「hiro」を含むwiki一覧 - 1ページ

出場メンバーリスト - 第2回悪行はそこまでじゃ大会

ページ内検索活用してくださいっ 零桜 エルフ:リノセウス ロイヤル:レヴィオンセイバー・アルベール ウイッチ:次元の超越 ドラゴン:ウロボロス ネクロ:魔将軍・ヘクター ヴァンパイア:メイルストロームサーペント ビショップ:ヘヴンリーイージス じゅん エルフ:リノセウス

mtDNA M7a系統 - 遺伝子ペディア -世界は大きな家族だった-

mtDNA M7a系統 ミトコンドリアDNAハプログループM7a系統 【日本固有種】 沖縄県石垣島 白保竿根田原洞穴 旧石器時代人骨 2010年までに、沖縄県石垣島の白保竿根田原洞穴遺跡から発掘された、約2万-1万年前の旧石器時代人骨(国内最古)のミトコンドリアDNAは、ハ

右メニュー - Hiroのオカルト図書館

右メニューサンプル右メニューはヘッダーメニューのメニューの【編集】>【右メニュー】をクリックしていただき編集ができます。ご自由に編集してください。

ページの編集の仕方はこちら - Hiroのオカルト図書館

まずは最初に発信したい文章を自由に入力して保存ボタンを押してみましょう。これで即ページ上に情報発信が可能です。簡単ですね。ちなみに改行したい時は「Shift+Enter(return)」、段落を変えるときは「Enter(return)」のみで可能です。ある程度文章が固まったら、今

IIH 序文とイントロダクション - Hiroのオカルト図書館

ヘルメス主義への秘儀参入 魔術理論と実践の教授過程 フランツ バードン著 Part 1: 理論 序文  真理と真正の認識を求めるあらゆる人々が何年も、場合によっては一生をかけて信頼できる訓練の技法を探しているのは疑いない事実です。この高貴な熱烈な願いから、多くの人は

最聖の三重の知恵 第七節 - Hiroのオカルト図書館

第七節  回廊の入り口では、鋼鉄の楕円形の瓶があり、僕が近づいていくとそこには、白い良質な砂で浄化された透明な水で満たされているのに気づいた。瓶は三つの真鍮の台足で支えられていた。そこには黒い板がはめ込まれていて、扉に向いた側には幾つかの文字が書いてあった。瓶の近くには

最聖の三重の知恵 第八節 - Hiroのオカルト図書館

第八節  僕は低い小さな扉を通って、回廊を離れて、円形の部屋へと入った。それらの羽目板はアッシュとサンダルウッドで出来ていた。部屋の奥には、つるの幹で造られた台座があり、その上には白くて輝く塩が置いてあった。その上には、王冠をかぶった白いライオンと葡萄の房の絵があった。両

最聖の三重の知恵 第十節 - Hiroのオカルト図書館

第十節  岸辺から少し進むと、雪花石膏の柱らの上に壮麗な宮殿が建っていた。炎の色の柱廊式玄関が様々な部分を繋げていた。建物全体は光と風の構造をしていた。僕が入り口へと近づいていくと、玄関は蝶の絵で飾られていた。扉は開いたままだった。……僕は宮

最聖の三重の知恵 第十一節 - Hiroのオカルト図書館

第十一節  僕が宮殿を出たらすぐに、前方にはためく鳥を見た。それは と似ていた。だがこれは自らのものとは別に蝶に似た二つの翼を持っていた。雲から声が聞こえてきて、それを捕まえて張り付けるよう命じた。僕はそれに飛びついた。そいつは飛ばなかったが、翼を用いて最大な速度

最聖の三重の知恵 - Hiroのオカルト図書館

 最聖の三重の知恵(The Most Holy Trinosophia)は、18世紀フランスの伝説的な不老不死者サンジェルマン伯爵(1691年あるいは1707年 - 1784年?)が書いたとされる書である。  伯爵の錬金術や不死の伝説については、英訳者のマンリー P ホー

