用語集

ページ名:用語集

ストーリーに関わる重要な用語

・ジャッジメントデイ

運命の守護者が防ごうとしている審判の日。突如現れた王『ダーク』により世界の人口の半数が死亡し、文明が滅びた。更に八英雄に代々受け継がれてきた指輪が消滅。二度と八英雄が生まれない世界になってしまった。

・運命の守護者

正しい歴史を守る未来人。ジャッジメントデイによる破滅の未来を変えようと現代にやって来た。八英雄に関する知識を備えている。未来の出来事を現代の人物に教えるとタイムパラドックスが発生しかねないので未来の出来事を話すことはタブーとされている。

・(名称不明)

ジャッジメントデイ以降王として君臨する『キング』とは別の英雄王を生み出し、破滅の世界を別の王に再生させようと暗躍する謎の人物。八英雄の力を与える謎の指輪『アナザーリング』を所有しており、英雄王の候補に継承させることでアナザーヒーローとして新しい八英雄を作り出す力を持っている。更にその首領は時間停止能力を持ち、他の構成員も時間に関する能力や時間軸移動が可能。

+ネタバレ注意-

実は(名称不明)は世界の再生ではなく支配を目指しており、アナザーリングもそれに悪用される仕様となっている。詳しくはアナザーリングの項目で

・アナザーリング

(名称不明)が所有している禍々しい指輪。それぞれの八英雄の指輪と同じ色のリングを英雄王の候補に付けることでアナザーヒーローとしてその人物に八英雄の力を継承させることができる。継承した八英雄の力はリングに込められており、リングを破壊しない限りアナザーヒーローは八英雄として君臨し、倒しに行こうとする者が命を懸けない限り倒せないが、継承した八英雄と同じ八英雄の能力が目覚めることで、アナザーリングは力を失い自壊する。

闇のサマナー・コドウ等が持ってるのがこれ。これを持ってるキャラは基本的に敵陣営。

アナザーリングの八英雄の能力は完全なオリジナルではなく、模擬的に再現されたものである。

+ネタバレ注意-

アナザーリングを装着すると(名称不明)に身体を操作されるようになってしまい、最終的には心まで乗っ取られるようになる。

・アナザーヒーロー

アナザーリングに込められた八英雄の力によって変化した八英雄。アナザーリングの八英雄の力は不安定でオリジナルの八英雄に劣るが、ほぼ同じ能力を使える。倒されてもアナザーリングの力がある限りその人物はアナザーヒーローとして復活する。アナザーヒーローの能力とオリジナルの八英雄に力がぶつかり合うと、やや劣っているアナザーヒーローの能力が先に失われ力を失ったアナザーリングは自壊してしまう。アナザーリングが破壊されるとその人物はアナザーヒーローの資格を失い、倒される。

八英雄ではない人物のアナザーヒーローもいる。アナザー八英雄のプロトタイプだが元となった人物の歴史改変の影響を及ぼしている。

・『ダーク』

ジャッジメントデイ以降孤高の王として君臨する最凶の王。恐るべき能力を持っており残された人類の虐殺や反抗勢力の弾圧を行う。

バーロクサはこの『ダーク』の指輪を持っていた為に運命の守護者に狙われる事となった。

・ヒーローリング

歴代の八英雄の力が込められた指輪。灰色の『ブランクリング』にオリジナルの八英雄の能力を継承させることで継承した八英雄の能力を使うことができ、歴史改変による能力の消滅を防ぐ。継承することで対応した色に変化し、八英雄の名前の刻印が刻まれる。一応歴史改変後の力を失った英雄が使うことで再び八英雄の力を取り戻して戦うこともできる。代々この指輪に選ばれた者が八英雄になっている。

アリスィなどの持ってる指輪がこれ。これを持ってるキャラは基本的に味方陣営。

アナザーヒーローを倒す唯一の武器であり、アナザーリングを破壊できる唯一の手段でもある。

・特異点

(名称不明)の介入やヒーローリング、アナザーリング、アナザーヒーロー等による歴史改変の影響を受けずにそのまま存在し続ける特異体質の八英雄や人物。歴史が消えても特異点だけは記憶や能力が残る。

・○○リング

特定の誰かの力が込められた指輪。例…アナザーリング、ヒーローリング、キャードリング

力を込めたい対象の事を強く想い、かなり魔法の才能に優れた者のみ指輪を作り出すことができる。

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する