CD-ROM

ページ名:CD-ROM

CD-ROMドライバ

np21     

  • NECCDD.SYSが基本 (注:NECCDD.SYSはセカンダリ・マスターでしかCD-ROMを認識しない)
  • np21/w, np2x, np2fmgenはNECCDM.SYS, NECCDC.SYSも動く (np2fmgenはiniのENHANCEDのbit0を1にし、F8E8:0010のbit2を1に設定する必要)
  • NECCDD.SYSはファイルサイズ 19,388バイトと17,616バイトの2種類で、後者(リンク)の方がエミュでの互換性は高い模様。(タイムスタンプが異なるものでもサイズが同じものは、ハッシュも同じらしい)
  • うまく認識しない場合は patacd.sysを試してみる。(MSCDEX互換 shsucdxも合わせてみるのも良いかも)

SL9821

  • NECCDA.SYS(SCSI ID6固定?) もしくは CD-SD STD(要アセンブル・パッチ: T98-Nextの項参照)
  • NECCDB.SYSも動くが、CDが入っていないとハングするという報告も。

T98-Next

Anex86 

  • プラグインファイル anecdxnt.e86 が必要。
  • デバイスドライバは同梱のCDX.SYSを使う。(詳細は同梱のreadme.txt参照のこと)

DOSBox-X

  • Ver. 0.83.24, 0.84.1 でNECCDC.SYS が使用可能との報告あり (参考: 5ch PC-98エミュを語ろう21)
  • ISOのimgmount時にオプション -ide 2m を設定 (セカンダリ マスタ)
  • Bootしなければ、imgmount または mountで認識可能 (MSCDEXエミュレーション機能を内蔵)

雑情報

  • NECCDM.SYSは2種類(Windows95 OSR2付属とWindows98, 98SE付属) 参考: K.Takata's soft
  • NECCD[D][M].SYSをセカンダリ・スレーブ接続対応にするパッチ

   neccdm.sys (Win98, Win98SE) 参考:98maniacs  (np21/w ver0.86rev82β2でパッチ不要に)
    00003823: 02 → 04
    000038A2: 08 → 04
   neccdm.sys (Win95 OSR2)
    000040E1: 08 → 04

   NECCDD.SYS(17,616バイト版) 参考: PC-98エミュを語ろう19

    1EBCh "B0 E0"→"B0 F0"
    2054h "B0 E0"→"B0 F0"
    2682h "B0 E0"→"B0 F0"

  • NECCDD.SYS(17,616バイト版)は、ドライバ読み込み時にドライブが見つからないと10秒待つ仕様で、以下で対応。 参考:np2fmgen 避難所

   メモリのF8E8:0011のbit7を0にする(np2fmgenではENHANCEDのbit0を1にしてRAM化する必要) または

   バイナリエディタでE0 2E(10秒)を検索し、B0 04(1秒)または58 02(0.5秒)に変えてみる。(アドレス0000:262Bとの報告もあり)