最聖の三重の知恵 第九節 - Hiroのオカルト図書館

第九節  大地はこれまで通ってきた水と同じくらいに暗かった。微かに感じられる坂は僕を遠くから見えていた建物の基底へと導いた。前方にある大きな正方形には、古代ペルシアの祭司らが使っていたような文字が彫られていた。建物全体は粗雑な黒い玄武岩で造られていた。ヒノキの扉は開き、

最聖の三重の知恵 第十二節 - Hiroのオカルト図書館

第十二節  僕が入った広間は完全な円だった。そこは地球の内部に似ていて、水晶のように固くて透明な物質で出来ていて、そのため光は全ての方向から入ってきた。その低い部分は赤い砂で覆われた巨大な盆地の上にあった。この円の入り口は温かいそよ風が吹いていた。賢者らはこの広間を

最聖の三重の知恵 第一部 - Hiroのオカルト図書館

最聖の三重の知恵サンジェルマン伯爵著英訳 マンリー パーマー ホール第一部 不死の人 偉大なイルミナティ(啓明主義者)、薔薇十字団員、フリーメイソン結社員、自らをサンジェルマン伯爵と呼んだこの人物は、近代史における最も不可解な人物である。彼の名前はほとんど神秘と同義語となっており

最聖の三重の知恵 第二部 - Hiroのオカルト図書館

第二部 最も稀なオカルト書 全てのフリーメイソンリーとオカルト諸学の学徒らに最も重要なものは、この特別な書、最聖の三重の知恵(La Tres Sainte Trinosophie)である。これは神秘的なサンジェルマン伯爵が書いた唯一知られている書だからというだけでなく、これまでの

最聖の三重の知恵 第一節 - Hiroのオカルト図書館

第三部 最聖の三重の知恵第一節 きみの友人がきみの教授用にこれらの行を書いているのは、異端審問官の地下牢の犯罪者房でだ。計り知れない幸運が、きみがこの友情の文書を手に入れられるようにしよう。些細な事からの長い虜囚の恐怖は、どうやら和らいできたようだ。……周囲を衛兵らに囲まれ、鎖で

最聖の三重の知恵 第三節 - Hiroのオカルト図書館

第三節 強風が急に吹いてきて、僕はランプを灯し続けるのが難しくなった。ようやく白い大理石の高台に到着し、九段を登って行った。最後の段に到着したら、僕はそこに膨大な水の広がりを見た。右側からは激しく轟く奔流が聴こえてきた。左側には雹が混ざった冷たい雨が僕の近くまで降っていた。この素

最聖の三重の知恵 第四節 - Hiroのオカルト図書館

第四節 火の湖が目の前に見えてきた。硫黄と瀝青が燃える渦巻を造っていた。僕は身震いした。大きな声が僕にこの炎を通るよう命じた。僕が従ったら、炎はその力を失ったように見えた。僕は猛火の中を長い間歩いていった。やがて円形の広場に到達した。天の恩寵による壮麗な光景は僕を楽しませた。 こ

最聖の三重の知恵 第五節 - Hiroのオカルト図書館

第五節 かろうじて僕が地上へと戻った時、我が不可視のガイドがより迅速に導いていった。僕が進む速度は他と比較しようがないほど早かった。すぐに僕は下の平原の視野を失った。僕はナポリから大きく離れた大地深くに向かうのには気づいた。砂漠とある三角形の集まりのみが僕が見えた全てだった。すぐ

最聖の三重の知恵 第六節 - Hiroのオカルト図書館

第六節  僕が振り向いたら、雲の上に建つ巨大な宮殿があるのに気づいた。建物は三角形の大理石の組み合わせによるものだった。四列の柱が他よりも高く昇っていた。建物の頂上には黄金の球が付いていた。柱の一つは白く塗られ、二つ目は黒く、三つ目は緑色で、最後のは輝く赤だった。僕はこ

タロット図解 I 魔術師(The Magician) - Hiroのオカルト図書館

第二章 大アルカナとその内なる象徴I 魔術師(The Magician) 魔術師のローブを着た若者の図であり、確信の笑みと輝く瞳のアポロ神の顔つきを持つ。彼の頭の上には、永遠に続く紐のように8の字を横たわらせて作られた、聖霊の神秘的なサイン、生命のサインがある。彼の腰には蛇の帯が

