ベルーガ「サアニャ」【シラナミ】

ページ名:べるーが-サアニャ

「シロイルカのサアニャだよ。……おねーちゃん、こんな感じでいいの?」


概要

 サアニャはシラナミ水族館で生まれ、シラナミ水族館で育った灰が多く残る3歳のメスのシロイルカです。シラナミ水族館内の北極の海で一日を過ごしている日が多いようです。


アニマルガール情報

 サアニャはある日北極の海のバックヤードにて母ベルーガと夜を過ごしていたところ、降り注いだサンドスターに当たり、フレンズ化しました。当初は何事かと騒がれましたが、特徴のあるリボンのような模様と濃い灰色、大きな尻尾がサアニャの証拠であったため、すぐにサアニャと判明しました。

 シラナミ水族館ではサアニャを担当していた職員は複数人おり、鯨類チームのリーダーである「朝比奈 花嵐」氏(カラン)をはじめ、魚類チームを統括している女性飼育員など、様々な職員が彼女を大切に育ててきました。

 サアニャは3月28日生まれであることから、328、サアニャと名付けられました。名付け親は公募で決まったため不明との事。

 シラナミ水族館の北極の海水槽を気に入っており、北極の海の外へ出ることはほとんどなく、極稀に担当の飼育員やシラナミ水族館所属のカマイルカのフレンズ「ルーナ」などと一緒に館内を歩き回ったり、旅行に誘われたりしているようです。


野生解放

 「わたしとあそぼ!!」 「わたしのたいせつな仲間を…傷付けないで……!!!!」

 「バブル・リング・ディベルティメント」

 ディベルティメント(嬉遊曲)は楽しい、嬉しいと言った感情を奏でる物です。サアニャの楽しい、嬉しいという感情と、自分や仲間を傷つけられることを恐れる思いが最高潮に達することで発動します。エンジェルリングが頭上に出現し、周囲に大小様々な泡が出現し、それが弾けることで痛みを軽減し、強烈な傷の治癒効果を生み出します。炭酸の様に次から次へと泡が出現し、弾けて消滅を繰り返します。

サアニャの一日

 サアニャは北極の海の水槽を出たり入ったりを繰り返して一日過ごしています。時折カマイルカのフレンズであるルーナと歌っていたり、シロイルカガイドの時間に水槽内でガイドさんの近くに寄ってきて頭の胸ビレをひらひらと動かし、多くの人がいる外を眺めたりと自分なりの楽しみ方をしているようです。


サアニャのあれこれ

 シロイルカのメロンをイメージさせる動く度にプルンプルン揺れる大きな帽子と、灰色の服装とヒレと尻尾が特徴です。シラナミ水族館内の北極の海以外で目撃されることはあまりありません。


プロフィール

 名前:サアニャ

  種:ベルーガ(シロイルカ)

 愛称:サアニャ

 所属:シラナミ水族館

 身長:145cm

 よくいる場所:シラナミ水族館、北極の海

 好きなもの:イカナゴ、ゼリー、頭を撫でてもらう事、等

 嫌いなもの:構ってもらえない事

 目立つ行動:北極の海にてよく遊んでいる

 特技:歌を歌う

 趣味:水槽内から外を眺める

 特徴:プルンプルンの大きな帽子、灰色の服と尻尾

動物情報

シロイルカ

 分類:哺乳綱 クジラ偶蹄目 マイルカ科 シロイルカ属 シロイルカ

 学名:Delphinapterus leucas

 英名:Beluga

 生息域:北極海、ベーリング海北部、オホーツク海、クック湾、セントローレンス湾

 詳細:クリック音、キーキー音、口笛のような音、ベルのような音など、様々な音声を発します。ある研究者は、シロイルカの群の出す音を、オーケストラの弦楽器が演奏の前に調音している時の音にたとえています。先にシロイルカは「海のカナリア」と呼ばれることもあると述べましたが、これはカナリアのように騒々しいからだと言われることもあります。50種類の明らかに異なる音声が記録されており、多くの音の周波数は100Hzから12kHzの範囲です。


イメージソング

Yasuha. - 好きなのに feat. 初音ミク 作曲:Yasuha. イラスト:鈴木もえこ Vocal:初音ミクV4X
 

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する