香りパイプと香りパットの容器

ページ名:香りパイプと香りパットの容器

2808  

香りパイプと香りパットの容器

 煙草を止められない理由ですが、それは煙を吸い込む快感だと思います。しかし煙は煙草の

銘柄を変えて吸ってもそれほど気になりません。気になることは銘柄で香ばしい匂いが異なる

ころではないでしょうか。

 つまり煙草が止められない理由は煙草の香ばしい匂いが止められない最大原因だと思います。

食物の香りが無いと全く美味しくないことと同じではないでしょうか。これが下記のような脳

を活性化させる香りで煙草の代用ができる第一理由です。

 二番目の止められない理由は、煙草を口に銜えることで本能的に精神的安定を得られるとこ

ろだと思います。こちらが最大の原因かもしれません。ストレスを抑えるために間食するのは、

口の寂しさを補う動物の本能ではないでしょうか。また、持論かもしれませんが、小児時代の

授乳本能を満たしたいというところがあると思います。煙草の代用にできる第二理由です。

 この香りパイプは、パイプの径を細く軽くして銜えやすくしていることが特徴です。パイプ

を銜えていると癖になり確実に間食抑制と節煙になります。ガムを噛み続けて顎が疲れてしま

うこともありません。

 ところで、煙草に火を点けてしばらくすると煙草の葉が焦げた匂いに変わることに気がつき

ません。焦げた匂いに鼻が麻痺し、葉っぱの香ばしい匂いを感じなくなります。

 このように、煙草の香ばしい匂いに匹敵するいい香りを使用することにより、煙草の代用に

することができます。

 いい香りはオキシトシンという幸せホルモンが体内に湧出することが証明されています。

 

 天然木の香料でも、防腐剤等が混入されていて直接口中から肺に吸引すると害になります。

 香水のように一旦空中に放散した香りであれば害になりません。

 

 アイデア宝庫に掲載しているものとは少しちがいますが、香りでごまかして煙草やめました。

 銜え煙草のように、香りパイプを口に銜えるだけで本能的に落ちつきます。

 また、香りパットでパイプの先端に香りを付着させる動作が、煙草に火を付ける動作や灰皿

 に灰を落とす動作に類似し、本当の煙草を吸っているような気持ちになります。

 詳しい試作品を下方に掲載しています。【最後尾メール手順よりご感想をお願い致します】

 

引用させて頂きました

 ◆檜の香りが脳を活性化させるそうです。

【中野信子】脳を香りでボケさせない方法
 https://www.youtube.com/watch?v=xK54WemcUlc

 神経細胞が生まれる香り(檜)
 https://www.youtube.com/watch?v=5ux1RycQZe0

 アロマと嗅覚、そしてストレス
 https://www.toho-u.ac.jp/sci/bio/column/035599.html

 アロマと脳
 抜粋
 ヒノキをはじめいろいろなアロマオイルに含まれているα-ピネンの香りを嗅いだ
 マウスの海馬では、脳由来神経栄養因子(BDNF)の遺伝子発現レベルが上昇してい
 ました。NGFRやBDNFは、神経の成長・維持に重要な役割を果たしており、その発現
 はストレスによって低下するため神経細胞死が起きるといわれています。このよう
 に、香りのストレス抑制効果は、実際に脳内因子の発現を変化させることによって
 発揮されるものであることが分かってきました。

 ●特許弁護士・荒井裕樹

 https://www.mbs.jp/jounetsu-old/2006/12_03.shtml
 成功報酬120億円求めた凄腕弁護士「荒井裕樹」

 

 香りパイプと香りパットの容器

 香りパイプのフィルター部分には吸気する穴がありません。

 ドリルでフィルター中心部から側面に吸気孔を開けることもできますが、

 下記の試作品画像のパイプのように、フィルター部分に設けた幅3mm深さ

 1.5mmほどの溝で吸気することができます。少しだけ唇で位置調整すること

 で軽い吸気できます。煙草のフィルターは強い吸気はできないはずです。

 口で強く吸気すると香りがあまり感じられません。香りパイプは鼻で吸気を

 しますので、口からの吸気は補助的なのものです。

雑誌「アイデア宝庫」に掲載

【フィルター部分に喉アメ等の清涼剤を貼り付けることもできます】

 

 パイプ先端に取り付けた、香りカプセルの蓋をボールペンの先等で突いて穴を開けるか、

 ライターの火で焼いて香りを発散させます。

実用新案登録済

 

 

 

 有効性に疑問がありますが
   アメリカ合衆国コピーライトオフィス登録 (住所・氏名は白線にしています)
 No. TXu 1-757-609   May.20.2011

 

 パフューム パイプ

 

 香りパットを使用する香りパイプ

 下記の画像はパイプ3本と、香りパットの容器を収納する縦形ケースの試作品です。

 印鑑の朱肉のように、香りを付着させるタイプの香りパイプです。

 香りパットの容器にマイクロテストチューブを使用しています 。

 (下記図面の縦型ケースの場合、図7・8・9)

 ネット通販されている、アクリル板で作りました。安い厚さ2mmの檜の板でも試作しています。

 パイプは竹串や檜・杉の丸棒でも試作しましたが、竹製が最も口の感触がいいです。

 箸に塗布する水性ウレタンニスや、植物の茶色や黄色の煮出し液を塗布することもできます。

 マイクロテストチューブの香りパットは、中に乾いた簡易おしぼりを小さく切り丸めて入れています。

 最初はオーガニックオイルを2滴ほど滴下し浸透させて使用します。付着が少ないと思った時に追加します。

 3、4滴も滴下すると、パイプの先端を押し付けた時に溢れ出ます。

 

 マイクロテストチューブの香りパットを、パイプが3本入る携帯ケースに取り付けて使用します。

 マイクロテストチューブの蓋も、パイプ収納部の蓋も片手の親指と人差し指で開閉できます。


 オーガニックオイルを薄める割合が難しいところですが、パイプ先端を押し当てて使用している

 うちに香りが少しづつ変化(強化)します。

 

 

 

 パイプの先端を押し当て香りを付着させる、

 香りパットの容器の図面です。

 縦形ケース

 図7・8・9

実用新案登録済


◆以下の手順でこのHP管理者(運営者)にメールを送る事が出来ます。

先頭画面上の歯車のツールから・このWiKIの管理者に連絡する、をクリックしてください。
表示されました下記のフォームを埋めて投稿してください。
あなたのメールアドレス宛に確認のメールが届きます。
確認のメール文中にある確認URLにアクセスすると、管理者にメールが送られます。

◆管理者(uiui20161004WiKi)からの返信をお待ち下さい。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

★この香りパイプ普及に興味がある方のメールのみ返信させていただきます。

★メールアドレスの悪用は決して致しません。そのPC能力がありません。

編集途中ですが相互リンクを募集しています。


#cal


endar

 

 

 

 

 


このページはあなたのWikiのトップページです。自由に編集してください。
メニューの【編集】をクリックしていただき編集ができます。

<メタ名= "msvalidate.01"コンテンツ= "21ED9F12C452FBDBE0B39ABAC983B585" />

管理者ログインは右上メニュー【ログイン】をクリックしていただき編集ができます。

※このページの内容はすべて削除しても問題ありません。 

 

エディターの基本的な使い方

 太字    - 文字を太字にできます
 斜体    - 文字を斜体文にできます
 下線    - 文字を下線を引く事ができます
 打ち消し  - 文字を打ち消し文にする事ができます
 添字    - 文字を添え字にする事ができます
 上付き文字 - 文字を上付き文字にする事ができます

ページの編集の仕方はこちら

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する