タロット図解 II 女高祭司(The High Priestess) - Hiroのオカルト図書館

II 女高祭司(The High Priestess) 彼女の足下には三日月があり、頭には真ん中に球があり角のある王冠をかぶっている。そして大きな太陽の十字架が胸にある。彼女の手に持つ巻物にはトーラー*1の文字が刻まれており、これは大いなる法則、秘密の法則、言葉の第二のセンスを意

タロット図解 IV 皇帝(The Emperor) - Hiroのオカルト図書館

IV 皇帝(The Emperor) 彼の王錫はアンク十字であり、左手には球を握っている。彼は王冠をつけた君主であり、命令し、安定して玉座に座る。この玉座の肘当ての前面は羊の頭となっている。彼は実行力があり、現実化させる、世界の力である。そしてその自然の属性を身に纏う。彼は時には

タロット図解 III 女帝(The Empress) - Hiroのオカルト図書館

III 女帝(The Empress) 威厳のある人物が座り、高価な衣服を着て、天と地の娘かのように王家の遺風を感じさせる。彼女の王冠は十二の星のものであり群れを成している*1。金星の象徴が描かれた盾が彼女のそばにある。彼女の前に小麦畑が広がり、その背後には滝がある。彼女の持つ王

タロット図解 VI 恋人たち(The Lovers) - Hiroのオカルト図書館

VI 恋人たち(The Lovers) 太陽は頂点にて輝き、その下には大きな翼をもつ人物が両手を広げ、その影響力を下している。大地には男と女の二人の人間がいて、最初に地上の楽園にいたアダムとエバのように、それぞれ裸である。男の背後には生命の樹があり、十二の果実を実らせている。そし

最聖の三重の知恵 第二節 - Hiroのオカルト図書館

第二節 夜、半ば暗い雲に隠された月が、曖昧な光を硫気孔の縁にある溶岩の険しい岩肌に注いでいた。僕の頭はリネンのヴェールで覆われ、僕は恐れなく夜に向かうべきとされる場所へ向かって進んでいた。僕は熱い砂の中を模索しながら進んでいた。一歩一歩進むごとに、この熱を感じた。雲は頭上に集まり

タロット図解 V 教皇(The Hierophant) - Hiroのオカルト図書館

V 教皇(The Hierophant) 彼は三重冠をかぶり、二本の柱の間に座る。だがこれらは女高祭司が守護していた神殿のものではない。彼の左手は三重の十字架が尖端にある錫を握り、右手は良く知られている教会のサインを与える。これは秘教のサインと呼ばれ、教義の表に顕れているものと、

タロット図解 VII 戦車(The Chariot) - Hiroのオカルト図書館

VII 戦車(The Chariot) 直立し威厳のある人物が抜き身の剣を持ち、それは、大まかに言うならば、第一部で私が述べた伝統的な描写と関連する。この勝利の英雄の肩には、ウリムとトンミム*1がある。彼は囚われた獣の手綱を引き、全ての界――精神の、諸学の、進歩の、秘儀参入の特定

タロット図解 VIII 力(Strength) - Hiroのオカルト図書館

VIII 力(Strength)あるいは不屈(Fortitude) 女性がライオンの顎を閉じようとしている。彼女の頭上には魔術師のカードでも見た生命のシンボルを抱いている。昔からあるデザインとこのカードの絵の唯一の違いは、彼女の慈悲深い不屈さにより、既にライオンは服従している事で

タロット図解 X 運命の輪(Wheel of Fortune) - Hiroのオカルト図書館

X 運命の輪(Wheel of Fortune) この象徴では私は再びエリファス レヴィの改造に従った。彼は幾つかの別版を作り出している。我々の目的に仕えるならばエジプトの象徴主義を用いるのは――私が仄めかしてきたように――どの起源の理論もその中に暗喩していないのなら、正当である

