シリアとスルウスとタタール3

ページ名:シリアとスルウスとタタール3

どのような存在がこのような工作をおこなわせてきたのか???

 

スルウス(シリア、シリウス)は、宇宙のある惑星やエリア、地球では、シリアを中心地としている種である。
シリアは、地球のヘブル(ユダヤ)系やコリア系をあやつって、地球によろしくない工作をおこなってきたと考えられる。
また、スルウスはオオカとかいうものに、「地球のおんなをおかした」ことをネタにおどされ、言いなりにされていたようである。

スルウスは、強姦を含む性的犯罪を常習する種であり、その雰囲気は性的犯罪者に酷似している場合も多いといえる。
スルウスの変なメンタリティや変なげんちのとり方、変な思考や決定、必死さは、多重性的犯罪者であることと関係しているのか?

スルウスは、800年以上前から、性的犯罪者の特徴を伴いながら、地球やその他にも影響を与えてきた可能性が考えられる。

https://wiki3.jp/file13/page/44

 

 

 

スルウスは、ハン=イルソン系に、性的犯罪を理由に住むエリアを良くない所にされ、食料を虫類等に限定されていた時期が存在する。

スルウスの者は、他の種に、よろしくないたぐいの電波の工作を命令することが多いものであるが
スルウスの者が同様の電波や攻撃の電波を向けられると、もろく、簡単にきえてしまうこともある様である

ドワーフ系の、おかしい?ものは、鳥類の他、複数の動物のDNAが混入されている様である。

https://wiki3.jp/file13/page/44

 

スルウス(シリア、シリウス)の能力や雰囲気は、タタールとよばれていた時代には、よいものではなかったようである。
西暦1900年代に「シリウス」という名を使い始め、また電子機器の効果も現在はくわえられていると考えられる。
現在でも、電子機器や電波等の影響がなくなると、気分を害するような雰囲気となり、能力値もさがるものと考えられる。
電子機器等で雰囲気を偽装していても、ニュアンスや周波数が性的犯罪者的であると感覚されやすいかもしれない。

https://wiki3.jp/file13/page/44

 

 

スルウスの者は、他の種に、よろしくないたぐいの電波の工作を命令することが多いものであるが
スルウスの者が同様の電波や攻撃の電波を向けられると、もろく、簡単にきえてしまうこともある様である。
(なぜか、自ら電波の工作をなすことは少なく、多くの場合は他の種にやらせている様である。)

https://wiki3.jp/file13/page/44

 

 

 

シリア(スルウス、シリウス)は、かつてタタールと呼ばれていたものである。

モンゴル軍の指揮がタタール(スルウスの当時の呼び名)影響下のイタリア系ユダヤ人によるものと
看破した勢力が、地球でのモンゴル勢力のことを「タタール」と読んだのかもしれない。

タタール(スルウス)とは、元は四角の形状の者からうまれた何者かに「極星より明るい、そして少し卑劣な」ものと
して造られた恒星であったようである。

タタールは、周辺の惑星等で、幼い女児に性的行為や性的犯罪をおこなって白眼視され、いづらく
なると他の惑星で同様の所業をなし、他の惑星に居場所を移す、ということをしていたもようである。

「オオカ」という、「創造主の一族」を自称する?たぐいの者が、ついにはタタール(スルウス)を
影響下に起き、スルウスをつかって様々の惑星を従わせ、する臼がそれらの惑星の女を手にし、さらに
そのうちの上質のものを「オオカ」なるものが手にする、という構図を作ろうとしたようである。

「オオカ」なるものは、スルウス(性的犯罪者の雰囲気とニュアンスを持つ)に対し
「スルウスの女(の内の最上のもの)を□□するぞ」等のおどしで、スルウスをあやつり人形にしていたようである。

https://wiki3.jp/file13/page/44

 

 

スルウス(シリア、シリウス?、タタール)やオオオカとは、どのようなルーツをもつ存在であるか?

