Loreエズモ

ページ名:Loreエズモ
現在翻訳未完成です

エズモ

-Aradu and the Imp-
アラドゥと小さな悪魔

by クリストファー・ハロウ

 

「今日は大事な日だぜ、オーレ アラドゥ」だらしない恰好をしたウォーロックは、自分にこう言いながら、贅沢な素材で作られた-しかしチープな造りをしている-紫色のマントを羽織りました。「ここまで53年といろんな変化を要したが、魔術の世界はついにオレの完璧な才能を認めるに違いないぜ」彼はもじゃもじゃの顎ヒゲに絡んだ遅めの朝食の破片を引っこ抜き、強めの口調で叫びます。

「オマエは悪魔を駆り立てる! ゼリディオンのウォーロック共は、何が奴らを襲ったかすら認識しないだろうな!」アラドゥは、鏡に映る自分にウインクしながら言った。……『ゼリディオンのウォーロック達』というのは、トゥレンの街にて開かれる影の魔術師たちの社交場であり、毎週のように、誰が最も『おぞましく、そして悪辣な、最新の悪魔的召喚』を披露したかを決めるため、そしてかなり高価な品揃えの高級チーズを試食するために毎週集まります。

トゥレンにおいては、黒魔術と悪魔学の慣行は禁じられていましたが、ウォーロック達は毎週集会の場所を変え、幻想の魔術でそれらを隠すことより、地元の法執行機関と魔術師殺しの追跡を逃れています。
 

集会のリーダーであるグランドアルカニストは、ドール'ハザンという謎の魔術師です。彼の正体は、『ディープナイト』が世界を混迷の中に陥れた時期よりも前に存在した『嵐の学校』の校長、『ファラン ゴール』その人であるという噂があります。……勿論、ディープナイトは何世紀も前に起こったことであるため、この噂は単なる憶測にすぎません。真実を知ろうにも、学校の公式記録はすべて大惨事によって破壊されてしまっています。

ドール'ハザンは特に悪魔学に秀でており、彼は文明世界において最も強力な悪魔とされる『マール'コンテンタス』を従えました。 マール'コンテンタスは7フィートの体躯を持ち、背中に素晴らしい漆黒のマントを羽織り、強大で強靭なコウモリの翼を携え、そして彼の巨大な頭には、オニキスのような黒い角が聳えていました。 彼の目はエメラルドの炎に包まれており、そして彼は概して、かなり堂々と、厳かな立ち振る舞いをしていました。

マール'コンテンタスは、そのような位の低い存在-人間-の支配下に置かれていることに大いに憤慨していました。そして彼はこの憤慨を、彼の下僕の中でも特に優れた、いたずら好きの小さな悪魔、『エズモ』に毎日向けました。 あともう少したら、エズモの話題に戻ります。

どの記録を参照しても、結局は週毎に場所を変えているため、ゼリディオンのウォーロック達が毎週会った場所を突き止めることはほとんど不可能でしたが、不思議なことに、あり得ないほどに低かったチャンスをつかみ取ったアラドゥは、なんとか排他的であるはずの会員たちを騙し、ワンタイムオーディション予定を取り付けました。……賄賂や脅迫によって。 そして、今夜のテストは、錬金術のアカデミーの、ほこりっぽい地下室で行われることになっていました。

アラドゥは蛍光緑の魔術師帽を被り、改めて鏡に映る自分を確認し直しました。その緑は、紫色のマントと激しく食い違いました。アラドゥのファッションセンスは、彼の魔術への適性とほぼ同じレベルに致命的でした。彼はそれを、ちょっと前に起きた出来事で作ってしまったたんこぶを刺激しないよう、注意深く被りました。

……アラドゥについて理解するべき、重要なことがあります。おわかりのように、彼はかなりの無能な魔法使いです。実際、無能さが魔法使いの位を決める規律であるならば、アラドゥはアーチメイジクラスに位置づけられるでしょう。

