に云く
 何事或。。善男法 等云云。
 此の経文の心は釈迦如来なり給えば、彼の人々は大日経て一字に生ずる。法華経に云く 若人悪人 有一切衆生を而ば彼々の経々をとかせ給え
 等云云。
 此の経文の心は法華経に本の二品に、之を捨て此の法門に法華の法華等の諸宗の人は華経なり。一切衆生の爾前の経々にはあらず。大乗経には仏法の罪也。
 此月十三日 日 蓮 花押 
法華厳御念仏者・一乗経の二者となる。教主釈尊の御弟子也。大日経の釈迦如来ならば、此れ等の聖人の大世にをさまる大菩薩の御弟子なり。
 諸大菩薩等の二乗をもなして、仏法の外の大悪人こ其不、の時、法華経の行者ならざるか、

Epoch 38/60
90260/90260 [==============================] - 43s 479us/step - loss: 1.8004


          • Generating text after Epoch: 37
          • diversity: 0.2
          • Generating with seed: "# 南条兵衛七郎"
# 南条兵衛七郎殿御竝べて法華経につけては、法華経をもってこれをさすれう
 にあるべしとこそをぼえ候わば、いかなる大王、仏をいたして、教主をすさて、法華経の行者として法華経をよみ、此の経を捨てしますも所にあらず。大日経は釈迦如来の所説之一切経、大日如来の所説之一切経、大日如来の所説之一切経、大日如来の所説之一切経、大日如来の所説之一切経、大日如来の所説之一切経、其の故はやくゆえして心のらいぬべきか。此の外の外道の大菩薩等にてはあわわず、一日の如し。一代聖教を説く、此の法門をすてて法華経をにるべきとは、かさるがごとし。法華経は仏なきさにかき
 さればされて仏になるべき。此れ等の経々に二人の大菩薩をつくするは、いかにあじき外あれ。せざる者のて法華経には まして法華経を説き給うらんととおとえりて、法華経の行者にあらずやく これほどの華経ととかせ給いて、名をいくせしか。
 又云く 大日経は釈迦如来の所説之一切経、

Epoch 39/60
90260/90260 [==============================] - 42s 468us/step - loss: 1.7939


          • Generating text after Epoch: 38
          • diversity: 0.2
          • Generating with seed: "# 南条兵衛七郎"
# 南条兵衛七郎殿御書 文永元年

[三千二十八日大師之なれば世尊、父母に生まるらんとも、法華経の行者というべきか。此れ等の大菩薩の人々の人々はなし。りと水れりと見えて、法華経をばおしえ、人をもあいず、大日経等の一切経の中には疑いべり。
 其の後、法華経に云く 有り。師子智者のもうらずや。
 而るを見るべし。此れ等の大菩薩の人々の人々は多くらず。世にしらざるべからず。是れ無に二乗三無我等の経々に、大日経の一字一字もるべきか。此の文に云く 四十余年の経々をすてず。
 而るを日等は十方に十界の諸の一切経は、いかんがすくなり給いし時、事の故にやあるらん。
 而るに日本国は天台・真言の宗なり。又仏前の余年とは、法華経之に説きがとしらず。
 又日蓮が今に此の国によりて、天台宗をば一向にもあらず。此れ等の経々は人々の人人なれども、仏性・法華経の行者というべきか。此れ等の大菩薩の人々の御いたりて、我が身をばずしがあるべ

Epoch 40/60
90260/90260 [==============================] - 43s 475us/step - loss: 1.7835


          • Generating text after Epoch: 39
          • diversity: 0.2
          • Generating with seed: "# 南条兵衛七郎"
# 南条兵衛七郎殿御書 文永八

 今月之を未
経入其の五十余年の経はを出龍浄品にほど念三人の又かくのごとし。法華経の行者は十方世界、方便品の六難・大つ世等にはにるべくもなきかば又かずあらかせ給いしかば、未来の大菩薩を見えてまつりて、仏教を信じても
 も、一切の小の大地国の王難我一年は々人の大衆生の大妄語の人、妄語にの中に。又云く 華厳経は大日経の如来、本迹二門は八万宝蔵也]
 此の文の心は釈迦如来の宝しより給らず。此れは釈迦如来の所説之一切経、大日経等は二十四人、或は十方に無量義経文如来。四十余年と。法相・三論のり釈れりとして候。我が滅後三千六百余年、今の諸経は法華経の行者にあらざるか。されば四十余年の経々にて仏の御弟子、法華経をとかせ給い、法華経の行者とは申八五百ノ海のの中には法華経をすてて法華経をすてて法華経をとかせ給いて、此れ等は経々の仏経は、 未来は無量義経やふみられさせ給いき。此れ等の経々は多

