Code222

ページ名:Code222

一覧に戻る

HT_Code222

ビークル概要

対戦車、対航空機の両方に対して圧倒的攻撃性能を有する大型対空戦車。
比較的初期からGodlyの称号を持ち続けているこの戦車を決して侮ってはならない。

ビークルデータ

車体

長・幅・高     L30,W13,H6
ブロック数     948ブロック
Volume      1932.599
マテリアルコスト  27126
最高速度      56.4m/s
難易度       Godly
バトルポイント(BP) 15

車内

エンジン出力  1200
燃料     24000
弾薬      3600

武装

370mm装甲破砕アドバンスキャノン 弾種:[HESHAT]    モジュール数 ( 10 )
370mm対空殲滅アドバンスキャノン 弾種:[Flak]    モジュール数 ( 10 )
八連装マイクロミサイルランチャー×2      誘導方式:[IR、TPG]  ブロック数 ( 4 )

関連ビークル


説明文

VAS社が開発した対空、対戦車の両方を想定した大型対空戦車。
開発時期がやや古く、設計もやや時代遅れ気味だったので近いうちに退役が予定されていた。
だが、ある事件からこの戦車の有用性が再評価された為に退役は撤回、大規模な近代化改修を受け戦場に経ち続けることになった。



ビークル解説

火力(B++)

向かって右側からFlak、左側からHESHAT(特殊複合榴弾)を休みなくばら撒いてくる。
HESHATは装甲破壊力が非常に高く、対策が施されていないビークルにとっては非常に危険。
また、普段は軽く見られているFlakもダメージ補正5倍のこの惑星では戦車にとっても危険。
至近弾でも索敵装備やミサイルガントリーが消し飛ぶことがあるし、万一装甲の隙間から中に入ろうものなら内部機関に深刻なダメージを齎すことも有る。
当然対策が為されていない航空機にとっては天敵ともいえる圧倒的制圧力を有し、加えて狙いもかなり正確なのでただ高速で飛び回るだけでは躱し切れない。
幸い、砲身冷却に4秒弱かかるので速攻で片を付ければどうにかなる。
マイクロミサイルも飛翔速度、誘導性能共に高水準なので逃げ切るには相応の速度が要求される上に小手先の欺瞞もシグナルプロセッサで看破してしまうので逸らすなら相応の欺瞞力が要求される。
威力優先なので誘導性能が実は少し下がっているがそれでも舐めてかかることはできない。

防御(B+)

Godlyの重戦車なので当然装甲も頑強。
正面装甲はHAでガッチリ守られており、更にその先には空間装甲と予備のメタル装甲が張られているのでただ撃ち合うだけでは全く勝負にならない。
砲塔もガチガチにHAで固められているので簡単には貫けない。
側面装甲はかつては薄かったがアップデートによりシュルツェンが追加されるなど強化されており簡単には倒せなくなっている。
後ろは全体的に弱いので、うまく後ろを取って弾薬庫や砲弾クリップを貫ければ大ダメージを与えられる。
他のGodly重戦車と比較するとそちらが全身HAの塊のような鉄壁の防御を持つのに対し、こちらは持ち前の機動力とポールブロックやシュルツェン、ERAやミミックなどで敵の攻撃を受け流し減災する方向に傾倒しており、単純な防御性能ではやや劣る。
レーダーデコイ・フレアデコイが搭載されておりミサイルはその足の速さもあって当たり難い。
ミサイルで相対するならIRミサイルを時間差で撃ち込むか、レーザー誘導ミサイルを活用しよう。

機動性(A-)

「お前のような重戦車が居てたまるか!!」と全世界の重戦車が血涙を流しかねない恐るべき健脚持ち。
加速こそ少々重いが、一度速度に乗ってしまえば最高速度は60m/sにも達する。
ただ、速度が速過ぎてそのままでは転回時に横転するため複数のロール角制御スラスターで姿勢を無理やり維持しており、制御PIDが破壊されるとコントロールを失い片輪走行を行ったりする。

総評(A-)

極悪な攻撃性能を有するが、その設計は他のGodlyビークルと比較すると比較的普通な設計。
うまく後ろを取れば充分勝機はあるが、その前に叩き潰されては話にならない。
元が旧式とはいえGodlyの称号を持っている以上、生中な戦車や航空機ではまるで相手にならないので真剣に勝負しよう。

小ネタ

マグマ軍擬態兵器「対空戦車222號 ツングースカ」が原型。
元は砲弾はFlak一種だったのだが、対戦車性能が低すぎるというオーダーから片方をHESTに変更したところ大化けしてしまった怪物。(その後HESHATに更新された)
今では各勢力にこれをはるかに上回る割と自重していない魔物が増えているので相対的に弱体化しているが、それでもシンプルにまとまった性能を有していることに変わりはなく、簡単には勝たせてくれないだろう。
完全に余談だが、本戦車のFlak砲は製作当時製作者が作った中では最大最強の性能であった。
実はUGFの飛行要塞とも形容できる大型戦術攻撃機「フェンリル」が相手でも安定こそしないがタイマンで打ち倒せるだけの実力を持っている。

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する