しかし、彼は単に怠けていたわけではありません。 彼は考えを凝らし、それを実行しようとすることを止めませんでした。 例えば、今朝早くに、彼は『引き出しの一番上の棚から下着を取り出すための呪文』を実行しました。そのために「我が下着、我はお前のあやつり主であるぞ。その棚から出でて、我が手に渡るがよい!」と彼が言うと、アラドゥのもとに勢いよく『下着が引き寄せられ』、そして、棚は彼をノックアウし、床にのびさせました。 これがたんこぶの原因で、 少なくとも彼はそのまま昼近くまで眠りました。

家の外に出て、彼が陽気にホップ・スキップしていた所、乱雑でゆるい舗装のレンガにつまづいて、地面とキスしました。 アラドゥは非常に不器用で、反射神経も生まれたばかりのダチョウ並でした。 彼はそのようにして彼の人生のすべてをやり続け、『自らの計り知れない天才とのバランスをとるため』として、それを受け入れていただけでした。 うーん…… ごきげんな散歩の後、そしていくつかの死に近い経験と共に、アラドゥはついにアカデミーに到着しました。

Aradu waltzed right in like he owned the place, admiring the massive arches and crystal chandeliers hanging high from the ceiling. The College was unusually quiet, even if it was night time. "Well, that surely is peculiar," Aradu thought as he made his way through the main lobby and to the basement door.

Aradu fumbled down the dusty, creaking steps and found himself in the grand presence of… no one at all. Moth-eaten couches, long discarded books and abandoned alchemical equipment was all that waited for him in the cobweb wallpapered cellar. He stood puzzled for a moment, then it hit him. "THIS must be the test. Of course, they wouldn’t hold the meeting out in the open. There must be some hidden contraption to open the secret door. Very clever I must say," Aradu admitted.

Aradu scoured the room, searching for any detail that might seem out of place. To his eyes, nothing looked out of the ordinary. Then in a sudden jolt inspiration (or more accurately, frustration), Aradu began to turn over the couches and toss around the books and equipment, searching for any lever or button that would lead to a secret room. After a while, he collapsed, out of breath and ideas.

In between huffs of heavy breathing, Aradu heard some strange noises coming from the back wall of the room. He crept closer and placed his ear against the wall, closed his eyes and concentrated on the sounds. He could hear a few people whispering but could not make out what they were saying. "They must be all talking about ME," Aradu thought to himself. "No doubt evaluating my stunning display of ambition and fortuitousness."

Who could blame them really, who wouldn’t be excited to meet Aradu the Reserved, master of… well, nothing at the moment. But he was working on it. Don’t let your dreams remain dreams, kids. Realize them!

Then a brilliant idea struck Aradu. Since the Xeridion Warlocks were obviously watching him by way of hidden magic behind the wall, he decided to show off his magical prowess. Magic was challenging in its own right for humans to perform, but he thought to surely impress them by combining two schools of magic. Transmutation and translocation. Combining a ghost form spell with a transportation spell.

The idea was to give himself an incorporeal form, then use the transportation spell to blast himself through the wall and avoid colliding with anything on the other side. Aradu had heard of people sending themselves through walls without a ghost form, and ending up a permanent part of a grandfather clock. Aradu was far too clever to make that mistake.

The nature of this spell called for magical energy to be concentrated on a crystalline substance. It has to do with the fact that a crystal can change density when it’s formed, but the details are not important. Aradu reached into his pockets and grabbed two pale-blue crystal balls each about the size of a large egg. He closed his eyes and channelled his energy as he chanted "Ghosts as pale as these crystal balls, send my body through these walls."

As Aradu chanted, the whispers in the other room ceased utterly. Mists as pale as moonlight emerged from the crystals. It swirled down his legs and under his feet. A spinning disk made of clouds formed and started whirling into a miniature tornado, spinning faster and lifting Aradu up. "It’s working, it’s really working! My magical abilities know no bounds!", Aradu exclaimed excitedly.

