キリスト教葬儀

ページ名:キリスト教葬儀

キリスト者弔いの概要。

葬儀は、真っ先に開始のことばと神父様の祈祷によってスタートします。

その次に、葬送曲をうたい、聖なる文の御ことばの読み上げをしたのち、牧師様のメッセージへと続きます。

そして、プレイズを朗唱して、飾花をする時間を持ち、最後にもう一度葬送の賛美歌を奉唱して、牧師のご祈祷によってクローズする、という流れがオーソドックスです。

→ キリスト教葬儀の流れと参列マナー

キリスト教葬儀の喪主の務め

教会員弔いを行うために、当事者が開催前に用意しなければならない事はどのようなものか?。

次第ないしは教会音楽の歌詞カードは、プロテスタント教会が用意するもの。

喪主や遺族は、亡き人との特別なフィルムかつ歌い上げたいキリスト教音楽の邦題をメモしておくことというのが事前の整えとなります。

生花祭壇のデザイン

キリスト教追悼でアレンジする生け花祭壇は、花の品種やカラー等の絶対的なルールはございませんないです。

ご希望通りの花を、ご希望のデザインでで飾って大丈夫です。

喪主の挨拶

喪主によるご挨拶の肝要な事柄につきましては、仏道の言い方を避けながら、キリスト教会の死生観を、信仰者ではない参列者でも通じやすい表現で語ることが重要です。

弔電の取り扱い

ご弔電(電報)をご紹介する時。

ご弔電に関しては、仏教の死生観によって書き送られているというのが多々ありますから、クリスチャン葬式のさなかではご紹介をさせていただかないように決めているキリスト教のチャーチもたくさんございます。

ただし、わざわざ賜ったので、発信人の人物名は奉読します。

お食事

キリスト者追悼が終ってから、お食事を持つか否かは自由選択です。

カトリック教会の宗教施設の中では飲んだり食べたりがノーであるという時には、葬送客用の料理店へと場所と変えると差し障りなくなります。

教会へのお礼(献金)相場

キリスト教組織へは一日のお葬式で100,000円、前夜式もする二日の葬式で二拾万円ほどが基準であります。

葬儀その後の行事(回忌ごとの法要)

基督教葬礼の後にすること。

仏教においでは四拾九日(しじゅうくにち)の追悼供養を催すが、キリスト教信仰者はどんな行事をするのでしょうか?。

キリスト教のチャーチによっては、50日祭を開催する。

基督教では、年忌ごとの法会は何かするのですか?。

キリスト者は、召天者記念会を開きます。

 

キリスト教葬儀の参列者マナー

御香典の言い方

キリスト教信仰者葬送の香典(こうでん)の言い方。

「御香典」(おこうでん)にかけては、御香を焚き上げるためのプライスという意味での通称でありますが、基督教弔いにかけては御花を用意しますので、お花代と呼びます。

しかれども、カトリックチャーチ等ではかぐわしい香りのお香を焚く場合もありますから、御ミサ料という呼称を用います。

お花料の相場

御花料についてのスタンダードにつきましては、一般的な会葬者の事例では5,000円、近しい親族またはカンパニー関係の方の事例では30000円前後のケースもあります。

お通夜の言い方

教会員追悼での「お通夜」の通称。

仏門の葬儀で使用されている名前の「通夜」は、キリスト教の教会では前夜式といいます。

カトリック教会に関しては、通夜の祈りとも呼びます。

服装

クリスチャン葬祭における衣服については、普通の式服で可能となります。

パールのペンダントのような、装身具を着けていたとしても問題ありません。

もっとも、数珠は不必要です。

時間

クリスチャンメモリアル礼拝をするための時間は、60分以内が一般的です。

追悼に出席するなら終幕まで居ることがエチケット(マナー)ですからご注意致しましょう。

聖歌や讃美歌

教会員葬送儀礼に行くなら、典礼歌を揃って歌うことがマナーであるのでしょうか?。

キリスト教信仰者追悼での聖歌というのは、覚えが無い場合は、謹聴だけでも可能です。

典礼歌を共に歌うことが否応なしの礼儀ということではありませんから、安心して下さい。

献花

基督教葬送儀礼においての礼節(マナー)とは?。

キリスト者追悼における献花(けんか)を行う上での礼儀(マナー)に関して、葬儀エチケット読み物には、なんだか決まりごとがあるかのように明示されてしまっているのが現状です。

だけど、御言葉にはそのような規定は断じてない。

 

 

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する