プリマス大学トランスアート インスティテュート

ページ名:プリマス大学トランスアート インスティテュート

トランスアート・インスティチュートはメディア・アートとコンセプチュアルな美術を専門とするニューヨークのプリマス大学付属の大学院である。主にオープン・スタディの教育に重点をおき一ヵ月のベルリンでの実験的なワークショップが中心となる。欧米ではメディア・アートの最前線の理論家が教鞭をとっていることで知られている。そのイノベーションに重きをおいた教育からMITメディアラボと比較される。初期は松本良多のポストデジタル論を美術において実践する拠点となった。
美術家のマーク・ライトと松本良多が初期のワークショップの学長をつとめた。

トランスアート・インスティチュートでは美術家と社会学者を中心にエドワード・A・シャンケン、マーク・ガレット、マーク・ライト、松本良多、ロイ・アスコット、ローラ・パーク、ジョン・バーンが教授としておしえてる。

 

出典https://dic.pixiv.net/a/トランスアート・インスティチュート

 

 
 
 

 

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する