ビルキース

ページ名:ビルキース

ウィリアム・キース

フルネーム ウィリアム・キース(通称:ビルキース)
  William Keyes(Bill Keyes)
本名 ギリェルモ・シルバ・マケーダ
  Guillermo Silva Macheda
性別 男性
生年月日 成暦1893年7月1日
年齢 23歳
身長/体重 178cm/75kg
職業 マスグレイヴ家使用人(ウォルトの付き人)
出身地 ヒスパニア王国

 

名家・マスグレイヴ家に勤める青年。使用人としての業務全般と子息ウォルターの付き人も勤める。メインは後者。

褐色の肌と蜂蜜色の髪、つり目気味のタイガーアイが特徴。背広の上からでもわかるほど体格がいい。

「ビルキース」という少々変わった愛称をもつ。学生時代周囲に「ウィリアム」や「ビル」がやたらと多かったため、呼び分けのために教師がつけたことがきっかけ。本人は割と気に入っている。

元々服飾系の職人であり手先は器用だが、使用人としての心得だの付き人としてどうすればいいかなどはからっきしだった。しかし、本人の希望とウォルターとの相性によりかれこれ七年ほど勤めている。

親にそろそろ結婚しろと言われることが最近の悩み。

 

幼少期に親の都合によりヒスパニアよりエマリオンに移住。その際ウィリアム・キースへと名を変えた。キースは親が世話になった人物の名前から。

外国人という理由で同級生から避けられ孤独な学生時代を送っていたが、中学時代にマスグレイヴ家四男・ソロモンと同部屋になってから彼のおかげもあり徐々に他者との交流を得て、様々な友人もできるように。

その後ソロモンのうっかり告白をきっかけに紆余曲折を経て恋人になる。不安を抱えつつも睦まじく交際を続けていたが――

ソロモンがビルキースに「僕に何かあったらウォルトを頼む」と言われたことをずっと覚えており、それを機にウォルターの付き人を希望した。