リチェルカ・オズメルト

ページ名: リチェルカ_オズメルト

名前: リチェルカ・オズメルト
性別:女
年齢:17
誕生日:3/30
身長:155cm
愛好/得意:兄 告天子 ひとり 静寂 魔術
嫌悪/苦手:孤独 魔術 余計なしがらみ
一人称:私
二人称:お前、あなた
所属:BlueRose探偵事務所


BlueRose探偵事務所の主人。
数千年にひとりというレベルの稀代の天才魔術師。結界魔術や刻紋魔術、錬成魔術に他多数の魔術系統に秀でている。その中でも結界魔術は過去を含めても全魔術師中最高峰の才覚を有しており、その超度はおよそすべての現代兵器を容易く防ぎうるほど。

過去の経験から他人をあまり信用しないようにしている。しかし根はお人好しとも言えるほどに優しいため、人の好意や親切を無下にできない。
他人と積極的に関わろうとせず、突き放すような態度をとるが、それは自衛のためだけではなく、自分に関わった人間も不幸になるのではないかという強い思い込みが彼女の中にあるからである。
自分を下に見がちで、やや自虐的な面もある。
精神面にやや不安定さが残るものの、それは告天子やBlueRoseの仲間と交流を深める過程で回復しつつある。

当初は告天子に対して強い嫌悪と恐怖を向けていたが、時間の経過とともにその感覚は麻痺しており、現在では無意識のうちに兄の姿を重ねて心の拠り所としている。リチェルカ自身はそれを認めたくないため、気付いてしまわないように目をそらし続けている。

魔術だけではなく身体能力も優れている。鍛えているわけではないが、それでも素の身体能力で告天子を上回っている。これはオズメルトの血族が魔女の継承者として設計された器のため。
戦闘は苦手だが、常軌を逸した才覚を有する彼女にとって大抵の魔術師や吸血鬼は相手にならない。魔性の影響を受けなくては真価を発揮できない告天子と違って彼女は素の能力も安定して高く、致命的な相性でもない限り十処鬼や薔薇連盟の吸血鬼とも十分に競える。

彼女は現代の人間ではなく、生まれは数百年も遡る。
有り余る才知からかつては神童と持て囃されたが、度重なる暴走によって幾度も大災害を引き起こしてしまったため人々に恐れられるようになった。
リチェルカはこれ以上大切な人たち迷惑を掛けないために翡翠の魔女に協力を仰いで数百年後の未来へ逃げることを選択した。それからは独り静かに魔術の研究を行っていたが、告天子との出会いによって運命の歯車は動き出した。

彼女の瞳が黄金の輝きに満ちる時、狂える魔女は顕れる。
リチェルカ・オズメルトとしての自我は強制的に封じられ、周囲の生命と文明を無差別に破壊するために魔術を振るう災害と化す。
これは無貌の魔女が翡翠の魔女の後継者候補を潰すために仕掛けた罠であり、翡翠の魔女の干渉力では対処しきれなかった高度な暴走装置。
告天子との初邂逅時、彼によってこの呪いは破壊された。

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する