アブラメリンの書

ページ名:アブラメリンの書


 賢者アブラメリンの神聖魔術の書(The Book of the Sacred Magic of Abramelin the Mage)は、15世紀頃のドイツのヴォルムスのユダヤ人アブラハムが著者とされるグリモアで、長き隠遁の準備行によって「聖守護天使との知遇と対話」*1を得た後に、この天使の監督の下で悪魔らとの契約をし、その後は様々な文字による特殊な方陣を用いて悪魔を使役するという内容である。
 英訳は2つあり、マクレガー マサースが1900年に(不完全な)フランス版から訳したものと、近年ゲオルグ デーンによって原書に近いドイツ語版から新訳が出されている。
 フランス版は3部に分かれており、第1部はアブラハムがエジプトで賢者アブラメリンと出会って魔術の奥義を伝授される物語。第2部は聖守護天使と出会い悪魔と契約するための行。第3部はその後に様々な目的のために用いる方陣のカタログである。さらにドイツ版では第1部と第2部との間に、雑魔術のレシピの部も含まれている。
 第2部の隠遁の行が本書のメインとなっており、6ヶ月(ドイツ版では18ヶ月)の隠遁、聖書を読み、祈り、心を清める生活をした後に、聖守護天使と出会う。第3部の方陣のリストは、フランス版ではほとんどが欠けており、マサースの復元の努力にも関わらず実行は不可能に近い。一方ドイツ版では全て完全な方陣となっている。
 ちなみにフランツ バードンもこのグリモアに親しんでおり、ピーター ハウマー編の1725年版を用いていた。


アブラメリン 前書き


第1の書
アブラメリン 1 序文
アブラメリン 1-1 第1章 息子ラメクへの学習の勧め
アブラメリン 1-2 第2章 父の死とマインツのラビに学ぶ
アブラメリン 1-3 第3章 コンスタンティノープル、アラビア砂漠への旅
アブラメリン 1-4 第4章 アブラメリンとの出会いと2冊の書を伝授される
アブラメリン 1-5 第5章 旅で出会った様々な魔術師
アブラメリン 1-6 第6章 これら魔術師の真偽の分析
アブラメリン 1-7 第7章 アブラハム、アブラメリン作業を行う
アブラメリン 1-8 第8章 神聖魔術の成功の様々な逸話
アブラメリン 1-9 第9章 アブラハムの訓戒
アブラメリン 1-10 第10章 悪魔に対しての警告
アブラメリン 1-11 第11章 神聖魔術を伝授されるための条件
アブラメリン 1-12 第12章 実践での2つの要点


第2の書 (主にドイツ版より)
アブラメリン 2 序文
アブラメリン 2-1 第1章 魔術の種類
アブラメリン 2-2 第2章 始める前に何を考慮すべきか
アブラメリン 2-3 第3章 汝が必要とする年齢と性質について
アブラメリン 2-4 第4章 ほとんどの所謂魔術書はインチキである
アブラメリン 2-5 第5章 神聖魔術のための特別な日は無い
アブラメリン 2-6 第6章 惑星時間とほとんどの占星術師がどのように間違えたか
アブラメリン 2-7 第7章 この術を学ぶときに、最初の半年は何をすべきか
アブラメリン 2-8 第8章 2番目の半年で何をなすべきか
アブラメリン 2-9 第9章 3番目にして最後の半年をどう振る舞うか
アブラメリン 2-10 第10章 作業を妨害しない個人が学び実践できる術について
アブラメリン 2-11 第11章 霊を呼ぶ場所をどう選ぶか。付属品をどう準備するか
アブラメリン 2-12 第12章 どのように魔術師自身、祈りの部屋、道具を聖別するか
アブラメリン 2-13 第13章 どのように善霊を呼ぶべきか
アブラメリン 2-14 第14章 どのように未贖罪の霊達が呼ばれ、乗り越えるか
アブラメリン 2-15 第15章 何を霊達に求めるべきか
アブラメリン 2-16 第16章 どのように霊達を去らせるか
アブラメリン 2-17 第17章 質問にどう答えるか、要求にどう対処するか
アブラメリン 2-18 第18章 霊に関して他にすべきこと
アブラメリン 2-19 第19章 汝が呼べる霊達の名前とどのように呼ぶか
アブラメリン 2-19 マサースの注記 先の霊らの名前のリストについての注記
アブラメリン 2-20 第20章 どのようにして作業を実行するか & 第3の書へ向けて
アブラメリン 2-20-2 第3の書の各章で何を求めるべきか、注意すべき点についての説明
アブラメリン 2 終わりに


第3の書
アブラメリン 3 序文
アブラメリン 3-1 第1章 過去と未来のあらゆる事柄を知るには
アブラメリン 3-2 第2章 全ての主張や疑わしい諸学から情報を得て啓明されるには
アブラメリン 3-3 第3章 どの霊も出現させ、人、動物、鳥などあらゆる姿を取らせるには
アブラメリン 3-4 第4章 様々な幻視のために
アブラメリン 3-5 第5章 使い魔をどのような姿にも保ったり解放したりするには
アブラメリン 3-6 第6章 鉱山を見つけ、関連する全ての作業を進ませる助けを得る
アブラメリン 3-7 第7章 霊らに全ての化学の作業を、容易く迅速に行わせるには
アブラメリン 3-8 第8章 嵐を刺激するには
アブラメリン 3-9 第9章 動物を人に、人を動物に変身させるなど
アブラメリン 3-10 第10章 どの降霊術や魔術の作業も効果を起こすのを防ぐには
アブラメリン 3-11 第11章 無くしたり盗まれた全ての種類の本を、持ち主に戻すには
アブラメリン 3-12 第12章 人々の秘密を知るには
アブラメリン 3-13 第13章 霊らによって、7年間、死体を生き返らせるには
アブラメリン 3-14 第14章 自らを誰の目からも不可視とする
アブラメリン 3-15 第15章 飲み食いしたいと思う物を霊によりもたらすには
アブラメリン 3-16 第16章 全ての種類の宝を見つけて手に入れるには
アブラメリン 3-17 第17章 空中を飛び、いずこにも旅をするには
アブラメリン 3-18 第18章 様々な病を癒すには
アブラメリン 3-19 第19章 全ての種類の愛情のために
アブラメリン 3-20 第20章 全ての種類の憎しみ、不和、争い、損失を刺激するには
アブラメリン 3-21 第21章 自らを違った顔や姿へと変身させるには
アブラメリン 3-22 第22章 悪しきまじないのために
アブラメリン 3-23 第23章 建物や城塞を取り壊すには
アブラメリン 3-24 第24章 起きた盗みを発見するには
アブラメリン 3-25 第25章 水の上を歩いたり、水中で働いたりするには
アブラメリン 3-26 第26章 あらゆる種類の錠前を開くには
アブラメリン 3-27 第27章 幻影を現すには
アブラメリン 3-28 第28章 望むだけの金や銀を得るには
アブラメリン 3-29 第29章 武装した兵らが現れるようにするには
アブラメリン 3-30 第30章 喜劇、オペラ、あらゆる種類の音楽やダンスが現れるには
アブラメリン 3 終わりに 先の諸象徴への不可欠な備考、天使の位階、特別な方陣


トップページ


*1 The Holy Guardian Angel、略してHGAとよく呼ばれる。現代魔術(特にクロウリー系)では、この守護的な存在と接触するのが修行の当初の目的の1つとされる。ヨーガでの梵我一如の考えに少し似ている。カバラでは聖守護天使は生命の樹のティフェレトのセフィラに位置するとされる。