ポストデジタル理論

ページ名:ポストデジタル理論

ポストデジタル (ぽすとでじたる)はネットワーク化された資本主義社会におけるデジタルアートの美術論である。

プラットフォーム・キャピタリズム、デジタル・スタック理論、インタラクティブネットワーク、複雑系、メディアアートと偶発性をハイブリッド・デジタルメディアにとりいれたポスト構造主義、シングラリティー社会論以降のメディアに対するセオリーである。

サウンドアーティストであるキム・カスコーン (Kim Cascone) によるグリッチ・アートの定義化とともに提唱され欧米では社会学者であるジョージオ・アガンベン (Giorgio Agamben)、加速主義の社会学者の松本良多 (Ryota Matsumoto) によりサイバネティクス以降の社会学として実践されている。

関連する人物

キム・カスコーン (Kim Cascone) , 松本良多 (Ryota Matsumoto), ジョージオ・アガンベン (Giorgio Agamben)

 

出典: https://enpedia.rxy.jp/wiki/ポストデジタル

 

 

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する