ドクツルタケ

ページ名:ドクツルタケ

ドクツルタケ Amanita visota テングタケ科テングタケ属 猛毒

白く美しい殺人きのこ。天ぷらで一家全滅。

<外見>

白く、美しい。小型~大型まで、いろいろある。(小並感)柄にはささくれがあり、膜質のつばがある。袋状のツボを持つ。地味だが猛毒。危険。

 

<毒成分>

アマニタトキシン類

 

<中毒症状>

食後早く腹痛、下痢、嘔吐などの症状が現れる。そして一旦回復する。そして3日ほどして呼吸器不全、循環器不全、腎不全が現れ死亡する。ほとんどの人が回復した時に安心してしまう。それが怖いところである。

 

<備考>

回復した時にはもう手遅れ。白いきのこをたべ、腹痛などの症状が出たら病院を受診しましょう。中毒した例があまりにもたくさんある。毒キノコの得点王である。超おいしいらしい。いろいろな点で危険である。似たきのこにシロタマゴテングタケがある。どちらにしろ猛毒だが

また専門的な情報になるが、3%のKOH水溶液で変色する。

←シロタマゴテングタケ。ささくれがない。

 

<似ているきのこ>

シロタマゴテングタケ、シロツルタケ、シロマツタケモドキ、ヌメリツバタケ

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する

NG表示方式

NGID一覧