競馬部

ページ名:競馬部

のりたま競馬部のページです。
競馬部のイベントのルールなどについて載せていきます。

のりたま将棋クラブの会員で競馬部に興味のある方はDrakee912(Twitter)までご連絡をお願いします。お気軽にご参加ください(^^)

棋馬戦

のりたま競馬部のメインイベント。
1年間のG1レースで仮想ポイント「ジンバ」を賭けて回収額を競う。
 

+ 棋馬戦のルール-  棋馬戦のルール

参加方法 

参加者はG1レース発走までに買い目をTwitter上でつぶやく。

(例)
================

有馬記念
◎アーモンドアイ
〇アパパネ
▲マチカネタンホイザ
消アンバーシャダイ
消メジロパーマー

単勝
6:10000ジンバ
馬連
6-9:5000ジンバ

合計15000ジンバ 
#のりたま競馬部
=================

つぶやく際に「#のりたま競馬部」のハッシュタグをつけること。

 

ジンバの使用

前半(2月~6月)、後半(10月~12月)
それぞれで10万ジンバずつを使い切る
(馬券を当てて回収したジンバの再使用は不可)
前半、後半の最終レース終了後、余ったジンバは無効となる。
発走中止などの場合は実際の馬券の場合と同様にジンバが払い戻しされるものとする。

+ 棋馬戦のタイトル・称号-  棋馬戦のタイトル・称号

棋馬王

棋馬戦の前半後半を合わせて、最もジンバの回収額の多かった者が   「棋馬王」のタイトルを獲得する。

迅馬杯

棋馬戦の前半(2月~6月)を迅馬杯とする。
前半で最も回収額の多かった者が「迅馬杯のタイトルを獲得する。

神馬杯

棋馬戦の後半(10月~12月)を神馬杯とする。
後半で最も回収額の多かった者が「神馬のタイトルを獲得する。

万騎長

棋馬戦において最も多く万馬券を的中させた者が「万騎長」のタイトルを獲得する。

連対長

棋馬戦において最も連続してプラス収支を達成した者が「連対長」のタイトルを獲得する。

 

グッドルーザーカップ

棋馬戦と同時開催。
3着以内に来ないと思う馬を選んでポイントを競う。
第一回グッドルーザーカップの期間:2021年2月~6月のG1レース
 

+ グッドルーザーカップのルール- グッドルーザーカップのルール

参加方法

3着以内に来ないと思う馬を1レースに0~3頭選び、棋馬戦の予想と同時にTwitterにつぶやく。
来ないと思う馬に(消)の印を付ける。

(例)
==============
◎アーモンドアイ
〇アパパネ
▲マチカネタンホイザ
消アンバーシャダイ
消メジロパーマー

・・・以下棋馬戦の買い目

=================

ポイント計算

「1000 / 選んだ馬の単勝オッズ 」を消馬ポイントとして獲得する。
(例えば単勝オッズ10倍の馬を選んで3着以内に入らなかったら100ポイント獲得)

選んだ馬が3着以内に入ってしまった場合ペナルティとして以下の消馬ポイントを失う。

1着:−300点 
2着:−200点 
3着:−100点

最終的な消馬ポイントで1位になったものが優勝、グッドルーザーカップ選手権者とする。

 

げえっ!関羽!!チキチキのりたま三国志大会

夏期間開催。G1レースの無い7月~9月のG2、G3レースが対象。(ルール検討中。以下仮)

以下の3チームに分かれて回収額を競う。
 

単勝しか買えない「ウサギさんチーム」

複勝しか買えない「カメさんチーム」

枠連しか買えない「タヌキさんチーム」

 

新馬杯

じんばはい。POG(ペーパーオーナーゲーム)を行う。
デビュー前の馬を一定数(5~10頭程度)指名し、指名した馬の賞金額を競う。

以下詳細は検討中。

・期間
その年の新馬戦開始(6月くらい)~翌年のダービーまで。
新馬戦前に指名獲得馬を決めるドラフト会議を行う。

・ドラフト
ドラフト時点での棋馬戦の回収率で優先順を決定。
指名が競合した場合1巡目を含む奇数巡はその優先順に従い、偶数巡は逆順にする。

ドラフト会議に参加できなくても事前に指名馬のリストを提出すれば参加可能(ドラフト会議に参加する場合もリストは提出)

・その他ルール
:1~5着までの入着賞金の合計で争う
:中央競馬と地方競馬すべて集計
 

 

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する