ソーシャルレンディングを深々と考える。

ページ名:ソーシャルレンディングを深々と考える。

ソーシャルレンディングの基本的な流れ

ソーシャルレンデイングの基本的な流れは下記の通り。

  1. ソーシャルレンディング業者がファンドを組成。
  2. 投資家がファンドに出資申込。
  3. ソーシャルレンディング業者が借り手企業に資金融資。
  4. 借り手企業がソーシャルレンディング業者に資金返済。
  5. ソーシャルレンディング業者が投資家に利益を分配。

ソーシャルレンディングのいいところ。

とりあえず投資家から見たいいところは下記。

  • 提示されてる期待利回りが高い(=あくまでも、「期待」利回りだが)
  • 少額から投資できる(1万円くらいから)
  • 投資手続きが簡単(全部ネットで済む)

借り手企業から見れば、下記のような利点がある。

  • 審査が(銀行よりは)柔軟
  • 担保掛け目が大きい(同じ担保物でも、銀行よりも多く貸してくれる)
  • 満期一括返済が出来る

ソーシャルレンディングのこまったところ

いろいろあるが、投資家からすれば、

  • 元本保証がない
  • ファンドの途中解約が出来ない。
  • ソーシャルレンディング業者が破綻した場合、出資している資金が棄損する恐れがある。

などといった点が問題視され得る。

借り手企業にとっても、ソーシャルレンディング業者の課す金利は、大きな負担となり得る。

ソーシャルレンディング業者はどこがいいか。

ソーシャルレンディング業者を選ぶのは、ソーシャルレンディング投資の中でも、かなり大事なステップ。

いろいろと情報を見極めながら、ソーシャルレンディング業者選びを進める必要がある。

参考になるのは下記の記事等。

https://social-lending.online/qanda/kiken-kaisya-minukikata/

 

 

 

へっだ1 へっだ2
1 100
10 10
5 50

 

ここを編集する

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する