モンスターハンターシリーズの人気モンスターTOP10

ページ名:モンスターハンターシリーズの人気モンスターTOP10


モンスターハンターライズの発売を記念して、歴代の大型モンスターを対象とした人気投票を行いました。これには、初代から最新作までずっと紹介されてきたものも含まれています。2021年4月13日から27日まで行われたこのイベントには、13,045人が参加した。残った694票が「その他」に分類されたため、合計56体のモンスターがリストアップされたが、ここでは上位10体のみを紹介する。


バリオス


351票で10位にランクインしたのは、アイス・タスク・ワイバーンのBariothです。白くて大きな空飛ぶワイバーンで、セイウチのような長い牙を持っているのが特徴です。第3世代で登場した彼の戦闘スタイルは、優れた飛行技術と猫のような機動力をミックスしたもので、多くのハンターの記憶に残っています。


Bariothは、その敏捷性と戦術的な動きから、挑戦的な敵である。しかし、彼は壊れたパーツの効果が最も顕著に現れます。彼は、そのビジュアルデザインと、Monster Hunter.Worldのゲームプレイで強調されているアーマーの効果で人気があります。Worldのゲームプレイでは


ディアブロス


ホーンテッドワイバーンのディアブロスは359票で9位に浮上しました。この大型モンスターは、『モンスターハンター』1作目から、ラタロス、ラティアンとともに、「砂漠の暴君」の象徴としてほぼすべてのゲームに登場している。体質的に「空飛ぶワイバーン」と分類されているが、空を飛ぶことはできない。


翼は体を運ぶのに十分な大きさと強さを持っていますが、空を飛ぶというよりは掘るために進化してきたのです。その近縁種であるモノブロスは、頭と角の数が違うだけで、動きも生理的にもよく似ています。カプコンでは、重複を避けるために、より脅威的なディアブロスを選択したが、359人の投票者はこれに同意したようだ。


ティグレックス


ロアリングワイバーンのティグレックスが603票で8位にランクインしました。モンスターハンターポータブル2nd」の看板モンスターとして登場したティグレックスは、レベル1のクエスト「沈みゆく気持ち」に登場し、大きな脅威となります。ハンターは、ティグレックスが潜んでいる間、骨の武器だけでポポタンを探すことになります。


もはや暴君とはみなされていないが、それでも恐ろしい存在として尊敬されている。他のワイバーンのような元素の力はないが、立派な武力と意志を持っている。その絶対的な力から、歴代のワイバーンの中でも最も強いと言われている。


ゴス・ハラグ


ゴス・ハラグは653票で第7位に輝きました。第5世代のモンスターとしては唯一のトップ10入りですが、意外と知られていないようです。生態や戦い方など、『モンスターハンターライズ』での姿を評価する声が相次いだ。また、ハンターが悪魔と決闘しているかのような威圧的な雰囲気を醸し出しているテーマ曲にも注目が集まっている。雪鬼獣は、戦闘を芝居がかったものにしてくれたということで、トップ7に上がりました。


Rajang


686票を獲得したRajangは、競合他社を抑えて6位にランクイン。世界中のハンターたちは、この獣が「破壊の化身」という称号を得たことを認めています。ラジャングは侵略者であり、食べるか挑戦するか以外の本能はありません。モンスターハンターポータブル2nd』では、シークレットアンロックの闘技場の挑戦者としてデビューし、その誘いに乗ったハンターたちは彼の存在を恐れた。ラージャンは『モンスターハンター4』、『モンスターハンタージェネレーションズ』、『モンスターハンターワールド』、『モンスターハンターライズ』でもハンターの悪夢の中で暴れ続けている。モンスターハンターライズ


フルフル


ふるふる」は786票で「金獅子」を抜いて5位になりました。ふるふる」は、シリーズの中でも最弱のモンスターなので、人気投票=実力ではないことを思い知らされます。まだまだ勉強中の新規プレイヤーにとっては手強い相手ではありますが、ストレンジ・ワイバーンということで人気があります。フルフルは、戦闘を目的とした他のモンスターとは異なり、真っ青な体と奇妙な感覚を持つナメクジのような空飛ぶワイバーンです。


Rathalos


861票で4位にランクインしたのは、シリーズを代表する空の王「ラタロス」です。火を噴くドラゴンに挑戦するのではなく、それを体現するようにデザインされており、赤いウロコ、優れた翼、致命的な爪を持っています。


第一世代の空飛ぶワイバーンのデザインによく見られる、膨らんだ尻尾が特徴的である。Rathalosの戦闘スタイルは、登場するたびに創造性と破壊力を増していき、常にエキサイティングな戦いを見せてくれる。


ナルガクガ


1,268票で銅メダルを獲得したのはNargacugaです。ナルガクーガは、『モンスターハンターポータブル 2nd G』(『モンスターハンターポータブル 2nd』は『モンスターハンターポータブル 2nd』の拡張版)を代表するモンスターです。モデルはティグレックスやバリオスに似ており、翼ではなく前脚として機能する。本来は慎重な性格であるが、怒り狂うとティグレックスのように容赦なく攻撃してくる。目は赤く光り、レーザーの痕跡を残しながら移動するため、初めて戦うハンターはほとんどが畏怖の念を抱く。


タマミツネ


1,556票で2位に浮上したバブルフォックスワイバーン。タマミツネは、モンスターハンタージェネレーションズの代表的な4体のモンスターのうち、モンスターハンターライズまで登場していないモンスターです。そのデザインは、シリーズの中でも最も美しいモンスターの一つとして忘れられず、ユニークなゲームメカニックにより、ハンターたちはその泡を警戒しています。


ジノグレ


2,081票を獲得したのは、アルファ・サンダーウルフ・ワイバーンの「ジノグレ」です。シリーズの中でも特に個性的なモンスターなので、当然といえば当然かもしれません。一見すると、ワイバーンやドラゴンが多いゲームの中では不釣り合いな外見のZinogreですが、最も伝承に適した生理機能を持っていることで知られています。


その電力は地元の雷虫との共生の結果であるというアイデアは、誰もが気に入った。ジノグレはエルダー・ドラゴンほど強力ではありませんが、他のワイバーンに比べて楽しいメカニックを持っています。これらの要素は、『モンスターハンターライズ』や『モンスターハンター』で機動性を重視した場合に大きな効果を発揮する。Worldのゲームプレイでは


Monster Hunter Worldのゲームプレイをもっと知りたいですか?https://mh-game.jp/ にアクセスして詳細をご覧ください。

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する