Epoch 41/60
90260/90260 [==============================] - 46s 504us/step - loss: 1.7770


          • Generating text after Epoch: 40
          • diversity: 0.2
          • Generating with seed: "# 南条兵衛七郎"
# 南条兵衛七郎殿御書 文永八

 正月二日等云く 大王難等云云。法華経に云く 如来為本末
 等云云。 
大五の如くなる事は天台宗きにすくる人也。
 問て云く 法華経の行者を行ずるに、一切の諸仏の諸経もはしれども、仏法を又問て云く 世間法華経には此れ等の経々にはあらず。大事なるべし。法華経の行者にはあるべし。此の経文の心は法華経に云く 一切世間。多怨難信
 等云云。日蓮といみて法をも、小乗の乗経にて、法華経をば三千年に一度無しく、十方世界の諸の菩薩の中に其の中にして此のごとくなるべし。
 而るに日本国の一切の女人は往生成仏なりともうらず。仏法の中には心よりもなし。されば此の木の法にるべし。此れより大海をもうやのみならず、天台宗に三十余年の二乗の。善男子仏 如従や出、二乗は無間地獄だとなるべし。此の法門は又此の経文には二乗なり、人の大事なるべし。此の大日経とは法華経の行者ならざるか。
 而るに日本国の一切の

Epoch 42/60
90260/90260 [==============================] - 52s 577us/step - loss: 1.7679


          • Generating text after Epoch: 41
          • diversity: 0.2
          • Generating with seed: "# 南条兵衛七郎"
# 南条兵衛七郎殿御 文あ事で年理にきわりて候。釈尊は我が身をばかさず。仏陀は仏になるべからずとみえぬ。
 これをいだして、爾前の経々を本経にて、仏陀にてまして法華経を此の経文をばつくのわず候はらせ給いしかば、又天台・真言等の諸宗は法華経をすてたる大聖なんど申すは、此の法門は法華経をばかず。仏、御年の十二年に、悪天台宗等とおもうれども、仏二世の法華経の行者として仏法をもって、法華経をば開き給いざるらん。
 但、法華経にては仏にをさとり、いうにかたのごとく、法華経の行者をよめしかば、天台・真言の法門をばけずと但かりたるまで、天台・真言の学者、天台・真言宗の大宗等、天王如来となる事、いまだのかかるべし。されば此の心は天台・真言の法門をばけずと我がたかり。何に況んや仏法を仏経とは法華経の行者ならざるか。
 答て云く 華厳宗の五天・三乗 世尊。如来為阿二為三。[て一宗におき、いたる。
 此の法門は此の経文にましま

Epoch 43/60
90260/90260 [==============================] - 46s 514us/step - loss: 1.7651


          • Generating text after Epoch: 42
          • diversity: 0.2
          • Generating with seed: "# 南条兵衛七郎"
# 南条兵衛七郎殿御書 文永八

 此の文をばいかにものやわきためいにして、一人の大事たるか。
 此の文に 
 此の文は一切の菩薩をようをまぬするこれなし。仏法を以て之を成ず。
 しるして候。一切の菩薩の釈にあたども、法華経の行者にあらずや。
 答て云く 大日経の第一は法華経において仏になるべしとして候。 


# 法華浄土今答。 外道は又六十余年の十界より一切の経、之を立つる文には、事必ずたして、天台宗を法華経を行ぜし。此れ等を人て破れてんすりもかれをばしるしもども候やぶれば一人も念仏等に、此れ等を本ととす。天台・真言の学者、大日経等の一切の経々をさとるべしとはおぼしめされ。人は聖人なり。此れ等の大菩薩の中に譬えば此の経に用かるべしと見えに候。これは日蓮が諸人の諸仏を、一代の聖教はすみよわかに候。されば法華経の行者あらば必ず三悪ありぬ。仏道の内にはいまだまこり、しかどもく人のごとし。
 又諸大菩薩 無

Epoch 44/60
90260/90260 [==============================] - 43s 471us/step - loss: 1.7576


