2021年フラットフットレーシングで注目すべき競走馬ベスト

ページ名: 2021年フラットフットレーシングで注目すべき競走馬ベスト

2020年のレースは、見ごたえがありました。10年に一度のレースであるジャパンカップに向けて、多くの競走馬がシーズン中にその実力を証明しました。悲しいことに、昨年の伝説的な牝馬であるアーモンドアイは、同レースでの勝利後に引退しました。しかし、彼女が引退したことで、次のような馬たちが2021年に向けてスポットライトを浴びる機会が増えることになります。

 

コントレイル

コントレイルは、日本の牡馬三冠シリーズの無敗の王者として知られていました。ディープインパクトの息子の一頭で、父の跡を継ぐ可能性が最も高いと考えられている馬です。2021年は4歳のシーズンで、日本中央競馬会(JRA)のG1ステークスで古馬と競うことになります。彼は、2020年のJRA最優秀3歳牡馬賞を受賞しています。ジャパンカップではアーモンドアイとの対決で2着を獲得しました。

 

フィエールメント

ディープインパクトの息子であり、コントレイルの兄貴分にあたる。2020年のJRA最優秀高齢騎手・馬主賞を受賞しています。この賞をコントレイルに対抗して再び獲得できるかどうか、人々は期待しています。弟のように早くから活躍していたわけではありませんが、最近の地方競馬での活躍ぶりを見ると、その能力の高さがうかがえます。

 

デアリングタクト

日本の牝馬三冠シリーズの無敗の王者として知られたダーリングタクト。2014年の世界トップ長距離ランナーのタイトルホルダーであるエピファネイアの娘の一人です。ダリングタクトは、2020年のJRA最優秀3歳牝馬のタイトルを獲得しました。ジャパンカップ2020ではアーモンドアイとの対戦で3着を獲得しました。

 

ダノンザキッド

ダノンザキッドは、ベスト2歳コルトの受賞者です。2021年は3歳馬としてのスタートです。三冠シリーズに出場するかどうかは、まだ不明です。

 

ソダシ

最優秀2歳牝馬賞を受賞したソダシ。彼女もまた、初期のレースで素晴らしいパフォーマンスを見せてくれました。2歳のシーズンを4連勝で終えた。

 

クロノジェネシスとラッキーライラック

クロノジェネシスとラッキーライラックは、アーモンドアイと複数のレースで対戦した牝馬です。また、フィエールマンとはレースを共有しています。2021年のレースは、彼らの真の実力を大衆に示す最高の場となるだろう。

 

スポーツベッティングを楽しむ

地方競馬でスポーツベッティングを楽しむには、有力馬の情報を得ることが一番です。そのためには、オンラインのデータベースを利用するのが一番です。オンラインデータベースには、その馬の統計データや最新の試合が掲載されています。また、過去の成績を見れば、その馬の将来のパフォーマンスを見極めるのも簡単です。

結果を予測するための一番の参考になるのは、ニュースを読んだり、競走馬の最近のレースを見たりすることです。また、馬主や調教師は、自分の馬のことを一番よく知っているので、彼らのレポートに目を通すのもいいでしょう。

 

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する