クラン憲章

ページ名:クラン憲章

<クラン憲章>

前諭

感染X民は、AVAにおける感染ルームの統括と過疎化しつつある感染人口において、正常なゲームプレイを可能にするため行動し、我々と今後のAVAの為に、諸AVA民との協和による成果を信じ、この憲章を確定する。

そもそもAVA、およびAVA運営は、AVA民の厳粛な信託によるものであって、その権威はAVA民に由来し、その権力はAVA民の相互の利益のために行使し、その福利はAVA民が享受する。

これは、人類普遍の原理であり、この憲章はかかる原理に基づくものである。われらは、これに反する一切の憲章、法律、命令、行為をAVA内から排除する。

感染X民は、感染Xの名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓う。

条文

第一条

感染Xにおける、主権は「労神な老人」が有する。

第二条

オフィサーの任命権は、「労神な老人」が有する。

ただし、指名権は、オフィサー及び感染X民の総意に基づくものである。

第三条

感染Xへの入隊承認権限の一切は、「労神な老人」が有する。

これに反する命令、行為の一切は排除され、行為者は直ちに感染X民資格を失う。

第四条

感染Xからの離脱承認権限の一切を有することは許されない。

承認なくして、離脱することはできない。

即ち是、離脱を許さない。離脱したものは、今後一切の入隊資格を失う。

第五条

長期間にわたるINの無い感染X民は一時的に感染X民資格を失う。

その剥奪権限は、「労神な老人」が有し、その行為は、「労神な老人」の名のもとに行われる。

ただし、この場合における失格は、一時的なもので、「労神な老人」は失格者の再申請を受け取った場合、再び感染X民資格を付与しなくてはならない。

また、INに関する基準は原則的に7日以上である。

第六条

感染X民は、積極的に感染ルームに参加し、感染ルームの秩序を維持し、感染ルームの秩序維持に必要な場合は別に定める実力行使を行い、その根本を排除しなくてはならない。

第七条

感染X民は、積極的にマッチ、クイックマッチ等に参加し、AVAの活性化とクラン戦績向上に最大限努めなければならない。また、感染X民は互いに協和し、互いの短点を適示し、それぞれ改善に努めなければならない。

第八条

感染X民における、内乱、外患、破壊活動、喧騒などの一切はゆるされない。

これらに関わったものの処罰は、別に定め、また、行為者は「労神な老人」がこれを処罰する。

第九条

感染X民は、相互の信頼と、クラン及びAVA活性化に努める精神の遂行のため、週5日以上のINをする必要性を要する。

これに違反し、さらに7日以上INしなかったものの処遇に関しては別記の通りである。

ただし、事前にクランマスター及びオフィサーに事情の旨を通告していた者については、この限りではない。

 

補則

この憲章は、公布後直ちに施行される。

この憲章の改正権限は、「労神な老人」と「労神な梨々子」の合議、または感染X民の総意による。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー以下余白ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー