世界史

ページ名:世界史

 ここでは世界史について扱う

 

旧暦以前

  • -1500? 精霊の一部が人型を取るようになり(人精)、遥か北東、果ての断崖を越えた地で文明を築き始める。
  • -1400?   火おこしの戦争
  • ~-700?   人精の中でも容姿、嗜好、能力などによって生息域が分かれていく。
  • -400?   鎮火の戦争
  • -200? 森精、鉱精の2種族が人精の中で勢力を伸ばし始める。

旧暦

  • 001  聖ハワーズによる神民統治、セローバス。記録に残る最初の国。
  • 100  セローバスの辺境より奉公に赴いていた太祖シュトーレスが魔法を発案する。(古典魔法の始まり)
  • 300? セローバス王朝崩壊。七つに分裂、後の神系七王朝へ。
  • 460  神系七王朝間の不和、戦争。
    •   増えた難民の一部が、当時認識されていなかった地域を開拓する。
  • 470  戦争終結。神系七王朝の内、二国は戦争中に消滅。セローバスの正統なる後継をカーベスが継ぐ。
  • 500  初の西方国家レーヴィナが誕生。
  • 600  中央世界のぺーラス朝が北方魔界へと進出。魔族の一部と衝突。ペーラス朝の敗北と魔族の台頭。
            人類と魔族間で総力戦が始まる(焚き火の大戦)。
  • 603  魔力を用いた連絡手段が発展。星声のセナの決死行によって、魔族の長が発見される。
            人類はこの魔族の長へ魔王ヴェーダナとの固有名を付ける。
  • 610  魔王ヴェーダナ討伐を目指し会戦が幾度か行われるも戦況は停滞。
  • 626  へレス朝、魔族の侵攻により滅亡。人類はかつてない滅亡の危機に立たされる。
  • 628  魔王ヴェーダナ、25年ぶりにその存在が確認。人類、ケレウムの会戦にて大敗。
            これを機に、当時中央世界の総人口は100万を下回ったと考えられる。
  • 630  預言者、聖アルカナが最後の預言を娘ヘレナに託す。
        「長き闇、我らの苦難は報われる。10年後、化粧桜の咲く頃に、神は答えを示される。」
  • 635  当時の騎士団長トバラが剣士ネレス、術士セレナ、神官イサクと共に魔王ヴェーダナ討伐の旅に出る。
  • 640  魔族の侵攻が止む。
  • 645  剣士ネレスが北方魔界より帰還する。彼の証言から魔王ヴェーダナの死亡が判明する。
  • 650  剣士ネレス、魔王ヴェーダナ討伐の功を以て「勇者」と呼ばれるようになる。

    この焚き火の大戦終結を境に、新暦が開始される。

新暦

  • 001  剣士ネレスが突然の失踪。最後に確認された彼は北方魔界へと向かっていた。
  • 005  南方世界の開拓が進む。カーベス、勢力拡大へ。
  • 006  中央世界と西方世界の接触。約100年越しに交易が開始される。
  • 007  中央世界と魔族の間で史上初めて条約が締結。相互不可侵を原則として125の条約を結ぶ。
  • 010  東方龍界の開拓が始まるも、生じた被害の大きさから直ぐに止められる。以降、東方は呪われた地となる。
  • 015  南方世界の開拓が南海岸線へ到達する。カーベスからエンベレスが派生。
  • 020  時のカーベス王ベーテが神系七王朝統合を図る。
  • 025  西方世界のレーヴィナカーベスと国交を開始する。
  • 030  カーベスが中央世界のほぼ全域において実権を握る。(神民の大統治)
  • 040  ヤーレム教の神官、聖エレイムがカーベスの圧政を批判。処刑される。カーベスへの不満が募る。
  • 050  ヤーレム教の異端審問がカーベスに主導される。
  • 055  当時騎士団長であったレヴェーレがカーベスの玉座を強奪する。
  • 057  中央世界で大飢饉(レヴェーレの飢饉)が発生する。
  • 060  各地でカーベスへの反乱運動が始まるが、レヴェーレによって鎮圧。参加者は一族諸共処刑される。
  • 065  レーヴィナの王エリエムがカーベスの兵によって暗殺される。
  • 070  魔族領からカーベスへと使者が遣わされるも、相互不可侵を理由に追い返される。
  • 080  聖エレイムの弟子、聖イダムが5つの聖地を巡る巡礼の旅に出る。
  • 082  聖イダムが第一の聖地セローバスに到着。これを機に、彼を聖ハワーズの再来と崇める者が現れる。
  • 085  聖イダムが第二の聖地に到着。ここで博愛の悟りを得る。
  • 086  聖イダムが第三の聖地で博愛の演説を行う。これを切っ掛けに反乱軍が本格的に結成される。
  • 089  レヴェーレが神命勅令を発し、聖イダム率いる反乱軍との戦争状態に突入する。
  • 093  聖イダムがカーベスに捕縛され、死刑に処される。
  • 095  レヴェーレが民衆の手によって打ち倒される。
  • 096  聖イダムの盟友にして先代王エリエムの血を引くエーベールがカーベスの玉座に座す。
  • 105  聖イダムの思想に従い、エーベールがカーベスの支配していた領土の一部を各国に返還する。
  • 110  エーベールが玉座を退く。カーベスは執政官三人を代表とした世界初の共和制国家と名乗るようになる。
  • 115  カーベス主導で各地の魔種討伐が行われる。
  • 120  聖イダムの弟子レーエムが竜種との交流に成功する。
  • 135  カーベスの代表ジュダスと黎王龍ケセラが契約を結ぶ。
  • 145  人々の一部が東方竜界に移住していく。
  • 150  小国間での小競り合いが頻発していく。一部の人々が外海に進出していく。
  • 155  カーベスの貴族を中心に、格差社会が形成されていく。
  • 160  レーヴィナで奴隷の一部が叛乱。一部の地域で自治が認められる。
  • 170  竜騎民族の一部が東方龍界から侵入してくる。
  • 180  エンベレスカーベスとの貿易に不満を持ち、関係改善を求める声明文をヤーレム教に送る。
  • 180  エンベレスカーベスの間で戦争が勃発する。
  • 200  エンベレスを筆頭に、南方世界の各領が独立を果たす。
  • 213  中央世界の小国エヴァナが魔族との貿易を始める。
  • 215  中央世界の各国が魔族と貿易を行うようになる。
  • 226  魔族と中央世界の間で結ばれていた相互不可侵の条約が解約される。
  • 230  魔族と人間との混血が発見される。
  • 232  南方世界の各国を中心に海洋の探索が進む。
  • 236  南の海を越えた先に新たに陸地がある事が確認される。南方離界という呼称が定着する。
  • 250  南方離界への移民が募集される。
  • 255  南方離界にエンベレス支配下の最初の街セヴェラルが建造される。
  • 260  南方離界から流行り病が渡ってくる。
  • 261  流行り病が「死遊病」と呼ばれるようになる。
  • 263  ヤーレム教が南方異界との交易を一時的に禁止する。
  • 265  中央世界の人口の約五分の一が死遊病によって死去する。
  • 266  ヤーレム教の大司教ナヴェイが死遊病の治療方法を確立させる。
  • 271  ヤーレム教から死遊病の駆逐が完了したと発表される。
  • 275  南方離界近海で新種の鉱石が発見される。発見者にちなみラーハイトと名付けられる。
  • 282  エレルによってラーハイトに魔力を通すと魔力が蓄積されることが発見される。
  • 290  蓄積された魔力を動力とした船が開発される。覇走船との呼び名が定着する。
  • 300  貴族によるラーハイトの独占が進んでいく。
  • 303  南方離界を南下した先で海の果てが発見される。
