パーシヴァル

ページ名:パーシヴァル

パーシヴァル・イェイツ

 

フルネーム 尚武・パーシヴァル・イェイツ・東
  Naotake Perceval Yates Azuma
性別 男性
生年月日 成暦1897年1月10日
年齢 19歳
身長/体重 160cm/59㎏
出身地 エマリオン合衆国
所属 エマリオン合衆国陸軍
階級 少尉

 

Fergus-E の語り手の一人。黒髪の短髪と茶色の瞳をもつ。

小柄な体格の青年。見た目は子供だが、19歳と決して子供ではない。しかし、大和人とエマリオン人とのハーフであるためか、過剰に幼く見られることが多く、本人はそれが不満。

一人称:自分 二人称:貴方、貴様等

 

次兄のフェリクスを非常に慕っており、休暇の度に病院を訪れている。しかし不審死事件が発生してからは病院を訪れる回数が増えており、果たして仕事は大丈夫なのだろうかと不安になるほど。

因みに病院以外では美術館(または美術品店)に入り浸っており、一人暮らしをしている小部屋は厳選した絵画が並ぶ。生身の女性より絵の女性が好み。

ギャンブル好きという一面もありよくカジノに足を運んでいる。カードゲームが得意であるようで、勝率はなかなか良く、一晩で飛んでもない額を得たこともある。ただしフェリクスにバレて怒られた。

 

東洋人差別が蔓延ることから、大和人の名前で呼ばれることを非常に嫌い、極力「パーシヴァル/パーシー」もしくは「イェイツ」と呼ぶよう伝えるが、学校でも軍隊でもほぼ「東尚武」の方で呼ばれている。