Specimen

ページ名:トップページ

ホラーゲームSpooky's Jump Scare MansionのWikiです
ネタバレ満載

Steam版

DL版

HD版

メインキャラクター

Spooky/スプーキー

館の主で、家に来た主人公に対し、ある目的から1000部屋攻略を求める。

パソコンの時計がハロウィン(10月31日)位の時期にゲームを起動して会うと
生前時のコスプレ姿のスプーキーちゃんと会える。
エドガー・アラン・ポーの赤死病の仮面という
非常にマニアックなチョイスである

主人公

歴史愛好家で丘の上の古い館(スプーキーちゃんの家)の歴史を調べに来た。
基本的に姿は見えないが、一部ゲームオーバーやエンディングで、残骸やシルエットが見える。

Specimen


通常モードで出現する敵。エンドレスモードでも出てくる。

Specimen 1(看板)

Type:Docile タイプ:おとなしい
Total Fatalities:4 殺害数:4
Method:Heart Attack 方法:心臓発作
A cardboard cutout figure that springs out from walls.
Proved not very effective against healthy subjects.
壁から飛び出す切り抜いたダンボール。
健康な被験者に対しては全く効果がないことが判明。

特殊能力:特になし

壁から飛び出すイラスト。モードによって多少出てくる絵柄のパターンが異なる。
全く無害で強いて言えば敵から逃げる時、たまに進路の邪魔になる。
本ゲームは斧での破壊、敵への命中回数が一定を超えるとエンディングが変化するため、
実質こいつらがエンディング変化の鍵であり、その意味では最重要の敵である。

 

Specimen 2(緑の妖怪)

Type:Active タイプ:活動中
Total Fatalities:137 殺害数:137
Method:Physical Tearing 方法:物理的な切り裂き
A mostly semi-solid based specter that frequently changes matter states.
Proved very effective against weaker or slower subject.
主に半固体ベースの妖怪で頻繁に状態が変化する。
弱っているか遅い被験者に対して非常に効果的と判明。

特殊能力:床に緑色の染みが発生、接触中主人公の移動速度低下。地形無視(壁を通り抜け、穴の上を飛行する)

速度低下中歩いてスタミナを回復させるという選択肢もあるが、あまり大差ない。
地形無視系への基本対処として、位置関係によっては、
歩いたり待ったりして位置調整し、行き先で鉢合わせしないようにすること。

Specimen 3(デカい虫)

Type:Active / In Testing タイプ:活動中/テスト中
Total Fatalities:43 殺害数:43
Method:Infectious Bites 方法:感染性の噛みつき
A test specimen being developed at GL Labs.
Should prove useful when released.
Trials have shown it is adequately effective to average subject.
試験体はGL研究所で開発中。
開放された場合、有用であろうと判明。
試験では、平均的な被験者に十分効果的と判明。

特殊能力:天井の穴から降りて襲ってくる
天井の穴から降りて襲いかかって来るまで時間がかかるので、
さっさと走って逃げればいい。
大半のフロアでは姿も見ずに逃げ切れる。

Specimen 4(女のオバケ)

Type:Active タイプ:活動中
Total Fatalities:85 殺害数:85
Method:Consumption 方法:摂取
A 14th century spirit that was contained and relocated here.
Tests have yet to reveal origins,
but all relevant information has been placed into testing chamber.
Proved effective,
but no greatly more than previous specimens.
14世紀の霊がここに移転し存在しています。
テストでは起源の判明に至りません。
しかし、全ての関連情報は試験室内に蓄積されています。
効果的と判明、
しかし前の検体より大きく優れてはいません。

特殊能力:地形無視

特に特徴のない敵。
ただし恐らく一度しかやってこないが、二股路の中央前方で待ち伏せしていることがある。
その場合ダメージ覚悟で素早く突っ切ればいいが、運悪く開かないドアの方に逃げてしまった場合は、
壁の中の位置を予測して少し引きつけてから、もう一方のドアの道へ急いで向かおう。
正直この時が一番死にやすい。

