MT関数のreturn値

ページ名:MT関数のreturn値

<?t

mt calc($c,$d){

  $l=$c+$d;

  $m=$c*$d;

  return($l,$m);

}

calc(13,3)($r,$s);   //calcマクロというMT関数が呼び出され、13,3 という2つの値が渡され、return値2つは$r,$sに代入されます

echo($r.' '.$s);     //出力結果は'16 39'になります

?>

 

上記の様に、T言語のMT関数では複数のreturn値を持つことができます。

0個または単数のreturn値を持つ場合、C言語やPHP言語のように記述することもできます。

 

<?t

mt plus($g,$h){

return($g+$h);

}

 

$f=plus(13,8);   //calc というMT関数が呼び出され、13,8 という2つの値が渡され、return値$fに代入されます

echo($f);        //出力結果は'21'になります  1行目はT言語的に plus(13,8)($f); と書くこともできます。

?>

 

return 文により、単数または複数の値を返すことができます。

そしてMT関数は終了され、その関数を呼び出した 箇所に制御が戻されます。

数値, 文字列, 配列 を return でMT関数から返すことができます。

 

return を省畧した場合、 null が返されます。

 

MT関数とは、0個または1個以上のパラメータ値(引数)(input値)を渡され、処理を実行し、オプションとして単数または複数のreturn値(output値)を返すことのできる関数であるといえます。