Chariot Mk3

ページ名:Chariot Mk3

一覧に戻る

Chariot Mk3

ビークル概要

UGFのExpertビークル。同クラス帯では倒しやすい方だが、HESH-Frag複合弾が急所に刺さると一撃で致命傷を与えることも

ビークルデータ

車体

長・幅・高     L24,W13,H6
ブロック数     781ブロック
Volume      1338
マテリアルコスト  21797
最高速度      71m/s
難易度       Expert
バトルポイント(BP)12

車内

エンジン出力  1620
燃料      11000
弾薬      2400

武装

211mmアドバンスキャノン 弾種:[HESH-Frag]    モジュール数 ( 6 )

関連ビークル

Chariot Mk1
Chariot Mk2


亡命先での設計ビークル
Hoplites
Type14 Endymion


説明文

Mk2の乗員保護性能をそのままに、主砲構造および前部装甲材の見直しを行ったアップデートバージョン。生産台数が多いため、Mk2と区別するためにMk3と呼称されている。
被弾時はエンジンまでも弾除けに使う構造は、とくにHEAT弾に対し絶大なる生残性を発揮した。エルブルスシリーズの実用化と同時に前線から徐々に姿を消したが、後方の部隊ではその機動力もあり、未だに一線級の車両である


ビークル解説

火力

ともすれば威力不足になりがちな中~小口径HESHだが、Frag複合にすることで急所に刺さった際の痛さが倍増している。そこそこのレートで放たれるため、手痛い一撃を食らう前に撃破しきりたい。

防御

装甲材自体は薄く、重ね装甲も皆無である。側面からの一撃に弱く、弾薬庫や砲塔の誘爆を誘いやすい。逆に正面は燃料やエンジンによって致命打を遮られやすい

機動性

カタログスペックでこそ相当の最高速を持つが、実戦でこのスピードが出ていることはまずない。機動性が悪い方ではないがそこまで良い方でもないため、速度で振り切られ一方的な戦いに持ち込まれる危険は薄いだろう。

総評

軽装甲、中途半端な火力という評価にはなるが、UGFのExpert枠古参ということもあり幾度の改修を重ねている。手痛い一撃に注意しつつ撃破を狙おう

小ネタ

モデル車両はイスラエルのメルカバ戦車
特徴的な前部エンジンなどはまさにその象徴だろう。またメルカバはヘブライ語で古代の戦闘用馬車を指す。本車両の名前であるChariotは無論ここから採用されている。

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する