左メニュー

ページ名:左メニュー

[トップ]
 +[概要仕様]
 +[基本仕様 (目次)]
   +[1. 概要]
   +[2. SSF-OS のアーキテクチャ]
   +[3. タスク管理]
   +[4. 準タスク管理]
   +[5. アプリケーション・モード]

 

掲示板

雑談・質問・相談掲示板

更新履歴

最近のコメント

カウンター

サイト全体: 7272

今日: 3

昨日: 1

その他

シェアボタン: このページをSNSに投稿するのに便利です。


最近更新されたページ

トップページ

SSF-OS の解説WikiへようこそSSF-OS はARM Cortex-A 向けのリアルタイムOS です。このWiki では、SSF-OS の仕様解説、使い方についての解説を行う予定です。ちなみに...

左メニュー

[トップ] +[概要仕様] +[基本仕様 (目次)]   +[1. 概要]   +[2. SSF-OS のアーキテクチャ] &nb...

基本仕様

SSF-OS 基本仕様 (目次)1. 概要2. SSF-OS のアーキテクチャ3. タスク管理4. 準タスク管理5. アプリケーション・モード6. 割り込み管理7. イベント8. リソース管理9. セ...

基本仕様

5. アプリケーション・モードSSF-OS が異なる動作モードで起動できるように、アプリケーション・モードを用意する。アプリケーション・モードはビットマップで与えられる。すなわち、SSF-OS では、...

基本仕様

4. 準タスク管理4.1 準タスクの概念4.2 準タスク状態モデル4.3 準タスクのアクティベート4.4 準タスク・スイッチング・メカニズム4.5 準タスク優先度4.6 スケジューリング・ポリシー4....

基本仕様

4.8 準タスクの属性と状態準タスクの属性として以下を定義する。TA_ACT        0x02    自...

基本仕様

4.7 準タスクの終了SSF-OS では、準タスクの強制終了をサポートしない。つまり、他タスクやISR からのシステム・サービス/サービス・コール発行により、自準タスクが強制終了させられることはない。...

基本仕様

4.6 スケジューリング・ポリシーSSF-OS は、優先度ベース・スケジューリング方式と、FCFS 方式を組み合わせた準タスク・スケジューリングを採用する。準タスクはスケジューリング・トリガにより、ス...

基本仕様

4.5 準タスク優先度スケジューラは、READY 状態の準タスクの準タスク優先度に基づいて、次にRUNNING 状態に遷移する準タスクを決定する。準タスク優先度の値31は最低優先度として定義される。数...

基本仕様

4.4 準タスク・スイッチング・メカニズムマルチタスクの原理により、SSF-OS は複数の準タスクを同時に実行できる。したがって、スケジューリング・ポリシーを明確に定義する必要がある。スケジューリング...

基本仕様

4.3 準タスクのアクティベート準タスクはアクティベートにより、起動アドレスの命令から実行される状態になる。SSF-OS は、準タスク起動時に、C 関数呼び出しのようにパラメータを渡す方法を用意する。...

基本仕様

4.2 準タスク状態モデルプロセッサはいつでも準タスクの1つの命令しか実行できないので、準タスクは複数の状態間で変更する必要があるが、同時に複数の準タスクがプロセッサを奪い合う場合がある。SSF-OS...

基本仕様

4.1 準タスクの概念SSF-OS は、準タスクの同時および非同時性の実行を提供する。準タスクのスケジューラは準タスクの実行順を制御する。SSF-OS は準タスクの切り替えメカニズムを提供し、そのメカ...

基本仕様

3. タスク管理3.1 タスクの概念3.2 タスク状態モデル3.3 タスクのアクティベート3.4 タスク・スイッチング・メカニズム3.5 タスク優先度3.6 スケジューリング・ポリシー3.7 タスクの...

基本仕様

3.8 タスクの属性と状態タスクの属性として以下を定義する。TA_ACT        0x02  &nbsp...

基本仕様

3.7 タスクの終了SSF-OS では、タスクはそれ自体を終了することしかできない。つまり、他タスクやISR からのシステム・サービス発行により、自タスクが強制終了させられることはない。SSF-OS ...

基本仕様

3.6 スケジューリング・ポリシーSSF-OS では、以下の2種類のタスク・スケジューリングを提供する・スケジューリング・トリガの発生時に、直ちにタスク・スケジューリングを行うスケジューリング方式・明...

基本仕様

3.5 タスク優先度スケジューラは、READY 状態のタスクのタスク優先度に基づいて、次にRUNNING 状態に遷移するタスクを決定する。タスク優先度の値0は最低優先度として定義される。数字が大きくな...

基本仕様

3.4 タスク・スイッチング・メカニズムマルチタスクの原理により、SSF-OS は複数のタスクを同時に実行できる。したがって、スケジューリング・ポリシーを明確に定義する必要がある。スケジューリング・ポ...

基本仕様

3.3 タスクのアクティベートタスクをアクティベートするために、SSF-OS はActivateTaskとChainTaskの2つのシステム・サービスを用意する。アクティベートにより、タスクは最初の命...