Virl 使い方

ページ名:Virl 使い方

1階層目のProjectを作成する

  1. 左ペインのProjectを右クリックし、「New > Project」を選択する
  2. Topology > Topology Projectを選択して「Next」を選択する
  3. Project Nameを入力してFinish

※保存場所を変更する必要がない場合は、Use default Locationにチェックをいれたままでよい


2階層目のProjectを作成する

  1. 1階層目のProjectを右クリックし、「New > Topology」を選択する
  2. ファイル名を入力してOKを選択する

Topologyの作り方

  1. 左ペインの「Nodes」から、Topologyに配置したい機器を選択する
  2. 真ん中のTopologyに配置する(ドラッグ&ドロップではない)
  3. 1~2の手順を繰り返し、機器を配置していく
  4. 配置された機器の名前を変更する場合は、画面真ん中下部の「Node」から変更する
  5. 配置された機器間を接続するため、左ペインの「Tools」から「Connect」を選択する
  6. 接続したい機器をクリックした後、そのまま接続する機器を選択する
  7. 最後に、Telnetで接続可能にするため画面真ん中下部の「Propeties」から、Management Networksを「shared Falt Network」に変更する

※AutoNetkitという自動でConfigを作成するツールもあるが、基本的に使用しない
※Defaultだと、Topologyで機器間を接続する際にInterfaceが自動で割り当てられる
 あんまりよろしくないので、この設定は変えておく
 VMmaestro > File > Preference > Topology Editor で以下の項目のチェックを外す


 Associte new connection with interfaces silently


 これでTopologyで機器間を接続する際に、Interfaceが指定できる

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する