エンドレスモード:一定時間毎に変身を繰り返す、その度こちらの視界を暗転させ周囲を見辛くする。

Specimen 5(剣を持つマネキン)

Type:Active タイプ:活動中
Total Fatalities:168 殺害数:168
Method:Physical Punctures 方法:物理的な突き刺し
A creature found inside the church of a small town.
Subjects are lost after contact with the specimen.
Current method of killing is unknown.
Proved extremely effective against subjects with mental issue or weak wills.
小さな町の教会内で発見された生物です。
被験者は、検体と接触後に消失します。
現在殺害方法は不明です。
精神的な問題があるか意志の弱い被験者に対して極めて効果的と判明。

特殊能力:壁、床、天井を同一の滅茶苦茶な模様に変える

模様替えされると壁を見失ったり位置感覚が分かり辛くなる。
部屋に入った瞬間に、なるべく周囲の地形やドアへの方向を覚えること。
道を見失った場合は、最悪、ドアがあると思わしき方向へ
スペースキーを連打しながら進めば運が良ければ逃げられる。
意外に事故率の高いなかなか厄介な敵。

Specimen 6(商人の人形)

Type:Active タイプ:活動中
Total Fatalities:189 殺害数:189
Method: Unknown 方法:不明
A wooden life-sized puppet
found floating in a reservoir
where a town had once been.
Specimen is active despite appearance
and has proved very effective on subjects
who disregard in or have vision impairments.
木製の等身大の人形で
かって町のあった場所の
貯水槽に浮いてるのを発見しました。
検体は見た目に関わらず活動的で
無視するか視覚障害のある被験者に対し
非常に効果的と判明。

特殊能力:しばらく目視していないと、主人公の位置に回避不可のワープ攻撃

部屋に入った直後はたいてい、入ってきたドアの付近~ドアの後ろあたりに現れるので、
すぐに後ろのドアの方を向こう。
そのまま後ろ歩きで出口のドアまで進むのが基本戦術となる。
目視とはSpecimenのいる方向さえ向いていれば有効なので、地形やドア越しの場合も有効。
また、しばらく目視していた場合、ランダムなどこか別の位置へワープするので、
すぐに相手のいる(と思わしき)方向を探そう。
広い見通しのいい部屋ならいいが、狭い通路では、壁越しの位置を予測するしかない。
接触するとダメージを受けるので、通路を塞がれた場合は、別の場所にワープするまで待とう。

ルールを把握できるまで極めて殺されやすい強敵。

HD版:基本は変わらないが、目視し続けた場合、主人公の真上から降ってくるようになった。
動き続けていれば当たらないが、壁越しなどの場合タイミングが読みづらい。
旧版の動きを知っていると、初見はかえってパニックに陥りやすいので、落ち着いて冷静に対処しよう。

Specimen 7(赤い壁)

Type:Active タイプ:活動中
Total Fatalities:93 殺害数:93
Method: Unknown 方法:不明
Specimen is constantly changing form
and attributes depending on subject's personality
but most common form
resembles a wall of moving anatomy symbols.
Only effective on subjects with past trauma or a history of psychological issue.
検体は被験者の性格に応じて
形や属性を常に変えます
しかし最も一般的な形は
人体のシンボルの動く壁に似ている。
過去のトラウマや心理的な問題の経歴のある被験者にのみ効果的。

特殊能力:特に無いが…

後ろから迫ってくるデカい壁。
通路の先を良く見て、行き止まりなら、すぐ引き返して正しいルートへ進むこと。

Specimen 8(鹿の王)

Type:Active タイプ:活動中
Total Fatalities:93 殺害数:149
Method: Absorption 方法:吸収
A floating figure that appeared in a test chamber
a few years after it was filled with
what was believed to just be unusually violent deer.
Specimen seem to engulf subjects and absorb them into its torso region.
Prove extremely effective on violent subjects.
異常に凶暴な鹿達で
一杯にした試験室内に
数年後発生した宙に浮く人影。
検体は被験者を巻き込むと、その胴体部分で吸収しているように見える。
暴力的な被験者に対して非常に効果的と判明。