それらは、この宇宙(他の惑星含む)やその他で、かつて賎民だったものであると考えられる。
そのメンタリティも手法も、賎民において観察されやすいものであるといえる。
そして、それらのものたちを行動にかきたてる感情も、賎民にあらわれやすいものである。

スルウスやタタールといったものが、かつて賎民となっていたのは、どのような経緯によってであったか?
賎民とは、下層民というだけでなく、被差別民や不可触民のたぐいではなかったか?とするのは考えすぎであろうか?

特徴的な手法を伴った行動群のルートにある感情は、どのようにしてつくられたものであろうか?

https://wiki3.jp/file13/page/44

 

 

 

どのような存在が食料汚染等のたぐいの工作をおこなわせてきたのか???

未確認の情報だが、食料メーカー等に対して、常軌を逸した類の工作の噂が聞かれる。
シリア(スルウス)系の関係するコリアやユダヤがとりえる種類のものであるという。

食料メーカー等の内部の要職の人物や食品に工作をかけれる人物に「すり替わる」ような類である。
そして食料等に健常な者ならなしがたい工作の可能性も浮上する。
(DNAドーピングやその他の手法により、検出しづらいケースの情報も存在する。)

仕事や知人の情報を知らないかの様な状態になったり、急に仕事ができなくなった者には要注意である。

食料メーカーや治安機関等は、張り紙や他ペーパー、業務で常用するシステムのページ等での注意喚起等も良いはずです。

https://wiki3.jp/file13/page/44

 

 

 

シリア(スルウス)系等が関係しているコリア系やユダヤ(ヘブル)系等で、特徴的な工作員が観察されるという。
もともと親日的または良心的だった者が、虚偽の情報等と思考に影響する電波により騙され
洗脳されて、日本や良いはずの存在に、よろしくないたぐいの工作をかける工作員にされているようである。

また、人質にとられているはずの親族等はすでに生きていない、あるいは二ヶ月以上連絡が取れていない場合も多いという。
すでにいない者を生きているかのように装い、おどしてよろしくない工作を仕掛けさせているパターンが存在するみられる。

そして不都合な情報を得たり思い出したりした場合には、電波等により電波等により記憶をdeleteする、改変する等も有り得る。
就寝中に電波等で何らかがなされていないか警戒することも有効である。
(可能なら夜間以外に就寝したり、就寝を周囲と別の時間帯にすることも有効かもしれない)

https://wiki3.jp/file13/page/44

 

コリア系工作員(上層部含む)が、口頭以外で電波でも
コリア系工作員をあやつり人形にしようとする「SR系」に
「こいつら(コリア系の他に??人も含む)をぜんぶ○すぞ」といった
内容を向けられることや洗脳に使われたことがあったようであるが、
実際にはコリア系が従わなければ、SR系はコリア系以外の人種も
含めあまり有効な手をうてない様である。

SR系は、800年以上前から地球のユダヤ系等によくない影響を与え
西側によろしくない手法を使ってきたが、東アジアではコリア系が
SR系にあやつられるまでは、SR系の影響が限定されていたエリアも
一定以上存在したようである。

https://wiki3.jp/file13/page/44

 
 
 
800年以上前からユダヤ系をあやつり、最近80年以上は特にコリア系をあやつって
よろしくないたぐいの犯罪行為や統治を、西側やその他主要国を含む各国で
行わせてきたと同時に行ってきたのはシリア(シリウス)系であると考えられる。
主要国の治安機関や公的機関には、シリア(シリウス)系の者も入っていると考えられる。

シリア(シリウス)の裏で命じていたのはおおおか(おおくま座、「オオカ」とも言う)であったと
いう情報も存在する。
シリア(シリウス)や、おおおかは、ルーツは賎民であるらしく、賎民のメンタリティで
賎民そのものの手法を用いて、地球で長年よろしくない類の多数の行為をなしてきた。

地球の統治にもつかわれる、小柄(人肉、脳、脳ずい液、髄の摂取が主因である)のコロボックルタイプは
窮地でも生きのこることが多かったようであるが、地下深く?から周波数でボックルタイプを
肯定する内容等が発せられていたことが主因であったと考えられる。
(ぼっくるタイプにポジティブな電波類がすべてOFFにされると、ぼっくるタイプは存在を維持できない様である。)
(これは、みやがわタイプやその他、一定以上によろしくない者の多くに当てはまる。)