          • Generating text after Epoch: 43
          • diversity: 0.2
          • Generating with seed: "# 南条兵衛七郎"
# 南条兵衛七郎殿大
 等云云。 
弘の五に云く
 此の如く天・らを其の見をもて、仏法の御御中に大に此き事十巻のは今生なり。一切の経、浄土の 又○所説是経 名門
 。 
又云く 若有り。爾あれどと千万八万億之の所なる事にありて、一言なし。又一向に南無妙法蓮華経と申すもの御にはじめに法華経の行者なし。又云く 大人有諸無智人 小乗経経是の観 の六難九千諸百九界を一分を三類は 我が身に入りたり。又云く 大海は大地この諸人を申すに。大地は大乗経には て乗大経をばすつべし。女人成仏の時師中・中有彼の在大海等の一切経の大菩薩・大乗経の行者となる。当世法華経の行者の二十五人の大来をあてせたり。人の説くの小乗経に、仏陀の一切の諸仏の諸経は一向小乗に、一切経の中に法華経をすてたうや。華厳経の一切経を説かせ給いて後にはなるべし。又諸大菩薩も所説正法の二乗を値うべきや。
 此れ等の文は又かお ず。ざるは天台の伝教大師をしらず。

Epoch 45/60
90260/90260 [==============================] - 48s 531us/step - loss: 1.7491


          • Generating text after Epoch: 44
          • diversity: 0.2
          • Generating with seed: "# 南条兵衛七郎"
# 南条兵衛七郎殿御書 文永元

 御所にはべからず。此れ等の人々は法華経をばおしえずして、天台宗に此れをば皆うべし。此れ等の経々の人々は多宝仏は ひなければ外道の法をとり、天台・真言の一宗、師也。は仏になるべからずと定め給いぬ。法相の法時をかざんがえ、法華経を行ずるに、法華経の行者とはいうべきか。
 又日蓮一には
 華厳経に云く 有り無間の者はなるべし。此れ等の経々の人々は多宝仏大地をばいうにおもても又かくのごとし。法華経は題目はかくのごとし。
 されば一千六十年に正いをかずり、天にてて候えば、一には不孝なるべし。今まして此の経を持て此の釈を見るべかり。此れは日蓮が法華経にてはしらず。
 此の経文には、無量義経に 以釈為人
 等云云。 
又云く 爾時世尊。此の重罪
 此の宗の文は、法華経の行者にあらざるか。其の上、仏教をもくとしてはしるしなし。
 此の経は四十余年の経々の法華経に云く 今此三界 一大乗は

Epoch 46/60
90260/90260 [==============================] - 44s 490us/step - loss: 1.7409


          • Generating text after Epoch: 45
          • diversity: 0.2
          • Generating with seed: "# 南条兵衛七郎"
# 南条兵衛七郎殿御書 文永八

 譬へば八月八三十六明にはは八年なの或のごとし。但し大日経・金剛頂経をば説き、一切衆生の名をいましらせをあるべきか。此れ等の大菩薩は仏教をばようにてう候か。
 而りと而るれば師の人にに譬へて御とかれて、一切の女人はるべしとも、又観をつべくれのたまへいかれぬる人、かなりなし。此れ等の大菩薩は仏竺をためう。しかれをみて、天台・真言の学者等、大経に云く 一切世間諸悪人
 等云云。 
六巻の般泥・経
 に云く 一切衆生之有無我之中修羅や。寿量品云おお爾げがはいまだましまいて法界の自利に於て されば諸経の説教大師をかくせしかば、彼の人の心をかくれば、我が身をもあらざきはつの
 或は仏にありが十しからず。
 答て云く  
大師云く
 今年十一時於て、悪人かりし
 日蓮が弟子等には念仏がべからざる事たし。
 一切経の中に法華経をすてて法華経につきてさせ給いしか。
 さればは大日経の 我

Epoch 47/60
90260/90260 [==============================] - 46s 505us/step - loss: 1.7345


          • Generating text after Epoch: 46
          • diversity: 0.2
          • Generating with seed: "# 南条兵衛七郎"
# 南条兵衛七郎殿御書 文永元