特殊能力:地形無視、斧無効

斧が手に入った直後なので、調子にのって斧で切りにいかないように。
斧で一時的に後退やひるませられるSpecimenもいるが、
近づくこと自体がリスキーかつ逃げ切るのが目的なので、
あまり斧の出番はない。

Specimen 9

Type:Exterminated タイプ:絶滅
Total Fatalities:362 殺害数:362
Method: Unknown 方法:謎
A small skull shaped mass of clay
that seemed to gain more form as subjects were TAKEN TAKEN TAKE
....

Specimen was deemed too hard to contain
and was killed and dismantled by GL Labs.

粘土の塊のような形をした小さな頭蓋骨
試験体はより多くの形を得て、得て、得て


試験体の収容はあまりに困難で
総合研究所にて抹殺、解体された。

特殊能力:地形無視、ポーズせずに一定時間じっとしていると出現
本作における永久パターン防止キャラ的な存在でもある。
三叉路の中央を通ると、壁が迫って動けなくなり、こいつに殺される場合がある。
三叉路はなるべく左右の道を行こう。

Specimen 10

Type:Active タイプ:活動中
Total Fatalities:245 殺害数:245
Method: Parastic Infections 方法:寄生感染
A form changing creature that is believed to be an extraterrestrial,
though it was not officially proven.
Proved very effective on most subjects,
but deemed too difficult to contain.
The specimen broke out of its containment area due to frequent electrical malfuction.
地球外生命体と思われる変身する生物だが
正式には証明されていない。
ほとんどの被験者に非常に有効と証明されたが、
収容は困難と認められる。
この検体は収容エリアの頻繁な電気系統の故障により脱走した。

特殊能力:一定以上距離を離すと、高速形態に変身。

高速形態はこちらの速度を上回る。
なので後ろ歩きで敵との距離を測りつつ、ゆっくり進むのが対処法となる。
高速形態に変身させてしまったら、ダメージ覚悟で走ってドアに駆け込もう。
次の部屋へ行けば通常形態に戻る。
高速形態は小さな芋虫のような姿で背が低く、接近されると足元を見ないと見えないため、
初見は何が起こったのか把握し辛い。
また通常形態は歩く速度こそ遅いが、ドアを壊して入室はやたら早いので、
次の部屋に入ったら即ドアから離れよう。

Specimen 11(赤い食物の悪魔)

Type:Active タイプ:活動中
Total Fatalities:317 殺害数:317
Method: Unknow 方法:Unknow
A floating red figure that was found inside a secret area below a large abandoned corporate office once owned by a restaurant franchise.
The specimen is extremely violent and also seems to leave the house at will despite various containment methods.
Victims vanish on contact with specimen
but sometimes remain of the victims have been found inside the testing chamber days later.
Proved not effective as victims souls do not remain after contact.

宙に浮く赤い姿した存在で
レストランフランチャイズに破棄された大規模なオフィスの下の
秘密のエリアで発見された。
検体は様々な封じ込め方法にも関わらず、
自らの意思で館から出るようです。
検体と接触した犠牲者は消えます。
たまに犠牲者が試験室内で数日後に発見されることがあります。
接触後に犠牲者の魂が残らないため
有効ではないと判明。

特殊能力:ドアを見えなくする、地形無視
なるべくドアを消される前に位置を把握したいが、
目視できなかった場合は、ドアがあると思わしき位置へ突っ込みスペースバーを押そう。
ドアは見えないだけなので、接近すれば"oepn”の表示が出るし、開けて次の部屋へ行くこともできる。
大抵の部屋パターンのドアの位置はすでに経験済みのハズなので、おおよその検討は付くだろう。