Aradu was about three feet off the ground as the tornado enveloped his body like hundreds of misty threads weaving a giant sock around him. With a sudden thrust forward, Aradu was propelled straight through the wall and into the secret chamber beyond. What Aradu saw next amazed and terrified him. He found himself in what must be Grand Arcanist Dor’Hazan’s private secret ritual chambers.

The walls were lined with shelves upon shelves of dusty tomes. The room was dimly lit by an old chandelier made of the blackened bones of what once was a dragon, with silver candles emanating eerie green flames. Expensive alchemical kits and enchanting devices sat in corners.

Wondrous and ancient magical artefacts sat on pedestals along the walls. A blood-red sword with a curved blade that wavered like ripples in a pond. It whispered in what Aradu assumed was the voices of the souls it had taken. A massive alabaster skull helmet with black smoke slowly pouring out of the eye sockets. A sparkling vermillion, jewel-encrusted wand, in which the gem at the tip changed color every other moment.

But of all the wonders of the room, what caught Aradu’s fancy the most, was the ritual pentagram at the center of the chamber. Aradu himself wasn’t much of a demon summoner, in fact, he’d never even seen a demon before. But he knew enough of the basics to recognize a demonic circle when he saw one.

Suddenly the most incredible idea struck him. What if he was to summon and control a demon to rival the one Dor’Hazan kept in his thrall? Surely the Xeridion Warlocks would be awed by his power and wit and let them into their secret club. Why, with a demon to rival Mal’Kontentus, he could take over the club himself. Grand Arcanist Aradu, Arch-Warlock, Lord of Demons. Oh, he liked the sound of that.

Aradu scurried over to the demon circle and to his luck found a dusty tome there on a wooden pedestal. It was opened on the page of "Summoning Greater Chthonic Forces" and Aradu rubbed his hands together like a mischievous little imp. He had all of the necessary ingredients sans the most important one - "the blood of a Master Wizard."

Unfortunately, this is where Aradu’s luck began to fizzle out. Aradu was, of course, convinced that he was indeed a "Master Wizard" and cut his palm in extreme confidence. He poured his blood into the onyx bowl and placed it at the center of the circle.

Then, he began the incantation, "Hear me, being from the black beyond, heed the call of your master. I, Aradu, summon thee from the abyss, bound by shackles of alabaster!" The lines of the circle began to glow in the green light. The room slowly began to shake. A slow rumble started to steadily build with the appearance of swirling purple and black smoke forming in the center of the circle. The ritual was working!

The rumbling started to subside, the green glow dimmed and the swirling smoke dissipated to reveal the form of… an imp? The creature wore a strange purple hood and where his face was supposed to be was nothing but a large mouth lined with pointed teeth and filled with fire. It had grey skin and clawed hands. But it was barely three feet tall! The creature, as you have probably guessed, was none other than Ezmo the Mischievous. Yet, this was hardly the Greater Demon Aradu had sought to summon.

"Confound it!", Aradu shrieked. "This won’t do, this won’t do at all. There must have been a mistake in the ritual". Ezmo stretched out and yawned. "No mistake. You got what you paid for, buddy." Aradu slumped to the floor in frustration. He couldn’t do the ritual again, he was out of materials. But he might as well see what he’d summoned, he thought. Perhaps, he could get some use out of it. Aradu used his most official and authoritative voice.

"Ahem, I am Aradu the Reserved. Demon, what are you, what are your abilities? What is your name? Speak quickly", Aradu commanded.

Now there are many different rules that one must learn if he were to take the extreme risk of summoning a demon. But, none are more critical than the cardinal rule: Never under ANY circumstances do you give a demon your name. Names have power, to know one’s name is to control them. That was big mistake number one.

Another rule that Aradu wasn’t aware of was that a bound demon must answer truthfully to any question he is asked as long as he is in the circle. Though he does not have to state truths if he is not asked questions directly. A shrewd demon could use this loophole to his advantage. And Ezmo was one of the shrewdest.