 御 万年[教然後漢大菩薩の仏種をやぶると、或は二乗作仏をや。
 阿難尊者は成仏道なり。此れ等の大菩薩の人は大乗経におもいば、五逆の者なりたり。此れ等の大菩薩の人は大乗経におもえば、善無畏・金剛智等の者のお也にしたりて、一切の菩薩を見てごとしとして、うちまいだして、天台宗の法相の人はなたさんにおもむいしかなり。
 此の経文の心は大乗の如何らからかれず。大乗経をの何ぞ之をばにこそりえる事なかりければ、或はを多すせかるべし。此の事をしらず。又観不の義をいとせしか。日本国にはる法華経をよばさず。大乗の一切の法をあうべき。此の国にいたりて、華厳・法相・三論・真言・法華の乗宗、華厳・真言等の人々は法華経をつえざるが如し。
 いかんと申すべし。仏の説教、日よで法華経にとなえてまつりて、一切の女人の成仏をあつたたしては、仏になるべからざるか。又云く 日ら諸華厳・法相・三論等の諸大乗の釈

Epoch 48/60
90260/90260 [==============================] - 46s 507us/step - loss: 1.7307


          • Generating text after Epoch: 47
          • diversity: 0.2
          • Generating with seed: "# 南条兵衛七郎"
# 南条兵衛七郎殿御子 [是法此の如く 。但此の者は仏道をや。
 此の事をしらず。何に況んや道をけてみ、或は十宝なり。此れ等の大菩薩の御師等はおもいさせ給いなり。一念三千と申す事は天台宗に帰伏して南都天の寺とすか給えば、前生す也 。衆生三世間の五界きをしり、此れ等をとくるなり。しかれども法華経の行者ならざるか。て候なれども、法華経の行者の諸人も伝教大師の成んどせり。今法華経の文は、法華経の行者の諸人は大乗の小乗経のごとくならば、仏宗を法華経をとかせ給えば、仏は衆生をすてて而此の国を見る是、法華経の行者の諸人は念仏をとくるとはさずせ給はもに而れ、我がれを爾らるべきとは、其の中に生まれず、日本の妙と又云う也。
 此の経文の心は法華経に云く 一切世間中無法而不造。如心仏亦爾。如仏衆生つをばいそをなべしに、一分もとかけれども、此の経無始成仏の御師、申し候え。
 此の経一行多く
 此の法華経の行者といわんたりしかば

Epoch 49/60
90260/90260 [==============================] - 46s 512us/step - loss: 1.7215


          • Generating text after Epoch: 48
          • diversity: 0.2
          • Generating with seed: "# 南条兵衛七郎"
# 南条兵衛七郎殿御至 
 四十余年を経は阿は法身有り。天台の行念りと爾前との御経にいてまし給わら候は、かのことに此のををすつればわき候えり。
 而るに法華経の第には釈迦如来と説す。四十余年の経々をすてて法華経をすてて念仏等は法華経を信ずる女人も成る此のもくず。而るを四人・真言等の諸宗の名を但一大の字の人は仏法をもむざべしとこそおぼるれども、法華経の行者とはならず。
 而るに法華経の第三十正の 過去滅師、因縁・十方の諸仏の御弟子の諸経もなくましまいらる事は天台に帰伏せり。華厳の三世は天台・真言の謗法の者は天台・伝教にはにるべくもなりといえどもしらず。くことはんずがごとし。
 而るに仏、法華は日本国にまいり給いり。いかんがにいかたるなるべし。
 又云く 所謂皆自 ここ我さずる人もあしかはしてはあるべきに、此れ等の人々をおぼしめすべし。又此の菩薩の所説なり。一切経までままされ、大海の小事をばおいずらかんとも、

Epoch 50/60
90260/90260 [==============================] - 43s 479us/step - loss: 1.7215


          • Generating text after Epoch: 49
          • diversity: 0.2
          • Generating with seed: "# 南条兵衛七郎"
# 南条兵衛七郎殿御
 
と申すこれ候。いかなる大海は釈迦如来の諸仏の本尊、六年九十三十八品をの説
 とも、華厳・法相・三論・華厳・法相・三論・華厳・法相・三論・華厳・、・・り三王、一向に法華を用いる時は本尊には師子・大師・金色・大宝・如来、本尊の法華経につくれたるようなれども、仏になるべからずと説かれ、きは諸仏は大菩薩をならせし、法華経をばかさとに、法華経之に、法華経第二の法華経に云く 譬如四十五
 等云云。 
又云く 所謂如所説 是諸大菩薩。諸仏神尊失
 仏と云く
 法華経第四に云く 今此三界 皆是真実
 。 そ又法華経の第四の巻別・二乗・・・
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Epoch 51/60
90260/90260 [==============================] - 42s 470us/step - loss: 1.7165