  • 307  西方世界にラーハイトが持ち込まれる。
  • 309  西方世界におけるラーハイトの流通をレーヴィナが独占する。
  • 315  エンベレスの第一王子ラヴァスとカーベスの姫ヘレナが婚約を結ぶ。
  • 317  レーヴィナでラーハイトを主動力とした結界が考案される。(ラーハイト結界)
  • 320  ラーハイト結界の技術が中央世界に渡る。
  • 321  ラヴァスとヘレナの間に後の英雄アルマスが生まれる。
  • 325  東方の大英雄、翼王チェゲラによって、東方龍界の大山脈が踏破される。東方世界の発見。
  • 330  祈祷魔術で用いられてきた贄や捧げものの殆どがラーハイトに取って代わられるようになる。
  • 333  エンベレスで魔種の大討伐が行われる。
  • 334  エンベレスに棲息していた大型の魔種が絶滅する。
  • 337  炎の厄鳥ケレルが南方世界に突然発生する。同年、アルマスによって討伐される。
  • 340  聖バーラツにより、世界均衡論が提唱される。  
  • 341  アルマスが北の大魔樹シャバナを討伐。北方世界に凪の平原を開く。
  • 342  東方龍界の龍騎民族が翼王チェゲラによって束ねられる。
  • 343  アルマスが西の大迷宮”黄泉の花園”を攻略。西方世界の海岸線を解放に導く。
  • 344  翼王チェゲラが龍騎民族を率いて中央世界へ攻め入る。
  • 346  翼王チェゲラの率いる軍がラーミルの防衛線を通過、カーベスの国境にまで進軍する。
  • 347  アルマスが中央世界の君臨魔種、夢の畔のアンネロイを討伐する。
  • 350  翼王チェゲラと英雄アルマスによる一度目の決闘。
  • 352  黎王龍ケセラが当時のカーベスの執政官ヴァナージの要請を拒否する。
  • 353  翼王チェゲラによってラーミルの王都メヤーナが破壊される。
  • 354  翼王チェゲラと英雄アルマスによる二度目の決闘。
  • 356  魔種を従えて、翼王チェゲラがカーベスの王都セールベンを目指して進軍する。
  • 357  翼王チェゲラの戦力増加の阻止を図ってアルマスが北東の山脈の麓の邪竜バルツァーダルを討伐する。
  • 360  翼王チェゲラと英雄アルマスによる三度目の決闘。チェゲラが討ち取られたことで彼の軍は瓦解する。
  • 362  アルスが東方世界に辿り着く。その道中でドラゴタイトを発見する。
  • 365  中央世界から東方世界への交通網の開拓が始まる。
  • 370  翼王チェゲラとの戦いで受けた呪いによってアルスが死亡する。
  • 373  東方世界にカーベスの支配する都市が建造される。
  • 377  ドラゴタイトがラーハイトの代用品として実験的に使用され、都市が一つ吹き飛ぶ。
  • 378  新たなエネルギー源としてドラゴタイトを安全に運用する方法が研究される。
  • 382  相次ぐ事故から、ドラゴタイトの取り扱いが国家によって厳重に管理されるようになる。
  • 385  ドラゴタイトとラーハイトの混合物が魔法の効力を引き上げる増強剤として煎じられるようになる。
  • 390  増強剤の改良が進むとともに、”砲台”としての人身供物が史上最大規模にまで増加する。
  • 392  ラーハイトを人体に埋め込むことで半永久的な動力源を得ることが可能になる。
  • 398  東方世界の住民が奴隷として流通するようになる。
  • 400  預言者、聖ナサレが預言を授かる。
            「100年の内に備えよ。世界は生まれ変わる。悪なき世、美しき未来を生き延びよ。」
  • 407  復興途中のラーミルで溢れた孤児が奴隷として市場に流れる。
  • 415  ラーミルで少子化が大きな問題となる。国を挙げて孤児の保護に取り組むようになる。
  • 423  人類の棲息圏が北西の果ての断崖を越える。魔族を除いた異種族と人類の初遭遇。
  •  
  • 500  魔法技術が突如として消失する。「悪なき世」の到来。古典魔法の殆どが失伝する。
  •  
  • 600  魔法技術の失伝に伴い、国が分裂していく。カーベスの崩壊。
  •  
  • 700  レーヴィナが崩壊。西方世界の統一を目指し、各領が争い始める。
  •  
  • 800  各地で奴隷の独立運動が起こる。
  •  
  • 900  聖ネレウの預言により、世界が統一化へと向かう。各人種間の差別が是正されていく。
        「亡びは来たる。西の大地より再来したる。剣と仲間をその手に取りて未来に来たる災いに備えよ。」
  •  
  • 1000  西方領域が二つに割れる。同時に冥王龍ベネトが出現し莫大な被害を齎す。(篝火の災害
  •  
  • 1150   聖ベエルがゲン・エデナ大陸を発見し帰還する。
  •  
  • 1400   西方世界の大穴から魔神の軍勢が侵攻を開始。地上の人類は天属種と共にこれと反撃する。(聖火の大戦)

 


誓暦

  • 100  現在

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する