Specimen 12

Type:Active タイプ:活動中
Total Fatalities:317 殺害数:317
Method: Unknow 方法:Unknow
An old Victorian mansion that seems to build itself around its enviroment.
The specimen sometimes choose a 'host' to possess
and uses them to attack the subjects with various means depending on the host's characteristics.
Not much is known about the origin of the mansion,
but signs occasionally show an earlier massacre or tragedy has taken place within the mansion.
Proved very effective,
but varies itself too often to be a reliable method of extraction.
古いビクトリア朝様式の邸宅で
周りの環境に合わせて自身を構築している模様。
検体は時々「主」を選び
そして「主」の特性に応じた様々な手段で
対象を攻撃します。
邸宅の起源については大部分が不明ですが、
大虐殺や悲劇が邸宅内で起こった痕跡があります。
非常に効果的と証明されましたが、
信頼性の高い抽出方法としては、
あまりに変化が頻繁すぎます。

特殊能力:特になし

初遭遇時の洋館パートで音楽が変わった場合、部屋のクローゼットや箱の裏に隠れる必要がある。
洋館の探索パートがメインなので、以降通常の追跡者となってからは、特に特徴がない。

Specimen 13(人魚)

Type:Active タイプ:活動中
Total Fatalities:194 殺害数:194
Method: Drowing 方法:Unknow
An ancient water dwelling creature believed to be a lost soul who died tragically during the Deluge.
Proved extremely effective against subjects that could not swim or fell for the specimen's lure.
古代の水に住む生物で
大洪水で悲劇的に亡くなった
さまよう魂と信じられている。
泳ぐことができない
または検体の誘惑に堕ちた被験者に対し
非常に効果的と判明。

特殊能力:水中にいる間のみ追尾、攻撃してくる、地形無視

水上の木箱を渡り歩いて対処することになる。
部屋に入ったらすぐに、乗るべき最も近い木箱を判断して、すぐに走ろう。
うっかり木箱に乗り損ねたり、通り過ぎたりしなければ大丈夫。
木箱に乗って、ライフを回復する時間も無限にある。
地味に地形無視なので、通路などは壁を無視して接近してくる点は注意。

Endless Mode専用


Unknown Specimen 1

特殊能力:目視されると別の場所にランダムワープ、主人公に接触ダメージ時もランダムワープ

Imscared - A Pixelated Nightmareからのゲスト出演
部屋がドット絵風になるのが出現の兆候。
壁越しでも姿が見えるのが特徴、常に相手の位置を探し続け、接近される前にワープさせる必要がある。
突然ダメージを喰らうことがあるが、背後付近至近距離にワープ→接触していると思われる。
追跡が長引けば近距離ワープされる回数も増えるので、
できる限り迅速に追跡領域からの脱出を目指そう。
また、追跡されている最中は、通過部屋数のカウントが増えない。
死亡時の表示ウィンドウで"OPEN"と入力しOKボタンを押すと、もう少しだけ追いかけっこができる。

Unknown Specimen 2

特殊能力:移動が遅い、攻撃力が極めて低い

Unknown Specimen 3

特殊能力:主人公のライフを常時少しずつ減らす

ドアの前を塞いでおり、武器で倒す必要がある。
何度か倒すと出てこなくなるが、主人公のライフが少しずつ減りだす。
ライフがゼロになる前に、ライフ減少効果がなくなる部屋まで、逃げ続ける必要がある。

Unknown Specimen 4

特殊能力可愛い。動物の影で進路を妨害する。影は斧で破壊可能。
HD版:HD版は攻撃速度が低下したので、影の排除に時間がかかるため、相対的に強くなっている。

Unknown Specimen 5

特殊能力:目視していないとワープで回避不可攻撃、主人公に攻撃後にランダムな位置にワープ、地形無視

複数のSpecimenの特性を寄せ集めたような敵。
敵を見ながらの後ろ走りを強要される。
出現の兆候としては部屋が赤くなる他、警告メッセージが張り紙されたSpecimen1が出現する。
追跡されている最中は通過部屋数が増えない。
 

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する