アールパード朝の歴代首長

ページ名:アールパード朝の歴代首長

 【質問】
 アールパード朝の歴代首長を教えられたし.

 【回答】

在位期間  首長 備考
896-907  アールパード Árpád   
907–946  ゾルタ―ン Zoltán  
946–972 タクショニ Taksony  
972-997 ゲーザ  Géza  
   (ここから国王)  
997-1038  イシュトヴァーン一世 I. István   
1038-1041  ペーテル Péter  
1041-1044 シャームエル Sámuel アバ家出自 
1044-1046 ペーテル Péter  復位
1046-1061  アンドラーシュ一世 I. András  
1061-1063 ベーラ一世 I. Béla  
1063-1074 シャラモン Salamon  
1074-1077 ゲーザ一世 I. Géza  
1077-1095 ラースロー一世 I. László  
1095-1114 カールマーン Kálmán  
1114-1131 イシュトヴァーン二世 II. István  
1131-1141 ベーラ二世 II. Béla  
1141-1161 ゲーザ二世 II. Géza  
1161-1172  イシュトヴァーン三世 III. István    在位期間 対立王  
1161-1162   ラースロー二世 II. László   
1162-1163  イシュトヴァーン四世 IV. István   
1973-1196 ベーラ三世 III. Béla  
1196-1204 イムレ Imre  
1204-1205 ラースロー三世 III. László  
1205-1235 アンドラーシュ二世 II. András  
1235-1270 ベーラ四世 IV. Béla  
1270-1272 イシュトヴァーン五世 V. István  
1272-1290 ラースロー四世 IV. László   
1290-1301 アンドラーシュ三世 III. András   

 【参考ページ】
矢田俊隆編『東欧史』(山川出版社,1977)

2017.1.3

 ご承知のこととは思うのですが,イシュトヴァーン1世以前は西欧社会に承認されたハンガリー王ではなく,マジャール人の族長扱いでした.
 恒文社のハンガリー史では「大首長」と表記,そのほかでは大公と表記している例もあります.

 マジャールの首長の位は最高位が「ケンデkende」で,パンノニア平原に定住した時点ではクルサーンが,それに次ぐのが「ジュラgyula」のアールパードでした.
 904年にクルサーンがバイエルン公にだまし討ちにされると,アールパードが「ケンデ」になったようです.
 あと,「ホルカhorka」という位もあり,上記のハンガリー史ではジュラおよびホルカはケンデに次ぐものと書かれており,ジュラとどちらが上位なのか判然としません.

 大公と書かれているのは,首長を意味するフェイエデレムFejedelemの英訳がプリンスだからのようです.

 あと,ゾルターン(ジョルトZsolt)とタクショーニ(タクショニュの間にファリチィFalicsiという人物がいたようです.
https://hu.wikipedia.org/wiki/Falicsi_magyar_fejedelem
 英文ウィキの参考文献のエンゲル・パルの本は持っているので,確認してみます.

ギシュクラ mixi,2017年01月04日