アールパードのイタリア遠征

ページ名:アールパードのイタリア遠征

 【質問】

 アールパードのイタリア遠征について3行以上で教えてください.
Kérem, mondja meg az Árpád Támadása Olaszországonot a három vagy több sorban.

 【回答】
 カルパチア盆地を制したアールパードは,899年にブレンタ Brenta 川の戦いにおいて イタリア王 ベレンガリオ 1世 Berengario I の軍勢を破り,イタリア北部へ侵入した.
 マジャル人はトレヴィーゾ,ヴィチェンツァ,ヴェローナ,ブレーシャ,ベルガモ,ミラノの近郊において虐殺を行ったが,そのころまだ遊牧民であった彼らは攻城戦には不慣れだったので,壁に囲まれた城や大都市を攻撃することは無かったという.
 パンノニアを支配下に置いて引き揚げた後,901年にも再び来襲したが,ケルンテン Kärnten において敗北し,905年のアールパード死後に内紛が発生.
 その間,ベレンガリオは懐柔工作を行ってマジャル人を傭兵として味方に引き入れることに成功したのだった.

 まあ,その後,この傭兵がイタリア人虐殺を行ったことで,ベレンガリオの立場がまずくなるんだけどね…

「こうして南からイスラム勢力,北からはノルマン・ヴァイキング,東からはマジャール人の侵攻を受けて,西方キリスト教世界はガタガタになっていた」
(藤沢道郎『物語 イタリアの歴史II』(中央公論新社,2004),p.56)

 【参考ページ】
南塚信吾『図説 ハンガリーの歴史』(河出書房新社,2012), p.10
http://theancientweb.com/explore/europe/hungary/
http://www.historyworld.net/wrldhis/PlainTextHistories.asp?historyid=ab87

イタリアのフレスコ画に残る,マジャル人戦士の絵
(wikipediaより)

mixi, 2017.1.28