タロット図解 XII 吊るされた男(The Hanged Man) - Hiroのオカルト図書館

XII 吊るされた男(The Hanged Man) 彼が吊るされている絞首台は、タウ十字の形をしている。そして人物は足の形から、卍十字を形作っている。殉教者と見えるこの人物の頭には後光が輝いている。以下に注記すべきである。(1)犠牲の樹は葉のついた生ける樹である。(2)人物の顔

タロット図解 XIII 死(Death) - Hiroのオカルト図書館

XIII 死(Death) 生のヴェールあるいはマスクは常に変化、変容、低位から高位への移行をし続けている。そしてそれは、この修正したカードに、死神の骸骨の恐ろしい姿の黙示録的幻視の一つとして適切に表現されている。その背後には、霊の上昇の世界全体が広がっている。この神秘的な騎士は

タロット図解 XV 悪魔(The Devil) - Hiroのオカルト図書館

XV 悪魔(The Devil) このカードのデザインは第一部の記した様々な動機の間の適応、中庸、調和である。蝙蝠の羽根がありメンデスの角のある山羊*1は祭壇の上に立っている。みぞおちには水星のサインがある。右手は掲げられ、広げられている。それは第五の教皇のカードの祝福のサインの

タロット図解 XVI 塔(The Tower) - Hiroのオカルト図書館

XVI 塔(The Tower) このカードに関わるオカルト的解釈は貧しく、そのほとんどは当惑させられるものである。それらの解釈は、その様相全てにおいて表面的にしか見ておらず、ほとんど内実を示していない。さらに、ある解釈では、物質的な建物の最初の暗示と述べているが、私は既に前に三

タロット図解 XVIII 月(The Moon) - Hiroのオカルト図書館

XVIII 月(The Moon) このカードの新しいデザインと他の過去の型にはまった月カードとの違いは、観察者の右側から見える月の所謂慈悲の面が増大している。この月は十六の大きな光条と小さな光条がある。このカードは霊の生を除いた、想像力の生を表している。二つの塔の間の道は未知へ

タロット図解 XIX 太陽(The Sun) - Hiroのオカルト図書館

XIX 太陽(The Sun) 白い馬に乗った裸の子供に赤い旗が見えるが、このカードにより相応しい象徴として既に私は述べている。これは人類の終わりなき流れの前を行く超自然的な東の大いなる聖なる光の宿命である。これは感覚的な生の壁のある庭園から出てきて、帰宅へと進む。このカードはゆ

タロット図解 0 愚者(The Fool) - Hiroのオカルト図書館

0 愚者(The Fool)*1 あたかも大地とその障害は何の制約にもならないような軽やかな足取りで、派手な衣服を着た若者が世界の大いなる高さの崖の端で止まっている。彼は青空を見上げる――空の上でありその下では無く。現状では彼は立ち止まっているが、彼の熱心に歩こうとする行動をなお

タロット図解 XI 正義(Justice) - Hiroのオカルト図書館

XI 正義(Justice) このカードが伝統的な象徴主義に従い、その明らかな意味合いを運ぶ限り、第一部で述べた少数の事以外にはわずかしか語る事が無い。 しかし、この人物は女高祭司のように二本の柱の間に座っているのが見えよう。これは、これは誰もが直面する善と悪のジレンマを表してい

タロット図解 2-1 - Hiroのオカルト図書館

第二部 ヴェールの背後の教義第一章 タロットと秘伝 タロットには人間精神の全ての暗示の背後に、普遍的なイデアが象徴的に現されている。またそこには、真理を知る少数の者のみが気づく秘密の教義が含まれている。それらは全ての意識の中に包埋しているものの、普通の人間には気づくことは無い。理

タロット図解 XX 審判(The Last Judgement) - Hiroのオカルト図書館

XX 審判(The Last Judgement) 私はこの象徴は本質的に全てのタロットのセット(デッキ)で変わらないと述べた。少なくとも、多少の絵の違いはあれどその主題に変化は無い。ここにいる大天使は雲に取り巻かれているが、彼は旗のついたトランペットを吹く。そしていつものように

