法学総論

ページ名:法学基礎論

法学とは、法律に関する学問である。


では、そもそも法とはなにか。


ルール


  ルールの種類
  法の特徴


では、法学は何をするか。


(1)法の理論的研究


   → 法の基礎をなす理論の研究


     法は基本的にある制定


(2)論点の研究


   → 各論点の整理と研究
     論点は、要するにネタ帳である。



(3)判例の研究


   → 判例の位置づけや守備範囲の検討


     判例は具体的な事案に法を適用した例であり、事後の
     運用の基礎となるものである。
     日本では判例は法源ではないとされるが、
     実際の運用では判例に従って裁判例が積みあがっていく。
     ただし、注意すべき点が2点ある、。
     1つは、判例はあくまでその事案における判断であり、
     どのような事実関係の下でそのような判示がされたかを
     きちんと確認しないと(判例の射程)、
     今目の前にあるケースに適用可能かや、
     帰結を予測することが難しいということである。
     判例研究の1つの意義はそこにある。
     また、判例は極限事例であることが多いことも注意すべき点である。
     そもそも、訴訟の大半は事実関係についての争いとして議論されるもので、
     法律論自体が訴訟の帰趨を決することはまれである。
     逆に言えば、法律論を持ち出している時点で一方当事者は訴訟追行上
     不利な地位にあり、法律論を展開していることが多いということである。
     例外的なケースへの配慮をしつつ、あくまで、
     よくあるケースでどうなるか、をきちんと押さえておくことが重要である。


(4)政策論的研究


   → 法政策の方向付けに関する研究


(5)法の基礎に関する研究


   → 法の基礎にある社会背景や政治理論に関する研究


(6)実務運用に関する研究


   → 法実務の実証的研究


実務法学は何をするか。


(1)法運用の基礎


   事実認定
   規範定立
   あてはめ


(2)リーガルリサーチ


   法文調査
   判例調査
   文献調査


(3)法文書作成


   各種訴訟資料作成
   契約書作成
   実務上の各種書類


法の限界とは何か。


(1)空間的・時間的限界


(2)制度的限界


(3)法そのものが内在する限界

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する