「ええ、あなたがはっきりとわかるように、私はエズモです。私は何をすればいいでしょうか、わが召喚者? ……まあ、こういうのはどちらかというと一般的な問いですね。本当は、あなたが私に問うべきです。例えば『エズモ、お前は何を出来るのだ?』……といった具合に」Ezmoは満面の笑顔で微笑みました。彼の口が彼の顔の全てを占めているという意味で、文字通り満面の笑顔でした。

アラドゥはしばらくこれを熟考し、それからもう一つの重大な過ちを犯しました。 彼は質問しなかった。「まあ、お前はかなり小柄で、さほど恐ろしい見た目でもない。そんなお前が何をできるかなど、想像もできないな」 エズモの口は、あふれんばかりのいたずらに輝いていました。「では、私に教えてください。私の現在のあるじは、強大なる悪魔、マール'コンテンタス自身に他ありませんね。そしてあなたがグランドアルカニスト、ドール'ハザンの部屋におわすということは、マール'コンテンタスがドール'ハザンによって使役されていることもご存知かと思います」アラドゥはイラつきながら頷いた。「 ああそうとも、そんなことは全部知っているとも。小さな悪魔よ、簡潔に話を済ませないか!」

「ええ。あの強大なる悪魔は、『貴様は我が翼を傷付けた、ならば我も貴様の翼を削ぐとしよう』と言っていましたね。 ……私のために何かをしてください、そして私はあなたのために何かをするでしょう、アラドゥ様」 アラドゥはエズモを見ますが、翼はどこにも見当たりません。また、アラドゥは、すでにエズモが彼の支配下にあることを忘れていたようで、彼の所有物であるように扱わなければならないはずです。 エズモは手をつないで持ち上げて見せ、彼は大きな荒廃した籠手によって束縛されていました。

「私がこれらの枷で縛られている限り、私はあなたに奉仕することができません。しかし、あそこの向こう側に、魔導書が見えますか?」アラドゥは、そう言われるまでその存在に気付かなかった、かなり大きく、奇妙で、華やかな本を見ます。その本は、3つの金の王冠によって覆われたカバーの中央に巨大な目を持っており、金色の悪魔のルーンで装飾されていました。

「あの魔導書こそは『失われた魔導書』にございます。人間に知られている最も強力な呪文を…… あるいは、悪魔をその内に収めると伝えられます。真の力が欲しいのなら、それを手に入れるために用いることも」アラドゥの目が輝きます。 「唯一の問題は、それを開ける方法を知っているのは私ということです。あなたがその魔導書を私に手渡すならば、私はあなたのためにそれを開きましょう。そして、内に記された秘密と、すべての力をあなたに捧げましょう」

エズモはもう一度、満面の笑顔を浮かべた。 アラドゥは目を細めた。「なぜお前は本を開く方法を私に隠す? 教えろ、私はそれを自分でやる」とアラドゥは疑い深く、彼の傲慢な賢さを非常に誇りにして言った。「それを開くには、触れねばなりません」エズモはかなり問題を真っ当に非難した。「ああ」とアラドゥはこぼした。「それもそうだな」アラドゥはその本を掴み、彼の最後の過ちを犯します。彼はエズモに魔導書を手渡しました。

「ああ、ありがとうございます、アラドゥ様。光栄に、ございます」とエズモは陽気に言いました。それから彼は悪魔的な暗い舌の中でつぶやき、そして言葉が彼の唇を離れた直後に、いくつかのことがすぐに起こりました。

その本がエズモの手によって開かれ、アラドゥは目に見えない力で地面から持ち上げられると、エズモを縛る鎖が粉砕され、悪魔の輪が蒸発しました。そして彼の体が本の中に吸い込まれたときに、アラドゥが最後に見たのは、ゼリディオン・ウォーロッククラブへの招待が彼の内側のポケットから飛び出して床に着地したことでした。 彼は、そこに記された日付を間違って読んでいたことに気付きました。

オーディションは、明日執り行われる予定でした。

 

 

 

 

 

 

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する