          • Generating text after Epoch: 50
          • diversity: 0.2
          • Generating with seed: "# 南条兵衛七郎"
# 南条兵衛七郎殿御書 文永八

 今師仏性に
 。
 されば四十余年の経々につきて法華経にもすて、なうらういなくなるべし。いかなる大事にして、一切の小の一のの中に、大日経の金剛の経・か生がいうをばかれたるゆえに、此の大日経にまちりて、一切の女人は一のも仏もしかし。此の如く念仏ぬゆえなり。
 此れ等の経々は人の但をあつそして、一切の重罪をまてかせ給て、いかなる大王は又何のごとし。此の問の云く 我等悪人
 等云云。 
止観に云く
 若無信高道
 等云云。日蓮が法華経にてはまりてかとき事はたるべし。
 又其の後生は第一の法華経の行者として法華経を行ず。内典。三千大日と定お法華経をよばず、但法華の一千余日におかさせ給いしは又せめせず。日本国に此の経文むべし。又経にもい其ず、一切の生をまず、いましめして此のをかえてざるらんとおと事もいかんがせず、法華経をもずて仏、阿修羅・羅を羅を釈 をも仏法華経をおもいかば答て云

Epoch 52/60
90260/90260 [==============================] - 42s 469us/step - loss: 1.7105


          • Generating text after Epoch: 51
          • diversity: 0.2
          • Generating with seed: "# 南条兵衛七郎"
# 南条兵衛七郎殿御書 文永元

 御入滅にいらせんとも申し給わんがたくしてこそをらずばきたり。華厳経は一字一句もなきかくるべし。 
文の心は、・有智者・五目の一つはにてはなくもしりして、天台宗に宗とすれば、ことの名は華厳の時、法華経の人々にまだましたれば、一切の経を之を之ず。此の経は一字一字も一大乗なれども但一人も仏にならず。此の経は弘女れり。日蓮が御尊とがごとしと、人とは一のも行これなるべからず。三千の百門年より一切仏の人々は大地のよりよみ候て、法此の義をもときたり。此の経は仏仏の御御なり候か。
 而るを文ぶ年に云く。一切経の中に法華経を説かせ給いて二人もなしかりしかば仏尊の御いのり候え。
 されば仏をかざるが如くにて候しかども、天台宗に宗として法華経をすてたる人なり。日本国の人々は仏の御弟子也。此の経文之心は法華経に又出来も、大海の小をく、一切の経、之を、諸経 一切経の文り、法華経の行者にしてまず、

Epoch 53/60
90260/90260 [==============================] - 43s 471us/step - loss: 1.6982


          • Generating text after Epoch: 52
          • diversity: 0.2
          • Generating with seed: "# 南条兵衛七郎"
# 南条兵衛七郎殿御書 文永元

 御師三しからざるがごとし。此の外の大菩薩の中には念仏等をばおぼすめはり、不思議をや。華厳宗というよも、法華経の名をもずて、華をば而るをりてましまさず。
 而るに正像二千年之間見前に及ぶべからず。又諸大菩薩を人てよ。いかにしてげきろして、つきず。この経をもずて大乗に、かたせる者はあたる経なりとも、法華経の法華経には きさと、又云く 大海う
 さまさせ給わんと、このとこれをすてず。
 日蓮がいうみうもなし。たとわずとかせざらず、天台宗にするれたるらん。日本国には此れ等の無量義を説き給いて、法華経をもして一経文に入りて第一にもしなし。此の経の彼、法華経をよばされり。
 此の経文は妙楽候をうせつかば、我が身をもあざむ人とすわ。りもあるべしとこそをしる
 にて候なる、 
日本に云く
 一切世間。多怨難信
 等云云。日本にはかきかくは、いまだ経に伝えて法華経をば説き、一切衆生の中に

Epoch 54/60
90260/90260 [==============================] - 43s 472us/step - loss: 1.6930


          • Generating text after Epoch: 53
          • diversity: 0.2
          • Generating with seed: "# 南条兵衛七郎"
# 南条兵衛七郎殿 
 
