清武

ページ名:清武

東清武

フルネーム 清武・ジャスパー・イェイツ・東
  Kiyotake Jasper Yates Azuma
性別 男性
生年月日 成暦1891年4月20日
年齢 25歳
身長/体重 164cm/53kg
職業 商社(実家)/とある組織幹部
出身地

大和皇国 東京府

(育ちはエマリオン合衆国 メリーランド州)

 

大和人の父親とエマリオン人の母親をもつ男性。フェリクスとパーシヴァルの長兄であり、弟たちのことをそれぞれ尚幸、尚武と東洋人名で呼称する。

黒髪のショートヘアと赤みを帯びた茶の瞳。父方の血が強いのか東洋人寄りの顔つきで幼く見える。未成年に間違えられることも多々ある。

一人称は俺、私。二人称はお前等。

 

いつも飄々とした態度をとっており、話し方は軽い。何においても随分と楽しそうにしており笑顔は絶やさない。

ただ、その「楽しい」と言っているものは相手を苦しめる事だったり騙す事だったりすることから、性根は歪んでいると思われる。

弟たちを非常に可愛がっているらしいが、弟たちからは嫌われている。

 

職業は「ヤクザみたいなもの」とフェリクスに言われており、真っ当な職でないことは明らか。一応表向きは商社勤めと言っている。

仕事場でのやり取りで、やたら遠回しな言い方をすることがあるが、どうやら国民性とのこと。また、大和語独特の言い回しをすることもあるが、大方通じていない。

ちなみに妻子持ち。一見夫婦仲、親子仲はいいが、清武本人はさほど妻子に愛情を抱いていない。

 

+趣味について-

幼少期の体験から欠損性愛という性的嗜好に目覚める。

それ以降、男女問わず四肢のどこか(または全て)が欠損している相手に対して、やたらと執着心や性欲を向けるようになった。

妻のことは「四肢のどこかが欠損していれば、もっと愛情をもてたかもしれない」という。