Python の動かし方

ページ名:Python の動かし方

Jupyter Notebook を使う

azure.com で動作するJupyter Notebook を使う方法が現在のところ,一番簡単でしょう。


公式サイトで,動作させる

起動に時間かかり起動できこともあり。


  • https://jupyter.org/ にアクセスする
  • Try Classicn Notebook を選ぶ
  • blinder と書かれているページで数分待つ
  • 「Welcome to Jupyter!」という見出しのページが表示される。
  • File メニューから,New Notebook を選ぶ
  • 保管されないので,注意すること

PCに Anaconda をインストールし,その中のJupyter Notebook を使う

ダウンロードに時間がかかるが難しくない。

  • Anaconda をダウンロード,常時接続 Wifi で,1時間ほどかかる場合あり
  • インストール
  • メニューから,たどり,Jyputer Notebook を起動する

スマフォに,Pydroid 3 アプリを入れ,そのアプリに Jupyter Notebook を入れる


azure.com で,Python を動かす手順

注意:azure.com は,無料で利用できるが,大量に使うと有料モードになる。知らないうちにそうなる可能性があるので,ビジネス等で使うなどしないうちは,クレジットカード番号の入力はしないようすること。


  • https://notebooks.azure.com/ にアクセス
  • サイン・イン(マイクロソフトの ユーザーID がなければ作成する)
  • My projects で,+ ボタンで,New Project を追加
    • New Project の名前は,なんでもよい。例 suework // 末広のワークの意味
    • 「プロジェクト」がフォルダに対応
  • プロジェクト(例 suework)を選択し,開く
  • プロジェクト内に,+ ボタンで,Notebook を追加。これが,ファイルに対応。
    • 名前は,なんでもよい。例 0518 // たとえば,g01
    • Python のバージョンを選ぶ。 たとえば,Python 3.6 選ぶ
  • g01.jpynb ファイルが作成される。
    • これを選択して,開く
  • In [ ] の右あるいは下にある横長の長方形をセルという。ここにプログラムを書く。
  • セルの中で,Shift + Enter(シフトキーを押しながら,Enterキーを押す) で実行
  • しばらく使用しないと,restart ボタンが表示される。
  • Jupyter Notebook 画面の「更新ボタン」(丸矢印ボタン)をクリックすると,Python プログラムが再起動される。