小説家になりたい方必見 基礎知識等

ページ名:小説家になりたい方必見 基礎知識等

小説家を目指している皆様方!こんにちわ

色々な事情があって作家などに憧れる方は多いかと思います。

物語を書くのが好きな方、大金を掴みたい!など理由はそれぞれだと思います。

 

なかなかデビューできない…

自分が書いているものの評価が低い…

そういう意見は多々ありますよね。

 

そこで!今回、私深瀬くいが基礎的な知識をまとめお送りいたしたいと思います。

 

一様に小説といっても色々ジャンルもありますよね。

恋愛・ファンタジー・ミステリーetc

 

まず私が本を買う際の1番の要因としては

ズバリタイトルだと思います。

タイトルを見て表紙を見て本を買います。

人を惹きつけるタイトルが欲しいですね。

でもそれは本が出てからの話!

新人賞やネットの小説サイトで重要になってくることそれはズバリ

読みやすさ

だと私は思っております。

よくテンポが良くて読みやすいなど聞きますよね!

あとは起承転結がしっかりしていることですかね。

 

というか起承転結がしっかりしてるからテンポがいいとも言えるのかもしれないです。

 

ここからが本題です。

基本的な知識を書いていきたいと思います。

 

小学校の国語の授業で習ったこともたくさんあります。

懐かしく思いながら思い出してくださいね。

 

①表記法の統一

これは書いてあるように表記法を統一してください。

例えば「あと5分で十時だな…」という文章

5は英数字で十が漢数字ですよね。

これだと見栄えが悪いですどちらかに合わせたいところですね。

「あと五分で十時だな…」「あと5分で10時だな…」といったようにしましょう。

 

②一つの文章は長くしすぎず改行を多用は避ける。

これは先ほど言っていたテンポの話につながるのですが、一つの文章を長くすると

テンポが悪くなり、くどくなります。

改行はいいものです。目に見えての区切りみたいなものですよね。

ですがあまり使いすぎるとどこで区切られているのか、わからなくなってしまったりしますので要注意!

 

③誰が何をしたのがを明確にする。

これは本当に基本的なことですができていない人が多いところではないでしょうか。

誰が何をしたのかを書いてくださいね。

 

④5W1Hを考える

5W1Hとはこれはビジネスなどにも大切なことです。

いつ(When)

どこで(Where)

誰が(Who)

なにを(What)

なぜ(Why)

どのように(How)

これを意識するだけで文章の読みやすさは段違いに変わります。

ま、あえて書かないという表現方法もいいと思いますがね…

 

⑤物語の構成を先に考える。

行き当たりばったりで物語がかける人は多くはいません。

基本的にはプロットというものを作ります。

プロットとは物語の筋、仕組みという意味がありますが、簡単にいうと

物語の設計図です。

最初に物語の道筋を立てて、それに沿うように書いていく。

重大なイベントなどを点としておきます。

例えば女の子と付き合うという点とその子と結婚するという点があります。

その点と点を結ぶのにはその女の子とデートへ行き口説かなければいけないですよね。

その口説く話が物語で、付き合う・結婚するという点がプロットです。

大筋みたいなものですね。

 

何はともあれ

作家さんは物語を書かないことにはなにも始まりません。

書かないことには上達しないし、入賞もしません。

少しずつでも書き始めることが作家への道ですよ!

 

ということで何でも屋深瀬くいでした!

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する