松本良多

ページ名:松本良多

アーティストでありポスデジタル、加速主義の社会学者である。

ロンドンAAスクール、グラスゴー・スクール・オブ・アートにて建築、美術、哲学を学び、2007年ペンシルベニア大学大学院芸術学部建築学科修了。 

建築家としてはムハマド・ユヌスの融資によるMITメディアラボとダッカ都市再開発事業に関わり、黒川紀章と九州大学元岡キャンパスセンター地区の設計で協働した。

2017年にはレバーヒューム・トラスト国際学会の招聘によりコーネル大学とプラット・インスティチュートにて「ポストヒューマニズムと未来都市」について講演。 
またコイルの解散以後、元メンバーのピーター・クリストファーソンとビデオ、グラフィックの作品で協働している。 

近年ではロージ・ブライドッティとの対談、エドワード・カックとのカリフォルニア大学アーバイン校でのワークショップと多岐な分野で活動している。 


また、プリマス大学トランスアート・インスティチュート、ニューセンター・オブ・リサーチ・アンド・プラクティス、パーソンズ美術大学の客員教授を務めている。

 

出典 https://dic.pixiv.net/a/松本良多

 

 

 

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する