Fergus-E 概要

ページ名:Fergus-E 概要

作品紹介

ヨーロッパ各地にて、激しい争いが繰り広げられるようになってからおよそ二年。ヨーロッパより西の大国、エマリオン合衆国はかろうじて火の手を免れていた。

一見平和なこの国だが、様々な悩みを抱えトラブルに直面する者たちにとっては、決して平和とは言い切れなかった。

 

【Fergus と同一世界観の番外編。本編を読んでいなくとも特に問題なし】

【病を抱えているキャラクターが登場しますが、差別や侮辱の意図はありません】

 

詳細

Fergus-E(通称エマリオ編)は『成暦』1916年9月からの、エマリオン合衆国の東側に位置する海沿いの街を舞台とした物語。

メインとなる語り手は現時点ではブルーノ及びパーシヴァル。その他の人物にも視点が切り替わる。

ブルーノとパーシヴァルにはそれぞれ障碍や病を抱えた兄がいる。

ブルーノには交通事故によりまともにコミュニケーションも取れないほどになってしまったアルフレッドが。

パーシヴァルには幼少より足が不自由なフェリクスが。

例えどんな状況であろうと、兄弟として彼等を支えていた

しかし彼らが入院する病院にて不審死事件が発生する。