僕枠

ページ名:僕枠

谷藤渚は普通の生活が送りたかった。しかし謎の人物と出会ったことで平和な日常は一転。

黒天学園という鬼才、天才、変人が集まる学校へ転校することになる。

作品掲載場所PIXIVマンガハック

twitterタグ:♯僕らはみんな枠の外

話数 状態 登場人物 あらすじ

1話

ようこそ

完結 谷藤渚、五島春樹、香月七海、湯本静香

転校初日。渚がであったのはオネェの委員長。竹刀持参の副委員長。

渚の気持ちは一つ。帰りたい。

2話

クラスメイト

完結 谷藤渚、五島春樹、湯本静香

転校生だろうと黒天学園の生徒は優しくしてくれない。というか視界にいれてくれない。

やっぱり渚は帰りたい。

3話

副委員長

完結 谷藤渚、五島春樹、湯本静香

副委員長の湯本はなぜ竹刀を持っているのか。

それは湯本の趣味に大きく関わっているとか、いないとか。

4話

スカウト

完結

谷藤渚、五島春樹、湯本静香、

香月七海、佐藤彰

初日だというのに転校やめたいと繰り返す渚。

そもそもなんで転校することになったのか聞けば、

五島たちが聞いたのは予想外の話だった。

4.5話

F少年の事情

完結

谷藤渚

羽澤夷月

転校の準備のために黒天学園に訪れた渚。

そこで出会ったのは地面に倒れる謎の少年。

渚の人生をかえる第二の出会いであった。

5話

306号室

完結 谷藤渚、五島春樹、柴崎あやめ

五島と一緒に寮に向かう渚。そこにいたのは柴咲あやめ。

最初から様子のおかしいあやめを見て、今後の生活に

不安しか覚えない渚であった。

6話

ランク制度

完結

谷藤渚、五島春樹、柴崎あやめ、

香月七海

あやめと多少打ち解けた(?)渚は黒天学園の独自システム、ランク制度について説明を受ける。

そこで謎の少年の話をきいたあやめは、渚の今後を察してエールを送るのだった。

7話

普通

完結

谷藤渚、五島春樹、柴崎あやめ、

湯本静香

普通とはなんだろう。

黒天学園に転校するまえに何かあったらしい

あやめの話を聞き、渚は少しだけ考える。

8話

慣れた頃に

完結

谷藤渚、五島春樹、香月七海、

湯本静香、羽澤夷月

油断大敵。学園生活に驚くスピードでなれた渚に戸惑う五島。

しかし、慣れた渚を嘲笑うようにやってきたのは地面に倒れていた少年――羽澤夷月だった。

9話

Sランク生

完結

谷藤渚、五島春樹、羽澤夷月、

香月七海、大鷲源十郎

倒れた五島を保健室に連れて行った面々。

そこで渚は個性が強い保険医とSランクの評価をもらっている

夷月と対面することに。

10話

羽澤夷月

完結

谷藤渚、五島春樹、羽澤夷月、湯本静香、

大鷲源十郎、百塚ナツキ、岡倉悠里

羽澤夷月は何かが決定的にずれている。

笑ってはいるが、言動が怖い夷月にふりまわされる渚たち。

Sランクという肩書きの意味を渚は少しずつ知っていく。

11話

包囲網

完結

谷藤渚、五島春樹、湯本静香、柴咲あやめ、

羽澤夷月、岡倉悠里、佐藤彰

寮に戻り渚が彰スカウトだとしる夷月。

一方渚は夢が砕けて落ち込む五島を慰めていた。

そんな彼らをみてあやめはとある人物に電話をかける。

12話

視線

完結

谷藤渚、五島春樹、湯本静香、佐藤彰、リン、

香月七海、羽澤夷月、岡倉悠里

何事もなかったかのように渚たちの教室に現れた夷月。

いつの間にか懐柔されている湯本とクラスメイト。

そこに現れるもう1人のSランク生、岡倉悠里。

渚をとりまく環境が大きく変わろうとしていた。

13話

連鎖

完結

谷藤渚、五島春樹、湯本静香、柴咲あやめ、羽澤夷月、

岡倉悠里、佐藤彰、大和啓、猫屋敷陸、九条若菜

夷月の襲来から五島の様子がよそよそしい。

それをあやめに相談する渚。

一方五島はあからさますぎる態度を湯本に相談していた。

そんな彼らの元に現れたのは新たな火種。大和啓だった。

14話 連載中 未定 未定