どういうwikiなのか

ページ名:どういうwikiなのか

どういうwikiなのか

昔々あるところに、「過去、正月三が日を共に過ごしたこともある『メガミの笑壺』がクソゲー呼ばわりされてる!」と憤った人がいました。
その勢いでメガミの笑壺の再検証を自分でしたらやっぱりクソゲーだったそうな。めでたしめでたし。
その過程で生まれたのが前身のメガミの笑壺wiki。しかしatwikiがなんやかんやあって移転することになりました。
移転ついでにメガミの笑壺の比較用に調べた他の漫才ゲームも取り扱ってしまえ。でこのwikiが出来たとさ。


Q&A

  • ナニココ

恐らく地球上で唯一のメガミの笑壺攻略サイト(+α)。


  • なんで作ったの

誰も作らなかったから。


  • なんで編集権限管理者のみなの

①…攻略サイトの代わりにwiki使ってるだけだから。
②…仮に誰でも編集可能にしたとして、メガミの笑壺だのをwikiの編集できるまでやってる人間が何人居ると思う!?
そういう訳でメンバーの承認も行いません。あしからず。(誰でも編集が出来ないのでwikiではなく「なんか」。)


このwikiで取り扱うゲーム

※「いつか取り扱いたいなあ」ぐらいなのですぐにでもページを作る!ってわけではない。期待をしてはいけない。

◎(全部取り扱う)…家庭用機・AC・PCで発売された漫才ゲーム

例…「メガミの笑壺シリーズ」「ツッコミ養成ギブス ナイスツッコミ」「芸人街道膝栗毛」
ジャンルが「漫才体感ゲーム」だとか「漫才シミュレーション」だとかのやつ。
ボケとツッコミがいてプレイヤーがツッコむことで得点が入ったりするやつ。
とにかく要点を書きだしたらきりがない。漫才のゲームは全て取り扱います。


△(一部取り扱う)…スマホで発売された漫才ゲーム

例「Manzai(芸人のいのうちはじめ氏が作成したアプリ)」
iPhone対応してないと今の環境だと遊べない・スマホアプリってありすぎて手を出すと沼
等の理由でごく一部のみ取り扱います。ちなみに「Manzai」はAndroid限なので取り扱えません!


△(一部取り扱う)…漫才が作中で登場するゲーム

例…「ときめきメモリアル ドラマVol.2 彩のラブソング 」「アザーライフ アザードリームス」
前者のときメモはボケに適切なツッコミをしないといけない(=ツッコまないとゲームオーバーになる)ので漫才ゲームとみなします。
ただ、後者のアザーライフはゲーム性があるのか、漫才をテキスト送りするだけなのかが検証しないとわからないので未定です。


?(未定)…漫才を使った動画ソフト

例…「くりぃむしちゅーも観ながらいろいろゴチャゴチャ言ってますけど…笑いのタマゴLサイズ(おひとり様何回でも)」
本来ならゲームでもなんでもないので取り扱わないはず…。
しかしメガミの笑壺(PSP版)と発売機種が同じ、しかも発売日が一週間違いという巡り合わせのせいで取り扱わないといけない感も…
つまり未定。


〇(極力全部取り扱う)…ツッコミゲーム

例…「銀魂 万事屋ちゅ~ぶ ツッコマブル動画」「魁!!クロマティ高校 ~これはひょっとしてゲームなのか!?編」「ツッコマニア」
画面のおかしいところにツッコむ系のゲーム。漫才ゲーと違うのはツッコむ相手が漫才コンビのボケじゃないということ。
ツッコむというゲームの根本は変わってないので極力取り扱いたい。
しかし、何故かこのタイプにはキャラゲーが多いのでそっち方面でギブアップする可能性が。


×(基本取り扱わない)…漫才師の芸能人ゲー

例…「さんまの名探偵」「ナイナイの迷探偵」
作中にコメディ要素があっても、本編は普通のADVなので取り扱いません。
ただ、ナイナイはキャッチコピーが「世界初 ツッコミゲー」なので、取り扱わないといけないかもしれない…。


××(絶対に取り扱わない)…漫才師じゃない芸能人の、名前に「ボケ」と付いてるだけのゲーム

例…「榎本加奈子のボケ診断ゲーム」
勘弁してください。


?(わからん)…リズム天国のミニゲーム「まんざい」

取り扱ってもいいけど…なんか書くことある?
とりあえずリズム天国のミニゲームはメガミの笑壺より面白いよ。