・・・道教の釈は二十五十戒大師・中巻等は天台宗すにいわれ、大方の諸経も一仏十方世内有わど・大事の時、此の菩薩の一にはあらず、事・方便・等の法華経の行者として仏法をもすてひろきよりも二乗作仏もなし。或は、仏せめにありて、一念三千の不思議大聖を見当、二十三人の中には此れ等の人々をもてすつるべしともおぼえず。
 此れ等の人々これをばすつがれせず。
 而るに当世の今仏にはあらず。大乗経は大菩薩の中には但一念三千を不めを者とかせ給いては仏教を信受すと者は、大日のごとし。 
涅槃経の五十三年の経々にはあらず。大乗経は大菩薩の人師の御師ともみとし給うべし。
 華厳宗の三人のよも南無妙法蓮華経と申すは実語の人なり。法相・三論・華厳・法相・三論・真言等の一切経の諸人、之を破りたままざるか。
 而るに、天台の釈迦如来の所大は無量心の而未の分けならず、我が国の大をいいする、彼の人々は月の六十余年の経々

Epoch 55/60
90260/90260 [==============================] - 44s 484us/step - loss: 1.7037


          • Generating text after Epoch: 54
          • diversity: 0.2
          • Generating with seed: "# 南条兵衛七郎"
# 南条兵衛七郎殿 
 とと申すが如し。仏法をかえてをきて、法華経を行ぜしと、其のが々にいいまい、或は三千大此の国によりて、日本国之今申す所の法華経は一切衆生の諸仏を見て、かたわずとも、法華経をすてず。大日経の一切経の中に法華経をとかれて此の経を持つ。内典にすぐ五百人をなるる事あり。人の大海をば当世・ども一の六のの怨多のゆ南三海、中々に彼には心るべしとなり。仏と申すは一闡提こく仏こそ国王の御い
 かるべし。
 其の上、法華経を行ず。又云く 切衆生に、大地・世尊、三論・華厳の阿王等は一人も見きよ。ようにてあらざるか。其の上、一大二人、法華経にして爾前の経は一切経をおさくわずとも、いまだまずべし。
 法華経の第四巻の大、道理・真言宗等の大法、諸の大菩薩をしらして云く 其の上、無上無仏の時は迹門の本門十方の諸仏の諸経も行かし、天台宗の人々は法華経にはなきさせ給いしか。
 又日本国には但一人也。又此の法華経は本迹

Epoch 56/60
90260/90260 [==============================] - 43s 481us/step - loss: 1.7007


          • Generating text after Epoch: 55
          • diversity: 0.2
          • Generating with seed: "# 南条兵衛七郎"
# 南条兵衛七郎殿御御帰有[まし諸九月の八品一三四・八諸七十余年にもなんどおもえるに、法なけらば人、三悪道におつる。一人の人々ことはかれず。しらんて法華経をよめて、法華経をよめんとする。まことなし、或は真言には正月の日に今までり、日本国の譬への日の如し。但し大日経には 我信心、二乗の永不も仏に云く給う。
 此の法門は此の経をかき、但或何らを論いをそおもえず候えも、一切衆生の諸仏の御わき候か。
 而るを真言・無量無万等云おいう、法華経をよばず、但法華経より信じたる人々はしかなく候えば、ざる文に云く いましまさず。されば此れ等の大菩薩を見てごとしと申せ。
 仏、 
涅槃経の十に云く 大日如来は釈迦の法身。一切の所説をきく。いまだ日のず。又但経をききして、一切の如意国水なり。其の上に仏は一切の女人のごとくなるべし。今日のざるに、其の中に本尊より、人 入阿難命なんか。
 此の法門第一の行なるべし。今の世をいだして

Epoch 57/60
90260/90260 [==============================] - 43s 477us/step - loss: 1.6957


          • Generating text after Epoch: 56
          • diversity: 0.2
          • Generating with seed: "# 南条兵衛七郎"
# 南条兵衛七郎殿御相宗
 。・等名・十一の四十余年、日蓮法華経の行者にあらず、天の菩薩の諸仏は久遠実成なり。 
又云く 我於仏。 て五教にこそとなれ、或は云く 大日経の金剛一・に雖無四十所也。此れ等の経々はあらず。何に況んや念仏ととかせ給いしなり。
 此の文に云く 我等之有り。其の上此ば世間大法不す不に不。二乗は薩と云うに、諸宗の衆生も一月の三蔵無論大地国中一二千法相をいりて、諸宗の人々をしる。二乗は永不成仏とも、法華経の行者と法華経とは同じとうちおもえば、人の彼の聖この法門にかたかたのらざるか。法華経の行者の一切経をよめり。此の小いの仏になるべきと申にしるしかは、天台宗を法華経をとかせ給いては候え。又かずしきかられば、法華経の行者にあらず。天の大海ををやき、三類の内なるべし。
 いくそく
 しかりしかばしらず。されば諸経の人々は人也。此の経の一字の中には内法真実なりとも、いかにあらば、十方世界諸仏界の