タロット図解 XXI 世界(The World) - Hiroのオカルト図書館

XXI 世界(The World) そのデザインにおいて、大アルカナの最後のメッセージは変わらない――そして、無論、変えられない――として、このカードはその深い感覚に関して既に部分的に記されている。このカードはまた完成、宇宙の終わり、内なる秘密、神を理解した時の宇宙の携挙を表す。

タロット図解 XIV 節制(Temperance) - Hiroのオカルト図書館

XIV 節制(Temperance) 翼のある天使の額には太陽の印があり、彼の胸には正方形と三角形の印が分離してある。私は「彼」と呼んだが、この人物は実際には男でも女でもない。彼/彼女は杯から別の杯へと生命のエッセンスを注いでいる。足の一つは大地に、もう一つの足は水へと置かれてい

タロット図解 ソード - Hiroのオカルト図書館

ソードのスートソードの王 彼は裁きの座に座り、このスートの鞘から抜いたサインを手に持つ。彼は無論、大アルカナの正義の一般的なシンボルを思い出させる。そして彼はその徳を表している。だが彼はむしろ、彼の権能の徳における生と死の力である。占術の意味合い。審判に関連するあらゆる考えである

タロット図解 ペンタクル - Hiroのオカルト図書館

ペンタクルのスートペンタクルの王 この人物は特別な描写はなく、顔はやや浅黒く、勇敢さを示唆しているものの、それはどこか不活発な傾向がある。玉座にある雄牛の頭は、周期性の象徴と見做さねばならない。このスーツ全体のサインにはペンタグラムが彫られたり紋章としてあるが、これらは人間の性質

タロット図解 3-4 - Hiroのオカルト図書館

第四章 小アルカナの幾つかの追加の意味ワンドワンドの王―― 一般的に、良い結婚を表す。逆位置ならば、従うべき忠告。ワンドの女王――良き収穫。これは様々な意味で取られる。逆位置ならば、質問者へ向けられた善意だが、それを行う機会が無い。ワンドの騎士――悪いカードである。ある解説者によ

タロット図解 3-5 - Hiroのオカルト図書館

第五章 複数のカードによる循環*1正位置 4枚の王 = 大いなる名誉、3枚の王 = 相談、2枚の王 = 小さな相談者 4枚の女王 = 大いなる議論、3枚の女王 = 女により欺瞞、2枚の女王 = 誠実な友人。 4枚の騎士 = 真剣な問題、3枚の騎士 = 生き生きとした議論、2枚の騎

タロット図解 カップ - Hiroのオカルト図書館

カップのスートカップの王 彼は短い王錫を左手に握り、右手には大きな杯を持つ。彼の玉座は海の上に建てられている。片方には船があり、もう片方にはイルカが跳ねている。これが暗示しているのは、カップのサインには自然に水を表しており、それは他の全てのカコートカードでも現れている。占術の意味

タロット図解 ワンド - Hiroのオカルト図書館

第二章 小アルカナ、あるいはタロットカードの四つのスーツ 次に、絵と全ての情報源から与えられる意味合いの調和により、これらのそれぞれの種類に従って記す。ワンドのスートワンドの王 このカードが割り当てられている肉体的、感情的な性質は、浅黒く、熱烈で、しなやか、生き生きして、情熱的で

タロット図解 XVII 星(The Star) - Hiroのオカルト図書館

XVII 星(The Star) 八角の輝く大きな星が中央に、同じく八角の小さな七つの星々が取り囲む。その前に居る女性は完全に裸で、左の膝は地面につけられ、右の足首は水に触れている。彼女は生命の水を二つの大きな瓶から海と大地へ注いでいる。彼女の背後の地面は盛り上がっていて、その右

高等魔術の教理と祭儀 1-11 - Hiroのオカルト図書館

第十一章 כ L 魔術の鎖手の力 大いなる魔術の動者、私がアストラル光と呼び、他の者は地の魂と呼び、アゾットやマグネシアと古き化学者らは名付けた、このオカルトで特有で疑う余地無き力は、全ての統治の鍵、全ての力の秘密、メデイアの翼ある竜であり、エデンの神秘の蛇、幻視での普遍のガラス