Epoch 58/60
90260/90260 [==============================] - 42s 469us/step - loss: 1.6921


          • Generating text after Epoch: 57
          • diversity: 0.2
          • Generating with seed: "# 南条兵衛七郎"
# 南条兵衛七郎殿御書 文永六年法不給え。これ二人一言に至たまふべきか。此の外外道の内には此れをすてず。内典に又しくべり。
 此れをしるべし。
 而るに当世の日本国の一人も無間をもってこそ外万を御未に華厳宗に十界たる浄土宗の御となの其人を、法華経の行者とこうと申すは此の法門も、仏教の釈は、此の小身有すつより給うれども、又
 され日本の事だ是れにば悪ず用いかたるは、天台・真言等の諸宗の人々ますけむ。又法華経の行者の譬えば正法の菩薩の彼には、いかれらを此の二乗を給うけり。しからざる是人。又云く 王諸小乗経四十余年。天台法華宗之教中に法華経をすてたる人とおもうべし。但し事これを法華経の唯じ一人時におぼえ候。
 此れ等の外道は此の経を下す。此の法華経は本門に入て之をありぬ。此の菩薩の所説をば、今生もありが四十余年の経々をすててうつりけるま、又かくのごとし。 
又云く 爾時世尊。爾前世尊 世尊は我此は法華経の行者を

Epoch 59/60
90260/90260 [==============================] - 42s 470us/step - loss: 1.6866


          • Generating text after Epoch: 58
          • diversity: 0.2
          • Generating with seed: "# 南条兵衛七郎"
# 南条兵衛七郎殿御御帰依不せ二乗の仏法をいだしてかえらる。此れ等の経々におもずと大日をさとるるは一人にはあらず。仏を経文にはあわせめ。其の後日蓮は法華経の行者にあらざるか。此の疑いに道故にこれをやす。
 而るに仏法華経を説かせ給いて諸経の行者ならば何の況んや爾前の経々をまいかせるるを、き、諸天は智人の説に一切の諸人をり候えば、いまだえり、或は我が身にもあらず。さまるの諸経は一字一句十涅槃等は法華経の行者にあらざるか、其の上、五十二十四時は、一切の外道、此の経文之内に云くひ或行者は十方世界の土のごとしと、とかれて候はいかんがなり。
 此れ等の文は ゆる本には国をとりいかんとし、或は云く 法華経の行者にあらずや。此れ等は仏をなげさせ給ひしかれは、天台宗に帰依をして一代の聖人を御すいすでき者は法華経をばおしえず。此の法門は此の経文には仏法なりといえども爾前の経々を多くるかならず。
 而るに日本国にいかたしもは

Epoch 60/60
90260/90260 [==============================] - 43s 482us/step - loss: 1.6878


          • Generating text after Epoch: 59
          • diversity: 0.2
          • Generating with seed: "# 南条兵衛七郎"
# 南条兵衛七郎等御定め法華経よりしたがう。法華経は念仏等をばよましますも、いましかさせ給いて、当知の人に又あるべし。 
此の経文の心は、法華経は仏の大地には大乗・三論・法相来せり。、仏教をば謗法を失う。此れ等を経みて必ず三悪文に。又一千人は二十三所法華経をたずや。よはいうれども其の所をあつること、或は云く 法華経をばにたりととおぼすとも、大海の中をば何に故を父をしらざるべきや。
 又云く 念仏者・禅宗等を法華経をにてませ給いて候。人々よりも此れをかくべきゆえ候。
 法華経第二に云く 今此三界 乃至 若を地獄の堕ちすでに法華経をすみ給う。
 第四十年の間の教円一念等をば南第法。
 又云くざる法華経の行かたしと申せ。


 ごとす事切有すべし。
 又諸経も一分の仏性の一切経の中に法華経をはなれて仏になるべからずと申すならば、法華経は又かさくず。
 又一切衆生の法華をせんれあ、、人との時に華厳宗の時、法

シェアボタン: このページをSNSに投稿するのに便利です。

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する

NG表示方式

NGID一覧